リビング












The following except from
Patterns will further assist the reader in understanding the 4-tuple:

"Assuming that you are a reader who at this point in time is sitting comfortably in a quiet place and that you are reading alone, the 4-tuple can beused to represent your present experience of the world as follows:

theprinted words of the book,
the lighting pattern of the room...

the feeling of the chair,
the temperature of the room...



the smell of the room,
the freshness of the air...
 i

The specific 4-tuple which represents the reader's experience where i is thereferntial index of the reader and the blankspace
indicates no experience in that mode.


"In words, the reader's present experience of the world is represented by a description of the visual input from the words, his present kinesthetic sensations and the olfactory sensation available. Since, by our assumption, thereader is in a place where he is presently receiving no auditory input from theexternal world, the value of the variable A, (the auditory tonal portion of hisexperience) is O. The values of the V, K and O variables are specified by adescription of the input from the world that is impinging on the reader at this point in time. Notice that in specifying the 4-tuple for the reader's present experience, we restricted ourselves to representing experience originating inthe world external to the reader. The 4-tuple can also be used to represent the reader's total experience−that is, his present ongoing experience independently of whether it originates in the world external to the reader or not. We have found it useful in our work to identify the origin of the portion of the experience described in the 4-tuple-that is to distinguish between which portion of the experience represented by the 4-tuple originates in the world external to the person whose experience is represented by the 4-tuple and which portion is generated by the person's own internal processes. One easy way of representing this distinction is by simply attaching a superscript to each component of the 4-tuple-either an i (internally generated) or an e (externally generated). Thus assuming that the reader is reading with internal dialogue at this point in time and using the superscripts which distinguish the internally generated from externally originated components of the 4-tuple, the reader's4-tuple would look like:



the printedwords(e), of the book,
the lighting pattern in the room...

the feeling of(e), the chair,
the temperature of the room...

the tempo and tonal(i), qualities ot the auditory internal dialogue...

the smell of(e), the room,
the freshness of the air...


"As with all the distinctions in the model, this superscript distinction between internally and externally generated experience will be employed onlywhen it is useful for the task for which it is to be used."

 

 

次のパターンの抜粋は、読者が4タップルをさらに理解することを助けてくれるでしょう。

 

あなたがこの時点で静かな場所に心地よく座って一人で読んでいる読者であると仮定すると、4タップルはあなたの現在のこの世界の経験を次のように表現することに使えます。

 

この本の印刷された文字、

この部屋の照明のパターン…

 

この椅子の感触、

この部屋の温度…

(空集合)

 

この部屋のにおい、

空気の新鮮さ… i 


読者の体験を表現している特定の4タップルは、iが読者の指示指標(referential index)であり、空白はそのモードについての体験がないことを示しています。

 

言い換えれば、読者の現在の世界の体験は、文字による視覚的な入力、彼の現在の体感覚、そして利用可能な臭いの感覚の記述によって表現されています。私たちの仮定では、読者は外側の世界から聴覚的な入力を何も受けていない場所にいるので、変数Aの値(彼の体験の聴覚の総量)は0です。変数V、K、Oの値は、現時点でその読者に作用している世界からの入力の記述によって規定されています。私たちは、読者の現在の体験についての4タップルを規定するときに、読者の外側の世界から発生している体験を表現するように自主制限したことに注意してください。4タップルは、読者の全体的な体験、すなわち、読者の外部の世界に由来するかどうかにかかわらず彼の現在進行形の体験を表現するためにも使えます。私たちは、4タップルで記述された体験の一部の起源を同定すること、すなわち4タップルによって表現されている体験のどの部分が、その体験が4タップルで表現されている人の外側の世界に由来し、どの部分がその人独自の内部プロセスによって生成されているのかを区別することが、私たちの仕事に役立つことを発見してきました。この区別を表現する簡単な方法の一つは、4タップルのそれぞれの構成要素にi(内部由来)又はe(外部由来)の上付き文字を付けるだけです。したがって、読者が現時点で内的対話とともに本を読んでいると仮定し、4タップルの構成要素が内部由来か外部由来かを区別する上付き文字を使うと、読者の4タップルは次のようになります。


印刷された本の文字(e)

この部屋の照明のパターン…

この椅子の感触(e)
この部屋の温度…


聴覚の内的対話のテンポと質(i)…

 

この部屋のにおい(e)

空気の新鮮さ…

 

このモデルの全ての区別と同様に、体験が内部由来か外部由来かについてのこの上付き文字の区別は、これが使用されるタスクに役立つときにのみ採用されます。

次のページ「リプレゼンテーショナル・システム」(3)へつづく

---------------------------------------------------

引用:Neuro-Linguistic Programming Volume
p.17-23





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール