New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

ニューコードNLPプラクティショナーコースの詳細

私たちは、「自分の五感で感じて、脳で認識している世界」の中を生きています。ですから、ひとりひとりが、生きている世界が違うのです。そういった世界のことを、NLPでは「内的地図」と呼んでいます。この「内的地図」を変化させると、自分が生きている物理的空間もそれに合わせて変化をしていきます。そして、それを可能にするのがNLPなのです。

NLPの応用分野は多岐にわたります。ビジネス、セールス、教育、芸術、スポーツ、コーチング、セラピーなど、あらゆるもので確実に成果を出すことができます。また、人間関係、目標達成、心身の状態のマネジメントなど、自分自身に適応するによって、より豊かな人生を送ることができるようになります。

NLPのコースにぜひご参加下さい。

------------------------------------------------------------
プラクティショナーコース(全10日間)
------------------------------------------------------------
第1日:五感を使って意識を広げる
第2日:心身の状態をマネジメントする
第3日:現実は変えることができる
第4日:周辺視野には無限の可能性がある
第5日:他者との信頼関係を深める
第6日:思考を洗練させる
第7日:会話を洗練させる(1)
第8日:会話を洗練させる(2)
第9日:意識と無意識の交流による自己の変容
最終日:査定
------------------------------------------------------------

2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します

John_GrinderCarmen













2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史を日本に招聘し、ニューコードNLPの「コーチングトレーニングコース」と「トレーナーズトレーニングコース」を開催することが決まりました。

スケジュールや開催場所等、詳細が決まり次第、ニューコードNLPスクールのウェブサイトでご案内いたします。みなさまのご参加をお待ちしています。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました

こんにちは。ニューコードNLPスクール代表の中島志保です。

今日は、梅田にありますリファレンス大阪にて、NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催し、盛況のうちに終えることできました。

   

今回のワークショップについて、参加者のみなさまからアンケートをいただきましたので、ご紹介いたします。

植物






  

〔質問1〕「今日のワークショップで、気づいたことや心に残ったことを書いて下さい」

 

●自分の身体とコミュニケーションが取れて嬉しかったです。

●自分が思った以上に無意識にアクセスできて驚きました。

●無意識から送られてくるシグナルに対して「感謝」をすることが大事であるということを教えていただいて本当に良かったです。

●自分の無意識とコミュニケーションを取り続け、その度に感謝をするということが心に残りました。

●「感謝の言葉を伝える」というのは、これまで、人に対しては当たり前のようにやっていましたが、自分の無意識に対してそれを行ったことはありませんでした。

●よく、「自分を大切にする」という表現がありますが、この「無意識と対話をする」ということこそが、自分を大切にすることであり、自分と向き合うことなんだなと思いました。

●普段、ほとんど自分の身体に意識を向けていませんでした。それは、自分の身体のことを物体のように思っていたためだということがわかりました。

●無意識とコミュニケーションをとると、無意識が喜んでいるように感じましたので、これからはもっと自分の無意識と仲良くなりたいと思いました。

●自分の無意識とどのくらい仲良くなれるのかこれからが楽しみです。

●無意識には本当にたくさんのパーツがあって、それらはすべて自分自身であるということがわかりました。そうすると、もっともっと自分のことを大事にしてあげたいと思いました。

●自分の身体が送ってくるシグナルに対して、その都度、お礼をするというところが一番心に残りました。私は自分の身体とそういった密接なコミュニケーションを取ったことがありませんでしたので、今日教えてもらったことを日々の生活に取り入れていきたいと思います。

●今日のワークショップは、安心できる雰囲気の場になっていて、とてもよかったです。

●参加者の方々からたくさん質問や意見が出て、とても有意義だと思いました。

●ワーク全体が立体的になっていて、いろいろな角度から見ることができました。

●ワーク中心の講座で、とても楽しい雰囲気で、よかったです。

●体験型のワークショップでしたので、習ったことを自宅に帰って活用できると思いました。

●2つのイスを使って「意識」と「無意識」のコミュニケーションを取っていたら、顕在意識の入る余地がなくなり、感覚だけに頼る感じになって、よかったです。

●頭や思考(意識の部分)と肉体(無意識の部分)は違うということを知ることができてよかったです。

●自分の身体からのシグナルを感知することができて嬉しかったです。

●自分の無意識からくる情報について、もっと感じる必要があるということに気づきました。

●最近、自分の生活に「丁寧さ」が足りていなかったです。

●自分の無意識に感謝することが大事だということをあらためて感じました。

●ワークをしながら、自分の無意識にはたくさんのパートがあることに納得しました。

●これまで、どちらかというと、自分の身体に対して「ごめんね」と言うことが多かったですが、これからは「ありがとう」という言葉をかけてあげようと思います。

●いろいろな本に書いてあることの意味につながっているなぁと思いました。

●人や場所の影響を受けなくなるワークや、意図と結果のワークを特に深めていきたいと思います。

 -----------------------------------------    

〔質問2〕「今後、内なるヒーラーを、どのように活用していきたいと思っていますか?」  

 

●内なるヒーラーを使って、意識と無意識のつながりを、より親密にしていきたいと思いました。

 

●自分のコアの部分とつながって、そこから答えが出せるようにしたいと思いました。

●毎日、料理をするときや、食材を買う時などに、『今日は何を食べたらいいのか』ということを、自分の身体とコミュニケーションを取って確認したいと思います。

●私はアレルギー体質なので、無意識とのやりとりをしていき、不調に陥る前に気づいて、身体を大切にしていきたいと思います。

●内なるヒーラーを、自分の健康のために活用できたらいいなと思いました。

●内なるヒーラーを通して、自分の身体と対話を続けていきたいと思います。

●内なるヒーラーを、自分の体調管理に使っていきたいと思います。

●内なるヒーラーを、会社に行く前に使おうと思います。

●内なるヒーラーを活用して、人生を冒険したいです。

●意欲が低下して、行動が低下することがあります。そういったときの助けに、内なるヒーラーを使いたいと思います。

●私はいままで、ちょっとでも身体の不調があると、身体に対して怒っていました。これからは、身体のシグナルを感知して、シグナルを送ってくれたことにお礼を言い、コネクションを深めていきたいと思います。

●私はこれまで、自分の願望を実現することができず、さまざまなアプローチを試みてきました。これまでは、自分の中にある無意識的な抵抗を感じてきましたが、これからそれがなくなり、元気に生きていけそうな気がします。

●私は、疲れてぐったりしてしまうことが多いです。これからは、意識と無意識(身体)のコネクションを深めて、そういった状況を減らしていきたいです。これからは、ぐったり疲れる前にシグナルを受け取れるようになりたいと思います。

●今日やったことを、家に帰ってまたやりたいです。

●いままでは、頭で考えて、物事を整理していくことが多かったです。これからは、自分の無意識に聞いてみて、無意識の領域とコネクションを深めながら、物事を進めていこうと思います。

●自分が変えたい行動が、肯定的な意図による代替案によって変化させられるということを利用して、自分を否定することなく、変化させていこうと思います。

  手

ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの詳細

私たちは、「自分の五感で感じて、脳で認識している世界」の中を生きています。ですから、ひとりひとりが、生きている世界が違うのです。そういった世界のことを、NLPでは「内的地図」と呼んでいます。この「内的地図」を変化させると、自分が生きている物理的空間もそれに合わせて変化をしていきます。そして、それを可能にするのがNLPなのです。

NLPの応用分野は多岐にわたります。ビジネス、セールス、教育、芸術、スポーツ、コーチング、セラピーなど、あらゆるもので確実に成果を出すことができます。また、人間関係、目標達成、心身の状態のマネジメントなど、自分自身に適応するによって、より豊かな人生を送ることができるようになります。

NLPのコースにぜひご参加下さい。

------------------------------------------------------------
マスタープラクティショナーコース(全10日間)
------------------------------------------------------------
第1日:モデリングの研究
第2日:モデリングの研究
第3日:ミルトンモデルの研究
第4日:ミルトンモデルの研究
第5日:自分のステートをマネジメントする
第6日:自分のステートをマネジメントする
第7日:ニューコードNLPセッションテクニック
第8日:ニューコードNLPセッションテクニック
第9日:ニューコードNLPオリジナルモデルの創作
最終日:査定
------------------------------------------------------------

