こんにちは。ニューコードNLPスクール代表の中島志保です。

今日は、アクロス福岡にて、NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催し、盛況のうちに終えることできました。

   

自分の身体の情報は、自分で受け取ることができます。そして、自分の身体とコミュニケーションをとることによって、不調や病気が確実に改善されます。

私は医者ではありませんので、「病気が治る」とか「病気が改善する」ということは、法律的または倫理的に、口にしてはいけないと思っています。自分の身体とコミュニケーションを取ると病気が治ったり改善したりするということについて、NLP創始者ジョン・グリンダー博士は、次のような言葉を使って表現しています。   
  

「意識と無意識が責任を分かち合う」  

 

これは本当に素晴らしい言葉です。  

 

いろいろなことをやっていると、ストレスがかかり、心身の不調や病気になることがあります。あるいは、『こうしたい』と思っても、身体がきつくなったり思うように動いてくれなかったりすることもあります。  

 

『こうしたい』と思ったあと、それをやり通すことができたとき、嬉しいですよね。それは、自分が意図したことに対して、身体が完全に協力してくれたことになります。身体は、『こうしたい』と思ったことに対して、それをやるということに責任をとってくれたということになります。  

 

自分がやりたいと思ったことが、ストレスなく、楽しくやり通すことができるといいですね!
 
 

身体は、会話をしてあげると、とても喜びます。そして、やりたいと思っていることに対して、全面的に協力してくれるようになります。また、協力してくれるだけではなく、自分の身体について、いろいろな情報も送ってくれます。 

 

自分の身体の中には、自分のことを完全に知っている「内なるヒーラー」が存在しています。そしてそれは、自分自身にとって完璧なヒーラーなのです。

 

本日のワークショップについて、参加者のみなさまからアンケートをいただきましたので、ご紹介いたします。

植物






  

〔質問1〕「今日のワークショップで、気づいたことや心に残ったことを書いて下さい」

 

●自分がいかに頭中心であったかということがわかりました。

●身体からシグナルが送られてきたら、その都度、『ありがとう』と感謝の気持ちを返すということは大切なんだなと思いました。

●自分の身体を意識したり、コミュニケーションをとったりする時間を増やそうと思いました。


●身体の声を聴くということを、私はいままでやっていませんでしたが、これからは日常的に使えると思いました。

●身体の不調を起こしている部分と会話をすることによって、それがなくなるということを体感して驚きました。

    

●身体が不調や病気を起こしているその肯定的意図を認識できたら、自分のこれからの行動が変わると思いました。

   

身体が、自分にメッセージを伝えてくれているということに信頼を持てたことが嬉しいです。

   

自分の無意識につながる方法や、自分の身体からイエス、ノーがはっきりと出てきたことは面白かったです。

  

●今日、福岡という慣れてない土地にきて、自分の身体がサワサワした感じがありましたが、無意識とコミュニケーションをとることで、そのサワサワした感覚がいとも簡単になくなったことが一番印象的でした。

   

●身体の不調な部分と会話をしたら、それが無くなったことを体感して、驚きました。 

 

●頭で考えることが、身体に無理させていたかもしれないということに気づき、これからは、身体からのシグナルを敏感にキャッチして行きたいと思いました。 

 

●自分の身体に「ありがとう」と言いたいです。 

 

●意識と肉体が別々だということはいつも意識していましたが、肉体の声をほとんど聞いていないということがわかりました。これからは自分の肉体と仲良くしていきたいと思います。  

 

●これからは自分の肉体にいろいろと問いかけて会話をしていきます。  

 

●肉体と会話をするのはとても大切なことだということがわかりました。  

 

●身体の協力が得られると自分がやりたいことが叶うと思いました。  

 

●いままで、意識と身体の区別がつきませんでしたが、今日教えていただいたことで、理解できました。自宅でも実践していきたいと思います。  

 

●自分の身体を自分の子供のように愛でていきたいと思います。  

 

●身体のONとOFFの反応がわかったことが嬉しかったです。  

 

●頭で考えず、感覚を高めていくということを意識していきます。  

 

●何かを食べるときも、身体の声を聴いてみたいと思います。  

 

●自分が問題と思っている行動でも、そこに肯定的な意図があるということがわかりました。  

 

●自分の肉体に感謝するということを忘れないようにしたいと思います。   

 

-----------------------------------------  

 

〔質問2〕「今後、内なるヒーラーを、どのように活用していきたいと思っていますか?」  

 

●仕事などで、何かを決めたり迷ったりするときに、内なるヒーラーに聞きたいと思います。  

 

●内なるヒーラーを使って、魂と肉体、あるいは心と身体を統合させていきたいと思います。  

 

●何か、行動をするとき、何かを決めるときに、自分の中にあるヒーラーに聞いてみるようにしたいと思います。  

 

●内なるヒーラーを使って、自己治癒力を高めて行きたいと思います。  

 

●内なるヒーラーを自宅でもやって、結果を出していきたいと思います。  

 

●自分がこれからやりたいことに、肉体が協力してくれるために、これからは身体の声を聴こうと思います。  

 

●身体の不調の原因を、肯定的意図として捉える方法が、実践していきます。肯定的意図を探るとき、どうやったらそれが導き出せるのかというのを練習していきます。抽象化というのは、慣れるまでは、練習する必要があると思いました。  

 

●これからは、自分の身体が喜ぶ生き方をしていきたいです。  

 

●頭で考えるのではなく、すべて自分の身体に聞いていきたいと思います。とても画期的なセミナーでした。ありがとうございます。 

 

●自分の身体のシグナルを、思考で消さないように、もっと身体からのシグナルに敏感になって、日常生活に活用していきたいと思います。そうすることによって、本当の健康が得られるように思いました。  

 

●自分の身体を癒していきたいです。そしてこれを周囲の人にも教えてあげたいです。  

 

●自分の中にいるヒーラーを活用するというのは、何も道具がいらなくて、いいなーと思いました。ぜひとも日常生活に気軽に取り入れていきたいと思います。  

 

●自分がやってみたいことや、迷っていることを、無意識さんにいろいろと聞いてみようと思います。自分で自分のことを解決できるというのは本当に素晴らしいですね。

●これからは、自分の身体との対話を増やして、 自分が本当にやりたいと思っていることをやっていこうと思いました。

●私は頭でっかちで考え過ぎる傾向がありますので、それを修正していきたいと思います。

 

●日常に役立つものを教えていただきましてありがとうございました。  

 

●頭と身体を統合させるということの素晴らしさを感じました。日々意識していきたいと思いました。今日はありがとうございました。  

手