New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

2013年01月

バーバル・パッケージ

【バーバル・パッケージの成り立ち】

メタモデル(Meta Model)
 ・1975年にNLP共同創始者ジョン・グリンダーと
リチャード・バンドラーが開発。
 ・卓越した心理療法家フリッツ・パールズとヴァージニア・サティアの言語をモデリング。
    ↓
    ↓後継モデル
    ↓
明確モデル(Precision Model)
 ・1980年にNLP共同創始者ジョン・グリンダーとマイク・マックマスターが開発。
    ↓
    ↓後継モデル
    ↓
バーバル・パッケージ(Verbal Package)
 ・ジョン・グリンダーと、NLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が開発。
 ・メタモデルをシンプルにして洗練させたモデル。
 ・特にビジネスの状況で使用する目的で開発された。

----------------------------------------------------------------------
【バーバル・パッケージの構成要素】


●フレーミング(Framing)…枠組みを作る
 ・文脈を特定する(言語的に文脈を操作する)
 ・意図を表明する(意図のフレーム)

●特定質問(Specifier Questions)
 ・名詞を特定する(名詞は牋媼鵜瓩忙峺性があるため、最初に特定する)
 ・動詞を特定する(動詞は猝軌媼鵜瓩忙峺性があるため、名詞の後に特定する)

●パラフレーズ(Paraphrase)…言い換える
 ・結果を確認する
 ・内的地図の整合性を確認する

----------------------------------------------------------------------
NLPプラクティショナーコース福岡1期では、受講生全員が1つの輪になってバーバル・パッケージの演習を行いました。グループで演習すると、ケース・スタディを全員で共有できるという利点があります。

メタモデルの基礎的理論

●私たちは自分の内的経験を言葉に変換するプロセスで無意識に情報の簡略化を行っています。

●私たちが自分の内的地図(Internal maps)を構築するプロセスには次のような3つの普遍的なモデリング・プロセス(Universal human modeling processes)があります。

1.情報を削除するプロセス(Deletion)
2.情報を一般化するプロセス(Generalization)
3.情報を歪曲するプロセス(Distortion)

NLPプラクティショナーコースでは、私たちが日頃、無意識的に行っている情報を簡略化するための3つの普遍的なモデリング・プロセスを、日常生活やビジネスシーンなどのさまざまなシチュエーションを演劇風に再現しながら、参加者ひとりひとりが発見していくという演習を行います。そして、その演習を通じて、自分自身の制約されている内的地図を拡張し、先入観や固定観念を解除していきます。

メタモデルの理論的背景

アメリカの言語学者、哲学者、思想家エイヴラム・ノーム・チョムスキー(Avram Noam Chomsky, 1928-)は、彼自身が提唱した言語学の理論「生成文法」(Generative Grammar)の中で、私たちが自分自身の経験を言葉にする際に、深層構造(Deep Structure)表層構造(Surface Structure)という2つの構造が存在すると仮定しました。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)で言語学の助教授を務めていた時期に、ノーム・チョムスキーの「変形文法理論」を研究し、後に、チョムスキーが提唱した「深層構造」と「表層構造」という2つの構造の概念を取り入れて、メタモデル(Meta Model)という効果的なコミュニケーションモデルを生みだしました。

200px-Chomsky
エイヴラム・ノーム・チョムスキー(Avram Noam Chomsky, 1928-)

メタモデル誕生の経緯

●メタモデルは、NLP共同創始者ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーによって開発されたNLP最初のモデルです。

●メタモデルは、2人の卓越した心理療法家、ゲシュタルト療法の創始者フレデリック・サロモン・パールズ(Frederick Salomon Perls, 1893-1970)と、家族療法の母と呼ばれていたヴァージニア・サティア(Virginia M. Satir, 1916-1988)がセラピーで行っていた「クライアントから情報を聞き出す際の効果的な質問方法」を分析し、言語学の知識を適用して体系化し、誰でも学習可能な一式のツールとしてモデル化したものです。

●メタモデルは、NLPの最初の著書「魔法の構造」第鬼において完全記述されました。
The Structure of Magic, Vols., Bandler, R. & Grinder, J., 1975.(日本語版あり)
 ・The Structure of Magic, Vols., Bandler, R. & Grinder, J., 1976.

NLP1NLP2

上記1冊の日本語版が亀田ブックサービスより出版されました。
31jkl-RDA8L__SL500_AA300_
「魔法の構造」リチャード・バンドラー&ジョン・グリンダー共著/尾川丈一&石川正樹訳(亀田ブックサービス, 2000.8)

チャンキングの規則について

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、物事を概念化する方法として、次のような2種類のチャンキング規則が存在するとしています。

〔チャンキングの規則機
「論理的包含」チャンキング(logical-inclusion)…「論理レベル」と関連しています。
「部分/全体」チャンキング(part/whole hierarchies)…「論理タイプ」と関連しています。

〔チャンキングの規則供
内延的チャンキング(intensive-chunking)
外延的チャンキング(extensive-chunking)

上記のようなチャンキング規則に基づき、概念化を客観的に認識することによって、物事を考えたり、コミュニケーションを行ったりする上で、言葉の整合性が生まれます。チャンキングに関してはNLPプラクティショナーコースの中でさまざまな演習を通じて習得していきます。

