New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

2015年02月

エリクソン催眠療法コース開催に向けて

グリンダー博士によるミルトン・エリクソン催眠療法コース

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士による「ミルトン・エリクソン催眠療法コース」が開催されます。このコースの開催に向けて、コースを主催する日本NLP学院に向けてグリンダー博士からメッセージが届いていますのでご紹介します。

GrinderIMG_1572IMG_1481






-------------------------------------------------------------------------

親愛なる日本のみなさまへ

私たちカルメン・ボスティックとジョン・グリンダーが、日本NLP学院主催の6日間コースにみなさんをお招きします。

私たちは、このコースで、催眠に関するプレゼンテーションとデモンストレーションを行います。参加者のみなさんは、あなた自身と他の人を有益な変性意識状態に誘導するためのパターンを体験、習得、練習し、試してみることにより、催眠をマスターしていく道のりを歩きはじめます。そして、変性意識状態に入り、その状態を活用する人が、自分の目的やゴールを達成できるようになるために、変性意識状態をどう活用したらいいのかを学びます。

現代の発展した技術社会に生きる一員なら誰しも、異なる状況、たとえば家族や仕事、遊び、社交的なつきあい、儀式、パートナーシップ、結婚、友情といった状況に対して完全かつ効果的に、そして芸術的にかかわるために、それぞれ異なる精神状態に自分を変える能力を持つ必要があります。このことは、自らを振り返ってみればわかるでしょう。

これまでの歴史で催眠と言われてきたことは、状況に応じて精神状態の変化を選択する能力について、少々古めかしい流儀で呼んだものなのです。 現代の技術社会における断片的な性質からみて、日本においても、またアメリカのような西洋諸国においても、効果的にパフォーマンスする能力には、この精神状態を変える能力を必要とします。ですから参加者は、与えられた状況のいずれにおいても、良いパフォーマンスを可能とす
る変性意識状態を選び、そこに入り、保持し、フル体験することについて選択肢を持つことの価値を、簡単に評価できるようになるでしょう。


このトピックについてこのように考えると、現代社会のチャレンジにうまく対応するためのノーマルで適切なスキルとして、変性意識状態を選び、そこに入り、保持する能力を持つことを学ぶ重要性が明らかになります。

これが、今回の6日間セミナーで私達が教えるパターン適用の目的とするところです。  


変性意識状態のワーク周辺には、主に2種類の選択があります。


(1)自己適用
あなたが今いる状況、または今から入ろうとする状況と関連のある、特定の変性意識状態をどのように選び、そこに入り、保持するか。

(2)他者への適用
この人がいる、または入ろうとしている状況と関連のある特定の変性意識状態を選び、そこに入り、保持するのをどのように助けるか。

これら二つの適用に共通しているものが、変性意識状態のワークと関連のある二つの大きなスキルです。


a) 変性意識の誘導
一つの変性意識状態から別の変性意識状態へ、どのように移るか。


b) 変性意識状態に達した後の活用
あなたが変性意識状態を選び、そこに入ることに成功したら、どのようにその状態を使ってあなたの目的を達成するか。または、あなたが他の人を適切な変性意識状態に誘導することに成功したら、どのようにその人が目的を達成するのを助けるか。


以下は、これら2種類の適用、自己適用と他者への適用に関するパターンの概観です。

 

<誘導>

主なことは以下のような質問です: この状況に対応できる適切な変性意識状態を選び、誘導するために使える選択肢にはどんなものがあるだろうか。 誘導には主に二つのやり方があります。言葉を使ったものと、使わないものです。典型的には、実際の適用において、言葉を使った誘導と使わない誘導が複雑にミックスされています。言いかえると、有用な変性意識状態へ誘導するために使える、言葉を使った役に立つパターンはたくさんありますが、オペレーター(誘導する人)の言葉を使ったパターンに伴った言葉を使わない行動の方がより、言葉を使ったパターンそのものより、変性意識状態に達するのに影響力があるでしょう。面と向かってのすべてのコミュニケーションと同様、主な影響力は、言葉を介さないコミュニケーションの中にあるのです。加えて、言葉を介したコミュニケーションを一切使わずに、大変有用な変性意識状態を誘導することは可能なのです。セミナーの中で、言葉を介した誘導、介さない誘導のそれぞれの例、そしてより典型的な、両方のミックスされた誘導が見せられ、生徒はこれらの誘導をスーパーヴィジョンのもとで練習し、テストする機会が与えられます。また、自分独自の誘導を作り、その効果をテストする機会も与えられます。

 