※マスタープラクティショナーコースは、プラクティショナーコースの再受講(無料)が必須となります。ご不明な点がありましたらニューコードNLPスクールにお問合せ下さい。

福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました

こんにちは。ニューコードNLPスクール代表の中島志保です。

今日は、アクロス福岡にて、NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催し、盛況のうちに終えることできました。

   

自分の身体の情報は、自分で受け取ることができます。そして、自分の身体とコミュニケーションをとることによって、不調や病気が確実に改善されます。

私は医者ではありませんので、「病気が治る」とか「病気が改善する」ということは、法律的または倫理的に、口にしてはいけないと思っています。自分の身体とコミュニケーションを取ると病気が治ったり改善したりするということについて、NLP創始者ジョン・グリンダー博士は、次のような言葉を使って表現しています。   
  

「意識と無意識が責任を分かち合う」  

 

これは本当に素晴らしい言葉です。  

 

いろいろなことをやっていると、ストレスがかかり、心身の不調や病気になることがあります。あるいは、『こうしたい』と思っても、身体がきつくなったり思うように動いてくれなかったりすることもあります。  

 

『こうしたい』と思ったあと、それをやり通すことができたとき、嬉しいですよね。それは、自分が意図したことに対して、身体が完全に協力してくれたことになります。身体は、『こうしたい』と思ったことに対して、それをやるということに責任をとってくれたということになります。  

 

自分がやりたいと思ったことが、ストレスなく、楽しくやり通すことができるといいですね!
 
 

身体は、会話をしてあげると、とても喜びます。そして、やりたいと思っていることに対して、全面的に協力してくれるようになります。また、協力してくれるだけではなく、自分の身体について、いろいろな情報も送ってくれます。 

 

自分の身体の中には、自分のことを完全に知っている「内なるヒーラー」が存在しています。そしてそれは、自分自身にとって完璧なヒーラーなのです。

 

本日のワークショップについて、参加者のみなさまからアンケートをいただきましたので、ご紹介いたします。

植物






  

〔質問1〕「今日のワークショップで、気づいたことや心に残ったことを書いて下さい」

 

●自分がいかに頭中心であったかということがわかりました。

●身体からシグナルが送られてきたら、その都度、『ありがとう』と感謝の気持ちを返すということは大切なんだなと思いました。

●自分の身体を意識したり、コミュニケーションをとったりする時間を増やそうと思いました。


●身体の声を聴くということを、私はいままでやっていませんでしたが、これからは日常的に使えると思いました。

●身体の不調を起こしている部分と会話をすることによって、それがなくなるということを体感して驚きました。

    

●身体が不調や病気を起こしているその肯定的意図を認識できたら、自分のこれからの行動が変わると思いました。

   

身体が、自分にメッセージを伝えてくれているということに信頼を持てたことが嬉しいです。

   

自分の無意識につながる方法や、自分の身体からイエス、ノーがはっきりと出てきたことは面白かったです。

  

●今日、福岡という慣れてない土地にきて、自分の身体がサワサワした感じがありましたが、無意識とコミュニケーションをとることで、そのサワサワした感覚がいとも簡単になくなったことが一番印象的でした。

   

●身体の不調な部分と会話をしたら、それが無くなったことを体感して、驚きました。 

 

●頭で考えることが、身体に無理させていたかもしれないということに気づき、これからは、身体からのシグナルを敏感にキャッチして行きたいと思いました。 

 

●自分の身体に「ありがとう」と言いたいです。 

 

●意識と肉体が別々だということはいつも意識していましたが、肉体の声をほとんど聞いていないということがわかりました。これからは自分の肉体と仲良くしていきたいと思います。  

 

●これからは自分の肉体にいろいろと問いかけて会話をしていきます。  

 

●肉体と会話をするのはとても大切なことだということがわかりました。  

 

●身体の協力が得られると自分がやりたいことが叶うと思いました。  

 

●いままで、意識と身体の区別がつきませんでしたが、今日教えていただいたことで、理解できました。自宅でも実践していきたいと思います。  

 

●自分の身体を自分の子供のように愛でていきたいと思います。  

 

●身体のONとOFFの反応がわかったことが嬉しかったです。  

 

●頭で考えず、感覚を高めていくということを意識していきます。  

 

●何かを食べるときも、身体の声を聴いてみたいと思います。  

 

●自分が問題と思っている行動でも、そこに肯定的な意図があるということがわかりました。  

 

●自分の肉体に感謝するということを忘れないようにしたいと思います。   

 

-----------------------------------------  

 

〔質問2〕「今後、内なるヒーラーを、どのように活用していきたいと思っていますか?」  

 

●仕事などで、何かを決めたり迷ったりするときに、内なるヒーラーに聞きたいと思います。  

 

●内なるヒーラーを使って、魂と肉体、あるいは心と身体を統合させていきたいと思います。  

 

●何か、行動をするとき、何かを決めるときに、自分の中にあるヒーラーに聞いてみるようにしたいと思います。  

 

●内なるヒーラーを使って、自己治癒力を高めて行きたいと思います。  

 

●内なるヒーラーを自宅でもやって、結果を出していきたいと思います。  

 

●自分がこれからやりたいことに、肉体が協力してくれるために、これからは身体の声を聴こうと思います。  

 

●身体の不調の原因を、肯定的意図として捉える方法が、実践していきます。肯定的意図を探るとき、どうやったらそれが導き出せるのかというのを練習していきます。抽象化というのは、慣れるまでは、練習する必要があると思いました。  

 

●これからは、自分の身体が喜ぶ生き方をしていきたいです。  

 

●頭で考えるのではなく、すべて自分の身体に聞いていきたいと思います。とても画期的なセミナーでした。ありがとうございます。 

 

●自分の身体のシグナルを、思考で消さないように、もっと身体からのシグナルに敏感になって、日常生活に活用していきたいと思います。そうすることによって、本当の健康が得られるように思いました。  

 

●自分の身体を癒していきたいです。そしてこれを周囲の人にも教えてあげたいです。  

 

●自分の中にいるヒーラーを活用するというのは、何も道具がいらなくて、いいなーと思いました。ぜひとも日常生活に気軽に取り入れていきたいと思います。  

 

●自分がやってみたいことや、迷っていることを、無意識さんにいろいろと聞いてみようと思います。自分で自分のことを解決できるというのは本当に素晴らしいですね。

●これからは、自分の身体との対話を増やして、 自分が本当にやりたいと思っていることをやっていこうと思いました。

●私は頭でっかちで考え過ぎる傾向がありますので、それを修正していきたいと思います。

 

●日常に役立つものを教えていただきましてありがとうございました。  

 

●頭と身体を統合させるということの素晴らしさを感じました。日々意識していきたいと思いました。今日はありがとうございました。  

手

「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション

【NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士推奨ワークショップ】

良質なプレゼンターの条件は次の2つです:

1.プレゼンテーションを行っているときに、自分自身のステートがしっかりしていること。
2.プレゼンテーションを行っているときに、内部対話を起こしていないこと。

自分自身のステートがしっかりしていることは、プレゼンターがリソースフルでありハイパフォーマンスを発揮している状態を意味します。また、内部対話を起こしていないときは、「今ここ」のステート(過去や未来に意識が向かないこと)にあるので、自分がプレゼンテーションをしている空間(会場)で何が起きているのかをプレゼンをしながら同時に気づいています。最高のパフォーマンスができる状態でプレゼンテーションを行えば、自己表現の最高の喜びにつながるのです。

プレゼンテーション研究会の第2回は、「今ここのステートで表現する最高のプレゼンテーション」と題し、高いパフォーマンスを発揮するためのステートを作り上げ維持する方法を説明いたします。その後、参加された方が各自で「話す内容」を作り、「話す練習」をし、最後に、おひとりおひとりに3分程度のプレゼンをしていただきます。ご興味のある方のご参加をお待ちしています。

青空








-----------------------------------------------------
〔研究会の流れ〕
19:00-19:30 NLPプレゼンテーションスキルのご紹介
19:30-20:30 プレゼンテーション実習
20:30-21:00 講師のフィードバックと質疑応答

