NLPの起源と、これが創始された当初のモデリング・プロジェクトについてはご存知でしょう。1970年代始めという向こう見ずな時代に、ある二人の男が偶然出会いました。ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーです。二人の間に一つの新しい世界が生まれました。それがNLPです。二人は、選ばれた天才たちの言動と言語パターンに等しく魅せられ、その(パターンの)レプリカをつくり、人々に教えたいという強い思いを共有したのです。天才たちのパターンをレプリカ化しコード化するためにグリンダーとバンドラーが採用したプロセスは、モデリングとして知られるようになりました。トレーナーであるあなたが常に意識しておかねばならないことは、モデリングこそがNLPの基本的なスキル(技能)であるということです。現在のNLPではほとんど、グリンダーとバンドラーがモデル化したパターンの応用が中心となっています。このトレーナーズ・トレーニングの段階、さらに自身のトレーニングコースを主催するときも、モデリングのプロセスに常に注目してほしいのです。

オリジナルのNLPでは、三人の天才たちがモデリング・プロジェクトの対象になりました。その三人とは、フリッツ・パールズ、ヴァージニア・サティア、ミルトン・エリクソンです。彼らは専門的な変化の仲介者(agents of change)
であり、それぞれ得意分野で並外れた結果をあらわしていました。彼ら天才たちは、グリンダーとバンドラーに自分たちの言動について何ら意識的に表現はしませんでした(パールズについては驚くことはありません。なぜなら、彼はグリンダーとバンドラーが出会って仕事を始めた時にはすでにこの世にいなかったのですから)。バンドラーと彼の同僚のフランク・ピューセリックは、パールズの亡くなる前に純粋に真似ることで彼の言動を 記録” しておきました。三人の天才たち、フリッツ・パールズ、ヴァージニア・サティア、ミルトン・エリクソンは、無意識の卓越性に基づき、それぞれの 魔法” を行って見せたのです。

天才たちの 特技” についての知識をほとんど持ち合わせないまま、グリンダーとバンドラーは2年をかけて天才たちの言動の選ばれた部分を説明するため、それこそ病的ともいえる熱意で取り組みました。グリンダーとバンドラーは、天才のパターンを “ノーナッシングステート” 、つまり 頭を空にして” 学習しました。あなたにはこのトレーニングコースで、ノーナッシングステートとハイパフォーマンスステートを活用していただくことになります。

NLP
の共同開発者は、変形文法のパターンを表現形式として用い、言語ベースのモデルの研究結果をコード化しました。要するに、モデリングによってグリンダーとバンドラーは天才たちの暗黙の技能を明らかにしたのです。そのようにして、NLPが世に出ました。

グリンダーとバンドラーが1970年代に運営していた会社は、人間行動の何たるかを問いかける者たち(minds) のいわば坩堝(るつぼ)のようでした。ジョン・グリンダーはカリフォルニア大学サンタクルーズ校の助教授、リチャード・バンドラーはシニア(4年生)でした。クレスジ大学に着任したばかりの世界的な人類学者、グレゴリー・ベイトソンはグリンダーとバンドラーの仕事に興味を持ち、ミルトン・エリクソンに二人を紹介し、さらに二人への支援とフィードバックを申し出ました。二人に対するエリクソンの関心の深さは、後に 魔術の構造” (Structure of Magic)に寄せられた紹介文ににじんでいます。そこで彼はこう述べています:ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーは、私が同僚と15年前に試みたことを成し遂げている。

1975
年、グリンダーとバンドラーは 魔術の構造 I-II” で、最初の二つのNLPモデルを初めて世界に発表しました。著名な出版社 "Science andBehaviour Books Inc" がマップにNLPを載せたことで、新しいNLPの世界への関心は瞬く間に広まりました。コミュニケーションや行動、変化の分野に関わる人々は、変化のワークでめざましい結果を得る方法を学ぼうと競ってNLPに群れ集まりました。グリンダーとバンドラーは、自分たちのモデルの応用にトレーニングコースを進んで提供しました。創始者たちがNLPの基本的な活動と考えていたモデリングの一部分として、NLPのトレーニングコースが始まったのです。グリンダーとバンドラーが主宰したトレーニングコースは、モデルとなる重要なテストの一つを提供しました。すなわち、モデラーたちによってコード化されたパターンを使い、元のモデルと同様のパフォーマンスの変数(performance variables)
を生み出せるように、他の学習たちにコード化されたパターンを伝えられるかどうかの証しを示すテストです。あなたが実施するトレーニングコースは、モデリング・プロジェクトの成功の証しになるものです。

そのようにして、NLPは卓越性のモデリングの手段としてスタートし、トレーニングの結果を経て応用が始まりました。NLPの応用の場では、NLPモデルでトレーニングを受けた人々が、それぞれの技能をビジネスあるいはパーソナルな場面で利便を得るために応用していきます。

NLP
を専門的に使う人々の傾向を見ると、応用に関わる人々が大多数で、モデリングに積極的に関わる人々は少数派です。NLPのモデリングはより純粋な技能で、トレーニングや応用よりも論理レベルがはるかに高いのです。言い換えれば、NLPのモデラーはトレーニングと応用に長け、NLPのトレーナーは応用技術が優れていなければならないということであり、その逆は正しくありません。つまり、NLPの応用のみに関わる人々は、トレーニングあるいはモデリングに長じる必要はないのです。

