「ラポール」(Rapport)とは、ドイツで生まれてオーストリアの首都ウィーンで活躍した精神科医フランツ・アントン・メスメル(独:Franz Anton Mesmer,仏Frederic-Antoine Mesmer,1734-1815)が、動物磁気(magnetisme animal,en: Animal magnetism)に感応した患者と自分との間に生じた「関係」を表現するために用いた言葉です。

Franz Anton Mesmer(1734-1815)
メスメル













その後、「ラポール」という言葉は、治療を行う者と患者との間にできる「お互いを信頼し合い、安心して自由に振る舞ったり感情の交流を行うことができる関係が成立している状態」をあらわす言葉として用いられるようになりました。このことから、今日、「ラポール」という言葉は、「信頼関係」を意味する臨床心理学の用語となっています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク