New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

2013年06月

NLP研究会のお知らせ

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、NLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が、これまでに開発してきたさまざまなNLPのテクニックをご紹介します。参加者のみなさまで実践練習し、フィードバックをし合うことで、NLPの可能性を探究しましょう。NLPを深めたい方はぜひご参加下さい。

7e29928369fa007d58789e4eddfefb55_m







スケジュール&募集要項

---------------------------------------------------------------------------------------------
2013年06月30日(日)19:00-21:00
〔会場〕アクロス福岡(会議室701)
〔講師〕中島志保
〔内容〕
「ミルトン・モデルを使ったトランス誘導文の作成」
(1)誘導文の作成機崔奮的リラクゼーション法」
(2)誘導文の作成供屮瓮織侫 爾鮖箸辰垂堊柬 
(3)誘導文の作成掘崋由テーマによる誘導法」
(4)誘導文の実習検孱庁圍鼻Deep trance identification/深いトランス自己同一化)」

---------------------------------------------------------------------------------------------
2013年07月06日(土)19:00-21:00

〔会場〕アクロス福岡(会議室703)
〔講師〕中島志保
〔内容〕「ミルトン・モデルを使ったトランス誘導の実習」
(1)誘導文の作成機崔奮的リラクゼーション法」
(2)誘導文の作成供屮瓮織侫 爾鮖箸辰垂堊柬 
(3)誘導文の作成掘崋由テーマによる誘導法」
(4)誘導文の実習検孱庁圍鼻Deep trance identification/深いトランス自己同一化)」

---------------------------------------------------------------------------------------------
2013年07月28日(日)19:00-21:00
〔会場〕アクロス福岡(会議室609)
〔講師〕中島志保
〔内容〕「リゾナンス・パターンのファシリテーション方法
(1)ファシリテーション法機屮札奪轡腑鷦蟒腓離丱螢─璽轡腑鵝
(2)ファシリテーション法供屮侫譟璽潺鵐阿諒法」
(3)ファシリテーション法掘屮肇薀鵐垢凌偲戮鮓分ける」
(4)ファシリテーション法検峪臆端圓砲茲襯侫ードバック・ループ」

---------------------------------------------------------------------------------------------
2013年08月04日(日)19:00-21:00
〔会場〕アクロス福岡(会議室609)
〔講師〕中島志保
〔内容〕「リゾナンス・パターンのファシリテーション方法
(1)ファシリテーション法機屮札奪轡腑鷦蟒腓離丱螢─璽轡腑鵝
(2)ファシリテーション法供屮侫譟璽潺鵐阿諒法」
(3)ファシリテーション法掘屮肇薀鵐垢凌偲戮鮓分ける」
(4)ファシリテーション法検峪臆端圓砲茲襯侫ードバック・ループ」

---------------------------------------------------------------------------------------------
2013年08月25日(日)19:00-21:00
〔会場〕アクロス福岡(会議室609)
〔講師〕中島志保
〔内容〕「ミルトン・モデルを使ったタイムマシン・クエスチョン」
(1)ミルトン・エリクソンのセラピー手法「未来志向アプローチ」の概要
(2)タイムマシン・クエスチョンの方法
(3)タイムマシン・クエスチョンのケース・スタディ
(4)タイムマシン・クエスチョンの実習

---------------------------------------------------------------------------------------------
2013年09月20日(日)19:00-21:00
〔会場〕アクロス福岡(会議室604)
〔講師〕中島志保
〔内容〕「ミルトン・モデルを使ったタイムマシン・クエスチョン」
(1)ミルトン・エリクソンのセラピー手法「未来志向アプローチ」の概要
(2)タイムマシン・クエスチョンの方法
(3)タイムマシン・クエスチョンのケース・スタディ
(4)タイムマシン・クエスチョンの実習

---------------------------------------------------------------------------------------------
【お問合せ&お申込み】

参加費について
1回:3,000円(税込)

お申込みについて
NLP実践会のお申込みは、ニューコードNLPスクールお申込みフォームより承ります。

キャンセルについて
開催日の前日まではキャンセルを承ります。
開催日の当日のキャンセルはご遠慮ください。

ニューコードNLPスクールのスケジュールは、スケジュール・カレンダーをご覧下さい。

みなさまのご参加をお待ちしています。

3abcbd595bc3e0862cdd1d45195fe188_m


ミラーリングに特化した演習

NLPマスタープラクティショナーコース福岡1期(第4回)では、午前のプログラムの中で、「ミラーリングを使って相手の極微筋肉運動を感知する」という演習を行いました。この演習は、2013年4月に来日したNLP共同創始者ジョン・グリンダー博士が、モデリングを行うための準備演習として発表したもので、手順はシンプルですが、確実にミラーリングを理解できるだけでなく、短時間でノウ・ナッシング・ステートに入ることができます。

とても効果的な演習ですので、次回のNLPプラクティショナーコースから採用しようと思います。

下記に、その演習のフィードバックをご紹介します。

------------------------------------------------------------------------------------------

【ミラーリングを使って相手の極微筋肉運動を感知する演習の感想】

I.Nさん
●自分と相手との間の境界線がなくなった。
●自分の目の前に相手がいるという感覚がなくなった。
●自分と相手が同時に存在しているような感覚になった。

C.Sさん
●周辺視野が広がった。
●自分が手を動かしていても、自分で手を動かしている感覚がしなくなった。
●部屋の空間に溶け込んでいる感覚になった。

T.Iさん
●自分と相手との間の境界線がなくなった。
●演習に集中すればするほど、相手の手の動きを察知することができる。
●演習をした後、呼吸法をしたときのようなクリーンな感覚になった。

Y.Nさん
●演習中、手の先がジンジンして、強いエネルギーを感じた。
●自分と相手の手の動きが一致しはじめると、その後はどんどん合い続けるようになった。
●自分と相手がひとつになる感覚があった。

M.Iさん
●自分と相手との境界線がなくなった。
●自分の手が、相手によって動かされているような感覚になった。
●自分の手をどう動かそうかと考えなくても、自然に動いているような感覚になった。

K.Kさん
●時間と空間がなくなったような感覚になった。
●自分と相手との境界線がなくなった。
●自分の手が、バレリーナが踊っているような優雅な動きになった。

H.Rさん
●演習中、手の先がビリビリして、強いエネルギーを感じた。
●頭で考えるのではなく、自然に手が動く感覚になった。
●演習をしているとき、自分が相手の中に入ったような感覚になった。

E.Aさん
●相手の脳が「手を動かす」という指令を出した瞬間がわかった。
●相手の脳の指令が電波のような感覚で伝わってきた。
●自分と相手が溶け合うような感覚になった。

K.Tさん
●相手と向き合っていると、自分を見ているような感覚になった。
●演習中、手のひらに強いしびれを感じました。
●手に糸がつけられていて、引っ張られているような感覚になった。

イメージ

表出システム・ストラテジー

NLPマスタープラクティショナーコース福岡1期(第3回)では、午後のプログラムの中で、表出システム・ストラテジーの応用演習を行いました。そのフィードバックを下記にご紹介します。

------------------------------------------------------------------------------------------

【表出システム・ストラテジーの感想】

E.Aさん
インストールしたストラテジー:「自分の望むパートナーをゲットする」
≪演習のフィードバック≫
私はこれまで、自分の理想の男性を五感を使って出現させるという発想がなかったので、他の人にそういうストラテジーがあることを知ったときは本当に驚きました。また、自分自身が望む人や望まない人のイメージを身体の反応で感じて、反応があったら、それをT.O.T.E.で何度か繰り返すことによって、自分の望むパートナー像がより具体的になっていくプロセスを体験しました。今はまだ、身体感覚がOKを出す男性は現れていないのですが、演習の中でそういう男性が実際に現れたかのように感じましたので、この感覚は近いうちに具体的なものになっていくように思います。

I.Tさん
インストールしたストラテジー:「経営コンサルタントM.Kさんの出社時の行動」
≪演習のフィードバック≫
経営コンサルタントをしているM.Kさんは、自分が経営する会社に出社したら、まず最初に、会社の窓を開けて新鮮な風を通し、観葉植物に水をあげて、その後にパソコンのメール・チェックをするというストラテジーがありました。経営コンサルタントというのは頭脳を駆使する仕事ですが、窓を開けて新鮮な風を感じたり、植物に水をあげて気分をよくしたりするというK(触覚または感情)の感覚からストラテジーが始まっていることに着目しました。そして私自身も、今朝、自宅の窓を開けて外の景色を見てから家事をしてみましたが、普段より手際よく家事ができたことと、日頃やらない窓ふきまでやることができましたので、M.Kさんの仕事のストラテジーがインストールされているような気がしました。

Y.Nさん
インストールしたストラテジー:「押し入れを片づける」
≪演習のフィードバック≫
私は部屋を片づける時、いつもK(触覚または感情)からスタートしていることがわかりました。ですから、『やりたくない』とか『疲れた』とかいう気分や体感覚が起こるたびに、片づけることに集中できなくなっていました。今回、片づけが得意な人のストラテジーを分析して自分自身にインストールして気づいたことは、片づけることが得意な人は、まず、片づける場所や品物をよく観察するというV(視覚)を使っていることがわかりました。それによって、合理的に整理整頓することができます。そして最後に、片づいた部屋にいる爽快感を感じるというK(触覚または感情)を使っていることがわかりました。今回の演習で、片づけるストラテジーを明確にインプットできましたので、自分の家で応用できると思います。

K.Kさん
インストールしたストラテジー:「今の自分に必要なアロマを選ぶ」
≪演習のフィードバック≫
アロマを生活に取り入れているT.Iさんのストラテジーを分析し、インストールしてみました。T.Iさんは、まず最初に自分自身の感覚を意識し、次にアロマの香りを嗅覚で感じ、次にアロマの香りを嗅覚で感じた時の身体の感覚に意識を向けるというストラテジーがありました。アロマの効能などの情報は意識せず、K(自分を感じる)→K(香りを感じる)→K(香りを感じた後の自分を感じる)という、K→K→Kという感覚のみのストラテジーでアロマを選んでいることがわかりました。実際に自宅に戻って、8本のアロマをそのストラテジーで選んでみると、その中の2本が自分の身体の中の隅々まで浸透していったり、アロマの種類によって身体の深い部分の入り方が違うことに気づいたりして、とても深い体験ができました。そして、今の自分には、ローズウッドとユーカリが必要だということがわかり、さっそくアロマランプでそのアロマを焚いてみました。

M.Kさん
インストールしたストラテジー:「手のひらで他人のオーラを感じる」
≪演習のフィードバック≫
私はこれまで一度も他人のオーラを見たり感じたりしたことはありませんでしたが、今回、たった数分の演習で、他人のオーラを手のひらで感じて、その人のオーラの大きさや固さなどもわかるようになりました。ストラテジーを分析してインストールするという手順によって、他者の能力が魔法のように自分自身に入ってくることを実感しました。

K.Hさん
インストールしたストラテジー:「部屋を片づける」
≪演習のフィードバック≫
部屋の片づけが得意な人は、K(触覚または感情)を、意識的に使っていることがわかりました。まず、片づけるための合理的な順番(ストラテジー)があり、それが無意識レベルでアンカーされていて、その順番通りに実行しているようでした。また、どこの部分、あるいは何の品物を片づけるかのリストをあげて、それをひとつひとつ消していくときの(頭や胸が)スーッとするK(触覚または感情)がアンカーされていて、「片づけ=気持ち良いこと」というポジティブな気分で行っていることがわかりました。片づけなければというのではなく、片づける気持ちよさをインストールすることができたように思います。そしてそのストラテジーは、今日、旅行の荷造りに応用することができました。

M.Iさん
インストールしたストラテジー:「習字で封筒の宛名書きをする」
≪演習のフィードバック≫
私は習字をしますが、他の人で習字をしている人のストラテジーをインストールしてみました。家に帰って試してみると、イメージで書いた文字がいつもよりもすごく上手に書けたのでびっくりしました。

C.Sさん
インストールしたストラテジー:「セミナーの事前準備」
≪演習のフィードバック≫
NLPのセミナーをしているY.Tさんの、セミナーの事前準備をストラテジーで分析してインストールしてみました。Y.Tさんは、まず、V(視覚)を使ってセミナーの内容の大まかなプログラムを作り、K(触覚または感情)を使って心身のステートを整えたり、A(聴覚または時系列化)とV(視覚)を使って未来ペーシングしたりするなど、いくつかのストラテジーによって、セミナーの事前準備を行っていることがわかりました。私自身はまだセミナーをしていないのですが、普段の仕事をしているときにいつもと段取りが変わっていましたので、インストールしたものを自然に使っている部分があるのではないかと思いました。

Y.Tさん
インストールしたストラテジー:「網を使わないカブトムシの取り方」
≪演習のフィードバック≫
山にカブトムシを取りに行ったことがないのですが、今回、網を使わないカブトムシの取り方をインストールしたことによって、自然にカブトムシを取りにいくことができるような気がしました。意識的モデリングの分析とインストールの演習で、何かものすごいことを体験したような感じがします。

H.Rさん
インストールしたストラテジー:「美味しいパウンドケーキの作り方」
美味しいパウンドケーキの作り方というストラテジーを分析して、自分自身の中でインストールをしてみました。演習の中で分析したものを自分自身にインストールしながらそのプロセスを確認している時、実際に自分の家のキッチンでパウンドケーキを作っているようすを五感を通して感じることができました。またその際、頭で思い出しながらではなく、すでに知っているという感覚でパウンドケーキを作っているような感覚がありました。

0629 004









------------------------------------------------------------------------------------------

【トレーナーのフィードバック】

今回実施しました表出システム・ストラテジーの応用演習は、全体的には、皆さんとても熱心に、クオリティの高い演習をされていたと思います。

私は、トレーナーという立場で、受講生の演習プロセスそのもののストラテジーを観察していましたが、ニューコードNLPが目指している「プロセスモデル」という観点では、まだファシリテーターにコンテントの要素が入っていて、純粋なプロセスモデルとしての演習が達成されていないという感想を持ちました。クラシックコードNLPフォーマットとその欠点のページでも書いていますが、ニューコードNLPの演習では、常に、演習対象者の行動のレベルではなく、意図のレベルに当てるということがポイントです。

演習にコンテントの要素を入れることによって、自分自身や他者を洗脳する要素が生まれますので、それを十分に注意して演習を行わなければなりません。コンテント(ある特定の観念)を使うことによって、意識の変化は起こりやすくなりますが、その観念によって、その後、さらに新しく変化することを阻止してしまいます。「今の状況が楽になること」や「人生がもっと楽しくなること」というような観念の入った目的ではなく、今の自分自身のフィルターを客観的に観察すること、そしてそのフィルターを解除することを目的として、純粋にプロセスモデルの変化ワークを行うことができるように、ファシリテーターとしての研鑽を積んでいただきたいと思います。

6月16日(日)のマスターコースでは、無意識的モデリングの演習を行いますので、今回やった「意識的モデリング」と、次回の「無意識的モデリング」の違いを感覚的に体験していただきたいと思います。

中島志保

表出システム・ストラテジー

【「ストラテジー」の一般的な意味】

●ストラテジーの語源: 古代ギリシャ語の“strategos” (将軍)である。
●ストラテジーの直訳: 戦略、戦術、作戦、方針、政策、巧みな計画、計略、策略など。
●ストラテジーの意味: 目的到達または利益獲得のための具体的な計画。

------------------------------------------------------------------------------------------
【NLPの用語としての「ストラテジー」の意味】

NLPの用語としての「ストラテジー」は、ある個人の内的経験の最小基本構成要素(V, A, K, O, G)がどのような順序で推移するか、その順序を意味します。

------------------------------------------------------------------------------------------
【表出システム・ストラテジー】

1980年、NLP共同創始者ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラー、NLP共同開発者ロバート・ディルツとジュディス・ディロージャの4名は、共著「神経言語プログラミング、第1巻」を出版しました。

Neuro-Linguistic Programming: Volume1, Grinder, J., Bandler, R., Dilts, R., & DeLozier, J.,1980.

「神経言語プログラミング、第1巻」では、「神経言語プログラミング(NLP)」という言葉が初めて使われました。また、その他に、ある個人の内的経験の最小基本構成要素(V, A, K, O, G)を基本とした4タップル(4T)の表記法や、4タップル(4T)とT.O.T.E.モデルを応用して、ある個人の内的経験の最小基本構成要素(V, A, K, O, G)がどのような順序で推移しているかを明示的に公式化する方法も紹介されました。

NLPでは、ある個人の内的経験の最小基本構成要素(V, A, K, O, G)がどのような順序で推移しているかというプロセスを表出システム・ストラテジーと呼びます。

例えば、ある分野で非常に卓越した人がいる場合、その人の頭の中で何が行われているのかを明示的に公式化して、その人の卓越したパターンをモデリングすることができます。そのひとつの方法が表出システム・ストラテジーであり、このような意識的なモデリングの方法を、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、分析的モデリング(Analytic modeling)という名前で分類し、無意識的モデリング(NLP modeling)と区別しています。

ノウ・ナッシング・ステートの感想

NLPマスタープラクティショナーコース福岡1期(第2回)では、午後のプログラムの中で、ニューコード・ゲームを体験する演習が行われました。その際に、参加者の方々が体験したノウ・ナッシング・ステート(Know-Nothing State)を感想として、一部の方に書いていただいたものを下記にご紹介します。

------------------------------------------------------------------------------------------

【ノウ・ナッシング・ステートの感想】

E.Aさん(チャート・ゲーム/ABCゲーム)
●後頭部の周辺が開いた感覚がある。
●周辺視野が広がった感覚がある。
●ゲームの最中に、チャートに書かれているABCの文字が浮き出てきた。
●ゲームの最中に、チャートに書かれているABCの文字が動き出した。
●ゲーム終了後、問題自体が消えていた。

T.Kさん(生命の呼吸/片鼻呼吸)
●視覚がクリアになった。
●外界にあるものが、細かいレベルまで目に映るようになった。
●外界が光のように明るくなり、それが広がっているように見える。
●自分の身体が大きくなったように感じる。
●自分の身体の周囲(オーラ)が広がっているように感じる。

T.Iさん(生命の呼吸/カウント呼吸)
●自分の身体と空気が一体となって、、区別がつかなくなっている。
●自分の身体が宇宙と大地の両方につながっているような感覚がある。
●お母さんのお腹から赤ちゃんが出てきたような新鮮な感覚がある。
●無の境地に達した感覚がある。

Y.Nさん(チャート・ゲーム/いろはゲーム)
●何も音がしない宇宙空間にいるような感覚になった。
●自分の身体が大きくなったように感じる。
●問題が消えて、今までのことが何も気にならなくなった。
●ゲームをする前まであった胸の圧迫感がなくなった。

K.Kさん(チャート・ゲーム/ABCゲーム)
●視界が明るくなった。
●ゲーム前と比べて、ゲーム後は、室内が2倍くらい明るく感じる。
●ノウ・ナッシング・ステートで「問題が終わる時期」を尋ねると「9月30日」と明確な答えが返ってきた。
●ノウ・ナッシング・ステートで、アカシックレコードとつながることができる感覚がある。

K.Hさん(チャート・ゲーム/第九ゲーム)
●視界が広がった。
●視界がクリアになり、太陽のキラキラした光や美しい清流の中にいるような感覚になった。
●自分の身体が大きくなった感じがする。
●自分の身体の中心に一本線が入った感じがする。
●足にあった筋肉の緊張感がなくなった。
●将来に対する不安が消えた。

白糸の滝

ノウ・ナッシング・ステートについて

【ノウ・ナッシング・ステートについて】

ノウ・ナッシング・ステート(Know-Nothing State)とは、どのような状態か?