NLP
が応用とトレーニングに焦点を合わせているいま、上記のことが現代NLPのパラドックスとなっています。更なる進化を求めるなら、NLPには新しいモデリング・プロジェクトが切実に求められています。グリンダーとボスティックは、このパラドックスを覆そうと呼びかけています。NLPはモデリングから始めるべきで、そこにこそ新しい一連のパターンが生まれると唱えているのです。


NLP Origins
 

You are no doubt aware of the NLP originsand the initial modelling projects that drove the creation of NLP. The early1970"s was a heady time, when the paths of two men, John Grinder andRichard Bandler crossed by accident of circumstance. A new field called NLPemerged, inspired by a joint fascination with the behavioural and languagepatterns displayed in selected geniuses, and then by a desire and tenacity toreplicate the patterns and teach others to do the same. The process Grinder andBandler used to replicate and code the patterns of genius became known asmodelling. As a trainer, it is important for you to remain aware that modellingis the core skill in NLP. At the present time most of the NLP field is focusedon the applications of the patterns modelled by Grinder and Bandler. We urgeyou to put attention on the processes of modelling during this TrainersTraining and when you go on to conduct your own training courses.

 

The three geniuses who were the focus ofthe original NLP modelling projects, Fritz Perls, Virginia Satir and MiltonErickson as professional agents of change, were capable of extraordinaryresults in their chosen fields. The geniuses presented Grinder and Bandler withno conscious description of their behaviour. (Hardly surprising in Perls caseas he was deceased by the time Grinder and Bandler began their work together).Bandler, together with a colleague Frank Pucelik, had managed to capture Perlsbehaviour through pure imitation, prior to Perls death. All three geniuses,Perls, Satir and Erickson performed their magic from a perspective of unconsciousexcellence.

 

With little direct knowledge of each ofthe geniuses" speciality, Grinder and Bandler, over a two year period, setout with enthusiasm bordering on feverish vigour to explicate selected portionsof the geniuses" behaviour. Grinder and Bandler learned the patterns ofgenius in a 'know nothing state'. You will be encouraged to utilise knownothing states and high performance states in this training course.

 

The co-creators of NLP coded the resultsof their work in language-based models, using the patterns of transformationalgrammar as the descriptive form. In essence through modelling, Grinder andBandler made explicit the tacit skills of the geniuses" and NLP was born.

 

The company that Grinder and Bandler werekeeping in the heady days of the 1970's was a melting pot of enquiring mindsseeking investigation into human behaviour. John Grinder was an associateprofessor at the University of California, Santa Cruz and Richard Bandler afourth year undergraduate student. The world renowned anthropologist GregoryBateson had joined the faculty at Kresge College, and such was Bateson'sinterest in Grinder and Bandler's collaboration, he introduced Grinder andBandler to Milton Erickson. Bateson offered support and feedback, and hisenthusiasm is, in part, captured in his introduction to the book Structure ofMagic where he states "John Grinder and Richard Bandler have donesomething similar to what my colleagues and I attempted fifteen yearsago."

 

In 1975 Grinder and Bandler presented thefirst two NLP models to the world in the volumes "Structure of Magic I andII." The volumes published by the respected publishing house "Scienceand Behaviour Books Inc" put NLP on the map, and interest in the new fieldof NLP spread quickly. People in fields related to communication, behaviour andchange sought to learn how they too could get amazing results when doing changework. Grinder and Bandler willingly offered training courses in the applicationof their models, and NLP training emerged as a result and began as a sub- setof what the co-creators of NLP deemed NLP's primary activity i.e. modelling.The training courses Bandler and Grinder conducted offered them one of thecrucial tests of a model i.e. the test proving evidence of whether the codedpatterning can be transferred to other learners, so the learners can achievethe performance variables of the original model using the patterns coded by themodellers. The training courses you will run are testimony to the success ofthe modelling projects.

 

So where NLP began as a means of modellingexcellence, it soon had a very active sub-set of training and as a result ofthe training, NLP application emerged. NLP application is where people trainedin NLP models apply their skills for commercial and personal benefit.

 

If we count the number of people whoprofessionally use NLP, the people who fall in the set of NLP application arein the majority and the people who actively pursue NLP modelling are in theminority. NLP modelling is a purer skill and at a higher logical level than NLPTraining and NLP Application. Saying it another way, The NLP Modeller has to becompetent in the skills of NLP Training and NLP Application and the NLP Trainerhas to be competent in the skills of NLP application. The reverse is not truei.e. the person indulging in pure application of NLP does not need to becompetent on the skills of NLP training or modelling.

 

The above represents a paradox in modernNLP as the field is now mainly focused on NLP application and training, yet toprosper the field urgently needs NEW modelling projects. Grinder and Bostic arecalling for a reversal of this paradox where NLP application begins withmodelling so a new set of patterns emerge. 

イメージ












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事投稿日:2021/01/03