ネットワーク













Our representational systems form the structural elementsof our own behavioral models. The behavioral "vocabulary" of humanbeings consists of all the experiential content generated, either internally orfrom external sources, through the sensory channels during our lives. The mapsor models that we use to guide our behavior are developed from the ordering ofthis experience into patterned sequences or "behavioral phrases," soto speak. The formal patterns of these sequences of representations are called strategies in neurolinguistic programming.

The way we sequence representations through our strategies will dictate thesignificance that a particular representation will have in our behavior, justas the sequencing of words in a sentence will determine the meaning ofparticular words. A specific representation in itself is relativelymeaningless. What is important is how that representation functions in thecontext of a strategy in an individual's behavior.

Imagine a young man wearing a white smock, sitting in a comfortable position, sunlight streaming through a high window to his right and behind him. To his left is a red book with silver lettering on its cover. As we look closer, we see him staring at a large white sheet of paper, the pupils of his eyes dilated, his facial muscles slack and unmoving, his shoulder muscles slightly tense while the rest of his body is at rest. His breathing is shallow, high in his chest and regular. Who is this person?

From the description he could be a physicist, visualizing a series of complex mathematical expressions which describe the physical phenomena he wishes to understand. Equally consistent with the above, the young man could be an artist, creating vivid visual fantasies in preparation for executing an oil painting. Or, the man could be a schizophrenic, consumed in a world of inner imagery so completely that he has lost his connection with the outside world.

What links these three men is that each is employing the same representational system−attending to internal visual images. What distinguishes them from one another is how each utilizes his rich inner experience of imagery. The physicist may in a moment look up to a fellow scientist and translate his images into words, communicating through his colleague's auditory system some new pattern he's discovered through his visualizations. The artist may in a moment seize the white sheet of paper and begin to rough in shapes and colors with a brushmany of them drawn directly from his inner imagerytranslating inner experience into external experience. The schizophrenic may continue his internal visual reverie with such complete absorption that the images he creates within will distract him from responding to sensory information arriving from the outside world.

The physicist and the artist differ from the schizophrenic in terms of the function of their visualizations in the context of the sequence of representational syštem activities that affect the outcome of their behavior: in how their visualizations are utilized. The physicist and the artist can choose to attend visually to the world outside or to their own inner visual experience. The process of creating inner visual experience is the same, neurologically, for all three men. A visual representation in itself
like the waterfall or the mold on the bread previously discussedmay serve as a limitation or a resource to human potential depending on how it fits into context and how it is used. The physicist and the artist control the process; the process controls the schizophrenic. For the physicist and the artist, the natural phenomenon of visualization belongs to the class of decision variables; for the schizophrenic it belongs to the class of environmental variables.


私たちのリプレセンテーショナル・システムは、私たち自身の行動モデルの構成要素を形成します。人間の行動の「語彙」は、内的あるいは外的な要因によって私たちの生活の中で感覚チャンネルを通して生成された全ての体験内容から構成されています。私たちの行動をガイドすることに使われる地図やモデルは、この体験を、パターン化された配列(patterned sequences)、言ってみれば「行動の語句(behavioral phrases)」として順序づけることによって開発されます。NLPでは、これらの表現の配列の形式的なパターンは「戦略」と呼ばれます。

私たちの戦略を通して表現を並べる方法は、文中の単語の配列が特定の単語の意味を決定するのと全く同様に、特定の表現の私たちの行動における意義を決定します。特定の表現それ自体には比較的意味はありません。重要なことは、その表現が個人の行動における戦略の文脈においてどのように機能するかです。

若い男が白いスモックを身に着け、快適な場所に座り、高い窓を通して太陽の光が彼の右側と後ろに差し込んでいるところを想像してください。彼の左には、その表紙に銀のレタリングが付いた赤い本があります。更に近づいてみると、彼は大きな白い紙を見つめ、目の瞳孔は広がり、顔の筋肉は緩んでいて動かず、肩の筋肉は少し緊張し、体の残りの部分は休息しているのが見えます。彼の呼吸は浅く、胸の高いところで行っており、規則的です。この人物は誰でしょう?

この記述から、彼は、理解したいと思っている物理現象を記述する一連の複雑な数学的表現を視覚化しようとしている物理学者かもしれません。同様に、この若い男は、油絵を創作する準備として鮮やかな映像の幻想を創造している芸術家かもしれません。あるいは、この男は、内面の心象世界に夢中になって外の世界とのつながりを完全に失った統合失調症患者であるかもしれません。

これらの三人の男性に関連していることは、それぞれが同じリプレゼンテーショナル・システム、つまり内部の視覚画像に関心を向けているということです。彼らを互いに区別しているのは、豊かな内部のイメージの体験をそれぞれがどのように利用するかです。物理学者は、瞬時に仲間の科学者を見上げ、彼のイメージを言葉に翻訳し、同僚の聴覚システムを介して彼が彼の視覚化によって発見したいくつかの新しいパターンを伝えるかもしれません。芸術家は、即座に白い紙をつかんで、内側の体験を外側の体験に翻訳しながら、ブラシで形や色その多くは彼の内部のイメージから直接描かれたものを荒仕上げし始めるかもしれません。統合失調症患者は、彼が創造するイメージが、彼が外側の世界からやってくる感覚情報に応えるのを邪魔するくらい完全に没頭しながら、彼の内部の視覚的夢想を続けるかもしれません。


物理学者と芸術家は、彼らの行動の結果に影響を及ぼす、リプレゼンテーショナル・システムの活動の配列という文脈(context)における視覚化の機能に関して、すなわち、それらの視覚化がどのように利用されるのかという点で、統合失調症患者と異なります。物理学者と芸術家は、視覚的に、外側の世界に参加するか、自分の内側の視覚体験に参加するかを選択できます。三人の男性全員にとって、内側の視覚体験を創造するプロセスは神経学的に同じです。視覚表現それ自体は、以前に議論した滝やパンのカビのように、それが文脈にどのように適合し、どのように使われるかによって、人間の可能性の制限にも資源にもなります。物理学者と芸術家はプロセスをコントロールしており、統合失調症患者はプロセスにコントロールされています。物理学者と芸術家にとって、視覚化の自然現象は、決定変数(訳注:制御可能な変数(数学用語))のクラスに属しています。一方、統合失調症患者にとって、それは環境変数(訳注:OSが提供するデータ共有機能の一つ(IT用語)。タスクに対して外部からデータを与え、タスクの挙動・設定を変更するために用いる仕組み。)のクラスに属しています。


次のページ「リプレゼンテーショナル・システム(5)へつづく


---------------------------------------------------

引用:Neuro-Linguistic Programming Volume
p.17-23





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール