John&Carmen










 

日本の皆様へ
ジョン・グリンダーとカルメン・ボスティック・サンクレアより

 

NLPにおける最新のパターン化である「ニューコード NLP」について、ご挨拶をかねてご紹介します。

 

さらに、だれがニューコードNLPのトレーニングを適切に受けており、だれが合法的にニューコードNLPのパターンを提供できるのかをめぐり、さまざまな事情で少し混乱が生じているようですので、この機会にその辺りのお話もいたします。

 

私たちはこの25年間、専門的な知見を活かして、ニューコードNLPと呼ばれる一連のパターンを開発することに励んできました。手始めに、皆様のご参考として、このパターンの大筋をご説明しましょう。

 

「ニューコードNLP」(NCNLP)とは、カルメン・ボスティックとジョン・グリンダー、それに多くの同僚(例えば、英国NLPアカデミーのマイケル・キャロル)による広範なデザインと高度なパターンの試行の成果です。それには、次のような意図がありました。

 

1. ジョン・グリンダーとフランク・ピューセリック、リチャード・バンドラーが1970年代に開発したオリジナルのパターン化である「クラシック NLP」に見られたコード化における欠陥を修正すること。

※このパターン化の内容をお知りになりたい読者は、ジョン・グリンダーとフランク・ピューセリックの共著でカルメン・ボスティックが前書きと後書きを記した「神経言語プログラミングの起源」(The Origins of Neuro-Linguistic Programming をご覧ください。
 

The Origins Of Neuro Linguistic Programming (English Edition)
Grinder, John
Crown House Publishing
2013-05-09




2.
元のNLPのパターン化を効率化、かつ単純化すること。

 

3. 変化のワークのための画期的で新しいアプローチを開発し、提供すること。

 

4. 最先端のパターンを作成し発展させるために利用できるプラットフォームを設置すること。

 

さて、クラシック NLP とニューコード NLPの違いを知るには、次に挙げる二つのポイントが鍵となります。

1.変化のプロセスを考えるとき、無意識のプロセスを中心的な力点の一つと位置づけること。

 

クライアントたちが望み通りの重大でエコロジカルな変化を見せるのは、無意識の変化のプロセスが活性化され、変化のプロセスに絡んできたときだけです。これは長きにわたり、優秀な変化の仲介者たちにはすでに知られてきたことです。無意識のプロセスを変化のワークの中心に置くことで、迅速で深いエコロジカルな結果が生まれるのです。

 

(訳注)NCNLPにおける「エコロジカルな変化」とは、元の行動に代替するように選ばれた新しい行動が、その本人(クライアント)の他のパーツの要求と一致している変化を言います(“Whispering in the Wind”の記述より)。

 

伝統的な精神医学や精神療法では、意識的な理解に焦点を絞り、現時点におけるクライアントの制限が何に起因しているかを延々と探ります。そうすることで、長い目でみたら結果としてクライアントの行動は変化するかもしれません。

 

日本でいうなら「弾丸列車」の新幹線に乗るか鈍行にするかといった例でもはっきり分かります。新幹線なら目的地に速く着く。新幹線派の人が気付いている点として、速さのあまり、乗っている間に自分がどこにいるのか分からない、ということがあります。逆に鈍行派は、ことんことんというレールの継ぎ目が分かるような速度ですので、いまどの辺を走っているかがよく分かります。しっかり時間をかけて目的地に着く。新幹線派と鈍行派のどちらを選ぶかは、旅人次第です。

 

たしかに意識的なプロセスは、効果的な一連の技術ではあります。しかし、それが変化のプロセスにおいて果たす役割は組織的なものです。ニューコード NLPのトレーニングが掲げる目的の一つに、無意識と意識のプロセスの適切な協同関係を形成するという点があります。

 

そこで思いつくのが、馬と乗り手の例えです。馬は大きな仕事をします。乗り手を行き先まで運んで行くというものです。乗り手はどうかといえば、行き先を選んで馬に伝えるという責任を負っているわけです。
 

2.クライアントの行動を変えることよりも、クライアントの行動の元となっているステートを変えることにシフトすること。

 