●何も知らない状態。
●知覚入力経路(五感)が完全に開いて、すべての入力に敏感に反応している状態。
●無意識、すなわち無限のリソースにアクセスできる状態。
●深い編成意識の状態。
●アップタイム・トランスの状態。
●ナチュラル・ハイの状態。(ドーパミン、セロトニン、エンドルフィン)
●その他

------------------------------------------------------------------------------------------
【ノウ・ナッシング・ステートと通常意識について】

私たちが通常使っている意識の帯域は非常に限定されたものです。しかし、ニューコードNLPにおけるノウ・ナッシング・ステート(Know-Nothing State)にアクセスできれば、通常は使っていない変性意識にアクセスすることができます。この場合、ある人の通常意識は、別の人にとっては変性意識である場合があり、また反対に、ある人の変性意識は、別の人にとっては通常意識である場合があり、ここに相対的な関係性があることが示唆されます。

ノウ・ナッシング・ステート(Know-Nothing State)にアクセスした場合、通常意識と変性意識の帯域の「垣根」が取り払われて、意識のすべての帯域が活性化された「ブラックボックス」のような状態が生み出されます。

イメージ

ニューコード・ゲームの創作

NLPマスタープラクティショナーコース福岡1期(第2回)では、午後のプログラムの中で、ニューコード・ゲームを創作する実習が行われました。

------------------------------------------------------------------------------------------
【ニューコード・ゲームの形成妥当な変数の定義】

ニューコードNLP変化フォーマットのステップ3で行われるニューコード・ゲームには、形成妥当な変数として、次のような7つの条件があります。ニューコード・ゲームを創作するには、この7つの条件を満たさなければなりません。

1.ゲームの難易度が、プレーヤーのレベルに合っていること。
2.知覚入力経路(主要表出システムVAK)がすべて関与していること。
3.知覚入力経路(主要表出システムVAK)がすべて活性化されること。
4.同時的並行プロセスが起こっていること。
5.右脳と左脳の両方の大脳半球が活性化されること。
6.プレーヤーがファシリテーターによって注意深く監督されていること。
  あるいはファシリテーターが不要なように、ゲームに構造的な要素があること。
7.リズミカルな活動があること。

------------------------------------------------------------------------------------------
【ニューコード・ゲームの目的】

ニューコードNLPのセッションの中でニューコード・ゲームを行う目的は、クライアントの知覚入力経路(主要表出システムVAK)を完全に開き、活性化させることです。
 
●予測不可能という要素を使って、フレキシビリティ(柔軟性、適応性、融通性)を養成します。
●ゲームの中で体験する「混乱した状態」を使って、意識(パターン化された思考)の中断を起こします。
●ゲームの中で体験する「混乱した状態」を使って、ノウ・ナッシング・ステートに入りやすくします。

------------------------------------------------------------------------------------------
【ニューコード・ゲームの注意点】

プレーヤーは、必ず、ファシリテーターの監督下でゲームを行うようにします。
 
●ファシリテーターは、プレーヤーがポジティブな気持ちでゲームを行うように支援します。
●ファシリテーターは、プレーヤーが勝ち負けでゲームを行わないように監督します。
→勝ち負けの感情やそれにともなう興奮は交感神経を刺激して心身の緊張感を生み出します。

DSC_6522













------------------------------------------------------------------------------------------

グリンダー博士のコメント:
NLPパターニングの適用は、『参加型スポーツ』と同じです。それは、NLPの実際の実践能力を達成するという学習者側のコミットメントと個人的な規律を必要とします。そして、そこで必要となるコミットメントは、無意識の反射的反応になるまで、NLPのパターンとフォーマットを何度も何度も強制的に練習するというものです。

ファシリテーターは、意識的にはこれらのパターンとフォーマットを完全に忘れて、自分の前にいるクライアントの要求に答えることの重要性を認識して下さい。

NLPの適用段階には、自転車に乗ることを学ぶプロセスほど複雑なパターンは存在しないということを忘れないで下さい。自転車に乗るということについて話をしたり、書物を読んだり、あるいは、自転車に乗るための物理的なプロセスについての知識を習得することも、自転車に乗ることを学ぶこと自体とはまったく無関係です。

ですから、テキストを脇に置いて、世界の中で実践して下さい。

-------------------------------------

テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • NLPプラクティショナーコース東京2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡5期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡5期のお知らせ
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」東京開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」東京開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」東京開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」大阪開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」大阪開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」大阪開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」福岡開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」福岡開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」福岡開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」福岡開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」福岡開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」福岡開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」福岡開催
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • NLPマスタープラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPマスタープラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPマスタープラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPマスタープラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPマスタープラクティショナーコース福岡3期のお知らせ
  • NLPマスタープラクティショナーコース福岡3期のお知らせ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