※毎回、おひとりさま3分程度のプレゼンテーションをしていただきます。
※プレゼンテーションの事前の準備は不要です。

〔このような方におすすめ〕
仕事でプレゼンテーションをすることがある
セールスの仕事をしている
教える仕事をしている
人前で話すスキルを身に付けたい
緊張やあがり症を克服したい
声のトレーニングをしたい
論理的に話せるようになりたい
比喩を使って話せるようになりたい
スピーチが聴衆の潜在意識に与える影響について知りたい
プレゼンテーションをやってみたい

〔習得できるNLPテクニック〕
●アンカー
●卓越性の連鎖
●中心視野と周辺視野の切り替え

-----------------------------------------------------
〔研究会の日時〕

講師:中島志保(NLP創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)

日程:2017年3月18日(土)10:00〜17:00
場所:東京汐留コンファレンスセンター
   東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル内
   →地下鉄大江戸線「汐留駅」と地下で直結しています。


定員:7名
受講料:1回5,000円(税込)

お問合せのある方はこちらのフォームにご記入下さい。
お問合せフォーム

お申込みをする方はこちらのフォームにご記入下さい。
お申込みフォーム

ニューコードNLPスクール公式サイト:
ニューコードNLPスクール「NLPプレゼンテーション研究会」

みなさまのご参加をお待ちしています。

青空






NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催

ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」

未来








私たちは、日頃、仕事やプライベートで、未来のスケジュールを決めています。そのスケジュールは、自分にとって無理なく遂行できるものでしょうか?このワークショップでは、実際にスケジュールを立てる実習をしながら、「必ず実現するスケジュールの立て方」を習得していきます。まず最初に、スケジュールを、脳の機能に沿って立てていきます。そして、そのスケジュールのひとつひとつが、自分の心と体の協力を得られるかというところもフォーカスしていきます。このようないくつかのポイントをクリアすれば、自分の望む未来をマネジメントすることができるようになります。未来に向けた自己実現に興味のある方のご参加をお待ちしています。

-------------------------------------
〔ワークショップで習得できるテクニック〕

1.必ず実現するスケジュールを立てる方法
脳の特性を知り、脳の機能に沿って立てていく、究極のスケジューリング法
 
2.イメージを現実化させる方法
「イメージと現実を区別しない」という脳の特性を活用した現実化の方法

3.無意識シグナルの確立(意識と無意識のコネクションを深める)
Establish a reliable involuntary signal system with the unconscious.
未来の予定に対して、自分の身体が協力してくれるかを確認する方法


4.卓越性の連鎖(パフォーマンスを向上させる)
呼吸と肉体アンカーを使って、未知なるものへの不安を取り払う方法

-------------------------------------
〔ワークショップのご案内〕

講師:中島志保(NLP創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)

日程:2017年03月18日(土)10:00〜17:00
場所:東京汐留コンファレンスセンター
   東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル内
   →地下鉄大江戸線「汐留駅」と地下で直結しています。


定員:15名
受講料:10,000円(税込)

お問合せのある方はこちらのフォームにご記入下さい。
お問合せフォーム

お申込みをする方はこちらのフォームにご記入下さい。
お申込みフォーム

みなさまのご参加をお待ちしています。

青空









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催

ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」

未来








私たちは、日頃、仕事やプライベートで、未来のスケジュールを決めています。そのスケジュールは、自分にとって無理なく遂行できるものでしょうか?このワークショップでは、実際にスケジュールを立てる実習をしながら、「必ず実現するスケジュールの立て方」を習得していきます。まず最初に、スケジュールを、脳の機能に沿って立てていきます。そして、そのスケジュールのひとつひとつが、自分の心と体の協力を得られるかというところもフォーカスしていきます。このようないくつかのポイントをクリアすれば、自分の望む未来をマネジメントすることができるようになります。未来に向けた自己実現に興味のある方のご参加をお待ちしています。

-------------------------------------
〔ワークショップで習得できるテクニック〕

1.必ず実現するスケジュールを立てる方法
脳の特性を知り、脳の機能に沿って立てていく、究極のスケジューリング法
 
2.イメージを現実化させる方法
「イメージと現実を区別しない」という脳の特性を活用した現実化の方法

3.無意識シグナルの確立(意識と無意識のコネクションを深める)
Establish a reliable involuntary signal system with the unconscious.
未来の予定に対して、自分の身体が協力してくれるかを確認する方法


