私たちは、日々の生活で、さまざまな経験を行っています。そして、(自分にとって)ポジティブだと思う経験もあればネガティブだと思う経験もあります。

例えば、ある人が、自分の過去の経験について2つ思い出すとします。

ひとつは、『楽しかった海外旅行』についてです。それは、視覚的にはカラーで鮮明な映像、聴覚的には音量が大きくてステレオのような立体感のある響き、体感覚的には心地よい暖かさと柔らかい空気感をもっているとします。

もうひとつは、『辛かった海外出張』について。それは、視覚的にはモノクロで全体に霧がかかったような不鮮明な映像、聴覚的には音量が小さくてモノトーンのような響き、体感覚的には冷ややかで緊張感のある張りつめた空気感をもっているとします。

この場合、両者のサブモダリティの「差異」を検出し、ネガティブな経験のサブモダリティをポジティブな経験のサブモダリティに変換することによって、その経験の印象や反応が変わります。

このように、サブモダリティを変換することによって、辛い経験によるネガティブな印象や反応は緩和され、楽しい経験によるポジティブな印象や反応は強化されます。

海岸01










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/14