<観察>

人間の、面と向かってのコミュニケーションのすべてと同じように、望んだ変性意識状態を誘導する際、オペレーターが対象者に行うパターンのどれをどの順番で使えば効果的か、確証を持って予想することはできません。しかしながら、こうした誘導を始める方法について、いくつかの素晴らしい選択肢があります。誘導を始めたら、大切なことはオペレーターの観察能力と、次の適切なパターンの選択に移ります。観察は、もちろん、面と向かってのコミュニケーションで用いるすべてのスキルの母となるものです。そして、私たちの生徒なら皆すでに学んでいるように、プロのコミュニケーターにとって、観察スキルを絶えず向上させることは、終わることのないコミットメントです。さらに言えば、このセミナーで提示する真髄となるものは、クライエントの無意識から自然に起こってくるコミュニケーション(特にノンバーバルのもの)と、意識的なバーバルコミュニケーションとより緊密な関係を持つノンバーバルコミュニケーションの区別をつける能力を生徒に紹介することです。これら2種類のノンバーバルコミュニケーションの区別をつける能力は、変性意識のコミュニケーションをマスターしたいと望む人にとって必要不可欠なスキルです。

 

<活用>

これらの観察スキルと共に、このセミナーにはもうひとつ鍵となる要素とフォーカスするものがあります。活用のパターンです。自己適用においても、一人または複数の他者への適用においても、その人の無意識プロセスで指示される広くて深いパターンの範囲です。自分または他者の無意識とコミュニケーションをとるためにデザインされたパターンもまた、変性意識状態のコミュニケーションを効果的に行うために必要不可欠な要素です。多くの時間が、これらのパターンの提示と練習の両方に捧げられることになります。これらのパターンの多くは、前述の参考図書(ミルトン・エリクソンの催眠テクニック1巻、2巻)の中で解説されています。このセミナーの参加者には、これら2冊を手に入れるよう強く勧めます。「ミルトン・エリクソンの催眠テクニック1巻、2巻」というタイトルで、日本語に翻訳されています。

 

<幅広い状況への適用>

このセミナーの最終的な要素となるのは、上記で簡単に説明した通り、誘導と活用のテクニックをいろいろな状況で様々に活用することと、異なる状況に合うように、具体的にどうそれらを変更するかです。参加者はこれらの変性意識パターンを、どこで、いつ、そしてどんな目的のために適用したいのかを、詳しく注意深く考えるべきです。


私達(カルメン・ボスティックと私)は、参加者がこうした実際の適用をいくつか明らかにすることを強く求めます。それは、参加者の目的が、セミナーが行われている間に達成されることを確かにするためです。


ジョン・グリンダー、カルメン・ボスティック・サンクレア

ボニードゥーン、カリフォルニア

2014年8月



上記の文章は日本NLP学院のサイトより引用しています。

-------------------------------------------------------------------------

2015年4月24日より、ジョン・グリンダー博士とカルメン・ボスティック・サンクレア女史によるエリクソン催眠療法コースが開催されます。興味のある方はこちらをご覧ください。

グリンダー博士によるエリクソン催眠療法コースのお知らせ

グリンダー博士によるエリクソン催眠療法コースのお知らせ

グリンダー博士によるミルトン・エリクソン催眠療法コース

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士による「ミルトン・エリクソン催眠療法コース」が開催されます。このコースでは、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史によるプレゼンテーションとデモンストレーションを通じて、自分や他者にとって有益な変性意識状態に誘導するパターンを体験することができます。また、それらを習得し試してみることで、催眠をマスターするための道を歩きはじめることが可能になります。さらに、変性意識状態に入ってその状態を活用し、自分自身の目的を達成したりゴールに到達したりするための方法を学ぶこともできます。ミルトン・エリクソンの催眠誘導法をNLPの創始者から学べるチャンスです。ご興味のある方のご参加をお待ちしています。

グリンダー博士からのメッセージ「エリクソン催眠療法コースに向けて」

IMG_1678IMG_1572IMG_1481







催眠療法コースのご案内

〔主催〕日本NLP学院
〔講師〕ジョン・グリンダー博士、カルメン・ボスティック、サンクレア女史
〔会場〕LMJ東京研修センター

〔日時〕
●2015年04月24日(金)10:00〜18:00
●2015年04月25日(土)10:00〜18:00
●2015年04月26日(日)10:00〜18:00
●2015年04月27日(月)10:00〜18:00
●2015年04月29日(水)10:00〜18:00
●2015年04月30日(木)10:00〜18:00

〔受講料〕590,000円(テキスト代、認定証代、税込)
※受講料の早期割引制度があります。詳細は日本NLP学院にお問合せ下さい。

〔お問合せ・お申込み〕日本NLP学院

IMG_1700DSC00277 
テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの詳細
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