4.卓越性の連鎖(パフォーマンスを向上させる)
呼吸と肉体アンカーを使って、未知なるものへの不安を取り払う方法

-------------------------------------
〔ワークショップのご案内〕

講師:中島志保(NLP創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)

日程:2017年03月11日(土)10:00〜17:00
場所:リファレンス大阪(会議室2303)
   大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル23F
   →JR、地下鉄、阪急、阪神の7駅と地下で直結しています。


定員:15名
受講料:10,000円(税込)

お問合せのある方はこちらのフォームにご記入下さい。
お問合せフォーム

お申込みをする方はこちらのフォームにご記入下さい。
お申込みフォーム

みなさまのご参加をお待ちしています。

青空









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPワークショップ「未来をマネジメントする」福岡開催

ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」

未来








私たちは、日頃、仕事やプライベートで、未来のスケジュールを決めています。そのスケジュールは、自分にとって無理なく遂行できるものでしょうか?このワークショップでは、実際にスケジュールを立てる実習をしながら、「必ず実現するスケジュールの立て方」を習得していきます。まず最初に、スケジュールを、脳の機能に沿って立てていきます。そして、そのスケジュールのひとつひとつが、自分の心と体の協力を得られるかというところもフォーカスしていきます。このようないくつかのポイントをクリアすれば、自分の望む未来をマネジメントすることができるようになります。未来に向けた自己実現に興味のある方のご参加をお待ちしています。

-------------------------------------
〔ワークショップで習得できるテクニック〕

1.必ず実現するスケジュールを立てる方法
脳の特性を知り、脳の機能に沿って立てていく、究極のスケジューリング法
 
2.イメージを現実化させる方法
「イメージと現実を区別しない」という脳の特性を活用した現実化の方法

3.無意識シグナルの確立(意識と無意識のコネクションを深める)
Establish a reliable involuntary signal system with the unconscious.
未来の予定に対して、自分の身体が協力してくれるかを確認する方法


4.卓越性の連鎖(パフォーマンスを向上させる)
呼吸と肉体アンカーを使って、未知なるものへの不安を取り払う方法

-------------------------------------
〔ワークショップのご案内〕

講師:中島志保(NLP創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)

日程:2017年03月04日(土)10:00〜17:00
場所:アクロス福岡(会議室604)
   福岡市中央区天神1-1-1
   天神地下街16番出口と直結しています

定員:15名
受講料:10,000円(税込)

お問合せのある方はこちらのフォームにご記入下さい。
お問合せフォーム

お申込みをする方はこちらのフォームにご記入下さい。
お申込みフォーム

みなさまのご参加をお待ちしています。

青空









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPに関するご説明と、皆さんにご提供できる選択肢について

John_GrinderCarmen













日本の皆さんへ

ジョン・グリンダーとカルメン・ボスティック・サンクレアより

いくつかのことが原因で、ニューコードNLPとは何なのか、また誰がその正規のトレーニングを受け、誰がニューコードNLPのパターニングについて話すことを認定されているのかということに関して、ちょっとした混乱を招いてしまっています。

これを機に、この問題について触れさせていただき、最新のニューコードNLPのパターニングについてご説明させていただきたいと思います。これまで25年にわたり、私たち二人は、「ニューコード ニューロ・リングイスティック プログラミング」と呼ばれるパターニングを開発することにプロとしての能力を捧げてきました。以下はそれを簡単に説明するものですので一度目を通してみてください。

ニューコードNLP(NCNLP)は、カルメン・ボスティック・サンクレアとジョン・グリンダーが、英国のNLPアカデミー代表のマイケル・キャロルを含む同僚たちの力を借りて、あらゆる新しい可能性を考え尽くし仮説を検証してきた結果にできたものです。ニューコードNLPを開発してきたことにはいくつかの意図があります。

1. クラシックNLP(1970年代に、ジョン・グリンダー、フランク・ピューセリック、リチャード・バンドラーが創設)として知られるパターニングの中で説明されていた規則性のいくつかの間違いを訂正すること。このパターニングに対する洞察に関してご興味のある方は、『The Origin of Neuro Linguistic Programming』 (ジョン・グリンダー、フランク・ピューセリック著、カルメン・ボスティック・サンクレアによる前書きおよび後書き)をお読みください。

