メンター(Mentor)という言葉は、一般的に、「指導者」、「助言者」、「経験を積んだ人」などを意味します。

メンターの語源となったのは、紀元前9世紀頃、小アジアに生まれてギリシャ諸国を遍歴した吟遊詩人ホメーロスの叙事詩『オデュッセイア』に登場する男性『メントール(Μέντωρ)』です。メントールは主人公オデュッセウスの友であり、オデュッセウスの息子テーレマコスの家庭教師として武術や学問を教えていたことから、現代では、「個人的に指導する人」を意味するようになりました。

NLPでは、自分の人生において、何かを選択したり問題を解決したりするためのリソースが不足していると感じるとき、リソースとなるメンターを設定するというエクササイズをします。メンターには、歴史上、もしくは神話上の人物、先生や上司、身近な人など、自分にとってリソースフルであると思える存在を選びます。

ホメーロスの肖像
ホメーロス













テーレマコスとメントール
メンター











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/14