そうすることで、強力な力点に注目しつつ、変化のプロセスが絶え間なく進むなかで高まったパフォーマンスステートから、新たな選択肢が次々に生まれます。そうしたことが変化のプロセスの核になるのです。

 

クラシック NLP とニューコード NLPの違いは他にもあります。ご興味のある読者の皆さんは、どうぞ

何なりとお尋ねください。誠意を尽くしてお答えします。


2016
1225

 

ジョン・グリンダー、カルメン・ボスティック・サンクレア
クラシックNLP共同開発者、ニューコード NLP共同開発者

クオンタムリープ社 ニューコード NLP社長 

 

 

Statement about NLP and the Choices on offer

 

To our dear Japanese colleagues

From John Grinder and Carmen Bostic

Certain events have occurred which has created some confusion about New Code NLP and who is adequately trained and who is legally authorized to present New Code NLP patterning.

We wish to take this opportunity to make a statement about this, the most recent patterning in NLP. For the last 25 years, the two of us have devoted out professional skills to the continuing development of a set of patterns known as New Code Neuro-Linguistic Programming. We offer below a brief description of this patterning for your consideration.

New Code NLP (NCNLP) is the result of extensive design and testing of sets of advanced patterns created by Carmen Bostic, John Grinder and a number of colleagues (e.g. Michael Carroll of the NLP Academy in the UK). The creation of New Code NLP has several intentions behind it:

1. The correction of several coding errors in the patterning known as Classic NLP (originally created by John Grinder Frank Puceilk and Richard Bandler in the 1970's) The interested reader can gain an insight into this body of patterning in the book The Origins of Neuro-Linguistic Programming by John Grinder and Frank Pucelik with a forward and epilogue by Carmen Bostic.

2. The streamlining and simplification of the patterning of the original NLP.

3. The creation and presentation of a radical new approach to change work.

 

4. The establishment of a platform for the continuing creation and development of the most up-to-date patterns available for agents of change.

We mention two of the key differentiators between Classic NLP and New Code NLP immediately below:

1. The positioning of unconscious processes as one of the central key leverage points of the change process.


It has been long been noted by effective agents of change that clients achieve significant deep ecological changes desired if and only if the unconscious processes of change are activated and engaged in the change process. By placing the unconscious processes at the center of the change work, speed, depth and ecological results emerge.


Traditional psychiatry and psychotherapy, with its focus on conscious understanding and the long tedious process of unearthing what is assumed to be the sources of clients' present limitations may over a lengthy period of time result in some shifts in clients' behavior. It is equally accurate to note that in Japan, people have the choice of riding the bullet train or the local train. If you take the bullet train, you will arrive at your destination very rapidly. Those of you who have enjoyed traveling on the high-speed bullet train will have noticed that its movement is so rapid that it is sometimes difficult to know precisely where along the trajectory to your final destination you are at any moment in time on the journey. If, on the other hand, the traveler chooses to take the local train, he or she will know precisely where on the journey they are at any movement in time, and it will take a long period of time to successfully arrive at their destination. The choice belongs, of course, to the traveler.

We do recognize that conscious processes can serve as a useful set of skills. However the primary role they play in the process of change is organizational. Indeed, one of the objective of

New Code NLP trainings is to form an appropriate working relationship between unconscious

and conscious processes.

The metaphor of a horse and rider comes to mind: the horse has the heavy task, the bulk of the work, carrying the rider to her or his destination. The rider, of course, bear part of the

responsibility to the selection of that destination and its communication to the horse.

2. The shift from focusing on changing behaviors to changing the states from which the behaviors of the clients flow, thereby focusing on a leverage point of enormous strength and ensuring that the processes of change continue to evolve and new choices continue to emerge from the enhanced performance states that at the core of the change processes.

While there are additional distinctions between Classic and New Code NLP, we invite any interested readers to submit questions of interest to them and we will do our best to respond to them.

December 25, 2016
                                    

John Grinder Carmen Bostic St. Clair
Co-creator of Classic and Co-creator of New Code NLP and New Code NLP President of Quantum Leap, Inc.

 John&Carmen














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2021/03/18