2. NLPの原型をより効率化し、簡略化すること。

3. 実務に違いを出せるような革新的方法論を開発し、紹介すること。

4. 最新のバターンを常に創造し開発し続け、実務者の皆さんに提供していける足場作りをすること。

ニューコードNLPとクラシックNLPの大きな違いとして以下の2点を挙げさせていただきます。

1. 変化を起こすためのプロセスとして、「無意識プロセス」を最大限利用することをひとつの中核とする。

今まで長年に渡って、有能な実務者の方々から、「クライアントの無意識が作動し、変化のプロセスにクライアントの無意識が参画した時にのみ、クライアントが望む非常に深いレベルでの生態系的な変化を起こすことができる」という報告があがってきました。「無意識プロセス」を中核に置くことによって、クライアントが望む変化を起こすスピードにも、変化の深さにも、また生態系的な変化にまで至ることにも影響を及ぼすことができます。

伝統的な精神医学や精神療法は、クライアントの「意識」を理解することに焦点を当て、クライアントの意識に今現在制限をかけているものは何かを見つけ出すという飽き飽きするような長時間のプロセスを用います。これは長い時間がかかるものの、クライアントに何らかの変化をそれなりに起こすことができているのかもしれません。日本人には新幹線に乗るのかローカル線に乗るのか選ぶ自由があります。新幹線に乗れば目的地にすぐ到着できます。高速の新幹線の旅を楽しんだことのある方はおわかりになると思いますが、移動中はあまりの速さのため、今自分が目的地に対してどの辺りにいるのかをはっきりと認識するのは簡単ではありません。逆にローカル線の電車で旅をする時は、常に自分が目的地に対してどの辺りにいるのかを認識しながら、ゆっくり時間をかけて目的地に到着することができます。新幹線に乗るのか、ローカル線に乗るのか、選ぶ権利はもちろん旅人にあります。

私たちは、「意識的なプロセス」も、とても有益な技術であると思っています。しかし、「意識的なプロセス」が変化を起こすプロセス上にもつ役割は「組織的なもの」です。だからこそ、ニューコードNLPでは、「意識」と「意識的プロセス」が協力・協働できる関係を作り出すことを目的のひとつとしています。

馬と、馬に乗る人のたとえ話に似ているかもしれません。馬には大変重い仕事が課せられていて、ほとんどの仕事を引き受けます。馬に乗る人を目的地まで運ばなければならないのです。一方でもちろん、馬に乗る人も責任を分かち合います。目的地を決め、それを馬に伝えるという仕事を担うのです。

2. クライアントの行動を変えようとするのではなく、クライアントが行動を起こしてしまう「ステート」(状態)を変えることに注力し、影響力の大きなポイントに焦点を当てる。

クライアントが、変化のプロセスの中核となるべきステートを変化させると、クライアントがとれる「行動」の選択肢が増えていき、クライアント自身の変化のプロセスがどんどん発展していくことになるのです。

ニューコードNLPとクラシックNLPの違いは他にもありますが、興味のある方はご質問をお送りいただければ、できる限りお答えさせていただきたいと思っております。

ジョン・グリンダー、カルメン・ボスティック・サンクレア
クラシックNLP共同創始者、ニューコードNLP共同開発者
クオンタムリープ社ニューコードNLPプレジデント

 

Statement about NLP and the Choices on offer

 

To our dear Japanese colleagues

 

From John Grinder and Carmen Bostic

 

Certain events have occurred which has created some confusion about New Code NLP and who is adequately trained and who is legally authorized to present New Code NLP patterning.

 

We wish to take this opportunity to make a statement about this, the  most recent patterning in NLP. For the last 25 years, the two of us have devoted out professional skills to the continuing development of a set of patterns known as New Code Neuro-Linguistic Programming. We offer below a brief description of this patterning for your consideration.