マジカルナンバー7±2の例

電話番号やクレジットカード番号などは、10桁以上あり、人間の短期記憶の容量(7±2)を超えるので、多くの場合、ハイフンを入れてチャンクをわけています。

電話番号
●警察:110番(3桁)
●救急:109番(3桁)
●一般電話:092-716-5436(10桁の番号を、334に分けている)

クレジットカードの番号
●クレジットカード:0000-0000-0000-0000(16桁の番号を、444桁、4に分けている)
220px-Credit-cards

ホテルの客室番号
●ホテルの客室番号は4桁であることが多い


人の名前や土地の名前も、人間の短期記憶の容量(7±2)の範囲内でつけられています。

人の名前
福澤諭吉:ふくざわ(4桁)、ゆきち(3桁)
●Wolfgang Amadeus Mozart:ヴォルフガング(6)、アマデウス(5)、モーツァルト(5

土地の名前
●福岡県福岡市中央区:ふくおかけん(6桁)、ふくおかし(5桁)、ちゅうおうく(6桁)


日常生活で、短期容量(7±2)を適用したものを見つけてみましょう!

マジカルナンバー7±2

人間の記憶は、短期記憶と長期記憶に分けることができます。長期記憶は相当な記憶容量があり、短期記憶の容量には限界があります。

アメリカの心理学者ジョージ・ミラー(George Armitage Miller, 1920-2012)は、「マジカルナンバー7±2」(The Magical Number Seven, Plus or Minus Two )という論文を発表しました。この論文では、人間が短期的に記憶する能力、すなわち、人間が一度見ただけで、あるいは一度聞いただけで、ひとまず覚えられるものは「7±2」、すなわち7つ前後(5〜9程度)であるという見解を示しました。ここでいう「7つ」というのは、数字や単語などにおけるひとつの塊(かたまり)、すなわち「チャンク」を意味します。

George Miller
ジョージ・ミラー(George Armitage Miller, 1920-2012)

チャンクについて

【「チャンク」の一般的な意味】

●チャンク(chunk)の直訳は、「塊(かたまり)」です。
●チャンク(chunk)は、コンピューター用語で「物事を情報の基本単位に分割すること」を意味します。

---------------------------------------------------------------------------------
【NLPの用語としての「チャンク」の意味】

NLPの用語としてのチャンク(chunk)は、「人間のバイオコンピューターが、完全なグループとして処理することができる情報の最小単位」を意味します。

人間万事塞翁が馬

リフレーミングの例をご紹介します。

「人間万事塞翁が馬」

塞翁が馬の「塞翁」、北方の国境の近くにあった塞(砦・とりで)に住んでいた翁(老人)のことであり、出典は中国前漢時代の思想書『淮南子(えなんじ)』にあります「人間訓」という故事より。

---------------------------------------------------------------------------------
昔、中国の北方の塞(砦・とりで)に占いの得意な翁(老人)が住んでいました。その老人は、自分の馬を何よりも大切に飼っていました。その馬は、周りからも評判が立つほどの駿馬(優れてよく走る馬)でしたが、ある日突然、その馬は蜂に刺された拍子に飛び出して逃げてしまいます。馬は一向に帰る気配がなく、人々は老人に同情して慰めにいきましたが、老人は「これがきっかけで何かいいことが起こるであろう」と言いました。

数ヵ月後、逃げた馬は、別の馬を連れて帰ってきました。しかも、連れてきた馬は、逃げた馬も負けず劣らずの駿馬で、周りの人々は何と幸運なことかと口々に囃し立てましたが、老人は「これがきっかけで何か災いが起こるかも知れない」と言いました。

その後、老人の息子が帰ってきた馬に乗って遊んでいたら、落馬して、足の骨を折ってしまいました。周りの人々が老人の息子のもとへお見舞いに行くと、老人は「これがきっかけで何かいいことが起こるであろう」と言いました。

その後、隣国との戦争が勃発し、若い男性は全員、戦争に借りだされ、次々と戦死しました。しかし老人の息子は足を骨折していたため、徴兵されず、命拾いをしました。そして戦争は終わり、老人は馬と息子と一緒に末永く暮らしました。
---------------------------------------------------------------------------------

この故事は、幸福と思えることが、状況によって不幸になることもあり、不幸と思えることが、状況によって幸福になることもあり、表面的なことで「幸福」や「不幸」を判断してはならないということを意味しています。人間のあらゆること(人間の禍福)を意味する「人間万事」を加えて、人間万事塞翁が馬と呼ばれることもあります。

リフレーミングの種類

【内容リフレーミング(Content Reframing)】

●内容リフレーミングとは、ある物事が、他の物事を意味するように、変更されることです。
●フレームを変えることによって、物事の意味内容が肯定的にも否定的にもなります。

(例)
胃潰瘍で入院することになりました
→胃潰瘍で入院することになり、健康の大切さについて考える良い機会になりました

財布を落としました
→最近いろいろと不注意だったので、大きな事故に遭わないための警告になりました

---------------------------------------------------------------------------------
【状況リフレーミング(Context Reframing)】

●状況リフレーミングとは、ある経験が、さらに肯定的な意味をもつ他の文脈に移されることです。
●状況(文脈)を変えることによって、同じ物事が肯定的にも否定的にもなります。

(例)
胃潰瘍で入院することになりました
→その病院の看護師さんと親しくなり結婚することになりました

財布を落としました
→新しい財布を買いに行ったら、とても使いやすくてお気に入りの財布を見つけました

テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの詳細
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