 

New Code NLP (NCNLP) is the result of extensive design and testing of sets of advanced patterns created by Carmen Bostic, John Grinder and a number of colleagues (e.g. Michael Carroll of the NLP Academy in the UK). The creation of New Code NLP has several intentions behind it:

 

1. The correction of several coding errors in thepatterning known as Classic NLP (originally created by John Grinder Frank Puceilk and Richard Bandler in the 1970's) The interested reader can gain an insight into this body of patterning in the book The Origins of Neuro-Linguistic Programming by John Grinder and Frank Pucelik

with a forward and epilogue by Carmen Bostic.

 

2. The streamlining and simplification of the patterning of the original NLP.

 

3. The creation and presentation of a radical new approach to change work.

 

4. The establishment of a platform for the continuing creation and development of the most up-to-date patterns available for agents of change.

 

We mention two of the key differentiators between Classic NLP and New Code NLP immediately below:

 

1. The positioning of unconscious processes as one of the central key leverage points of the change process.

 

It has been long been noted by effective agents of change that clients achieve significant deep ecological changes desired if and only if the unconscious processes of change are activated and engaged in the change process. By placing the unconscious processes at the center of the change work, speed, depth and ecological results emerge.

 

Traditional psychiatry and psychotherapy, with its focus on conscious understanding and the long tedious process of unearthing what is assumed to be the sources of clients'present limitations may over a lengthy period of time result in some shifts in clients' behavior. It is equally accurate to note that in Japan, people have the choice of riding the bullet train or the local train. If you take the bullet train, you will arrive at your destination very rapidly. Those of you who have enjoyed traveling on the high-speed bullet train will have noticed that its movement is so rapid that it is sometimes difficult to know recisely where along the trajectory to your final destination you are at any moment in time on the journey. If, on the other hand, the traveler chooses to take the local train, he or she will know precisely where on the journey they are at any movement in time, and it will take a long period of time to successfully arrive at their destination. The choice belongs, of ourse, to the traveler.

 

We do recognize that conscious processes can serve as a useful set of skills. However the primary role they play in the process ofchange is organizational. Indeed, one of the objective of New Code NLP trainings is to form an appropriate working relationship between unconscious and conscious processes.

 

The metaphor of a horse and rider comes to mind: the horse has the heavy task, the bulk of the work, carrying the riderto her or his destination. The rider, of course, bear part of theresponsibility to the selection of that destination and its communication to the horse.

 

2. The shift from focusing on changing behaviors to changing the stats from which the behaviors of the clients flow, thereby focusing on a leverage point of enormous strength and ensuring that the processes of change continue to evolve and new choices continue to emerge from the enhanced performance states that atthe core

of the change processes.

 

While there are additional distinctions between Classic and New Code NLP, we invite any interested readers to submit questions of interst to them and we will do our best to respond to them.

 

John Grinder Carmen Bostic St. Clair

Co-creator of Classic and Co-creator of New Code NLPand

New Code NLP President of Quantum Leap, Inc.

 


テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」福岡開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」福岡開催
  • NLPに関するご説明と、皆さんにご提供できる選択肢について
  • NLPに関するご説明と、皆さんにご提供できる選択肢について
  • 五感を豊かに使うプレゼンテーションの極意
  • 五感を豊かに使うプレゼンテーションの極意
  • NLPプレゼンテーション研究会のお知らせ
  • NLPプレゼンテーション研究会のお知らせ
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」福岡開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」福岡開催
  • 新年のごあいさつ
  • NLPワークショップ「潜在意識を最大限に活用する」東京開催
  • NLPワークショップ「潜在意識を最大限に活用する」東京開催
  • NLPワークショップ「潜在意識を最大限に活用する」大阪開催
  • NLPワークショップ「潜在意識を最大限に活用する」大阪開催
  • NLPワークショップ「潜在意識を最大限に活用する」福岡開催
  • NLPワークショップ「潜在意識を最大限に活用する」福岡開催
  • NLPワークショップ「伝える技術、伝わる思い」東京開催
  • NLPワークショップ「伝える技術、伝わる思い」東京開催
  • NLPワークショップ「伝える技術、伝わる思い」大阪開催
  • NLPワークショップ「伝える技術、伝わる思い」大阪開催
  • NLPワークショップ「伝える技術、伝わる思い」福岡開催
  • NLPワークショップ「伝える技術、伝わる思い」福岡開催
  • スペイン滞在記(17)
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