サンクチュアリー(Sanctuary)は、1980年代にジョン・グリンダー博士が開発したモデルで、ニューコードNLPの最も実質的なパターンによって構成されています。Sanctuary という言葉は、直訳すると、「神聖な場所」「聖域」「安らぎの場所」などを意味します。ニューコードNLPのモデルにおいては、A safe place which nothing cantouch you すなわち、「誰もあなたに触れることができない(自分自身を保護するための)完全に安全な場所」を意味します。

 

サンクチュアリーのパターンは、自分が望まないステートXの、一番早くに起きるトリガーポイント(反射的な反応を引き起こす瞬間)に気づき、そのトリガーポイントと、エクスプローラーによって設計され構築されたサンクチュアリーステートをつなぐことを目的としています。そして、サンクチュアリーのパターンの成果は、エクスプローラーが望まないステートXにどっぷり浸かってしまっていることに気づいた状況を経験したときに、自分で自動的にサンクチュアリーステートにアクセスできるようになることです。

 

サンクチュアリーは、次の2つのステートに対応します:

 

a)速い動きのステート:

あまりにも急速に自分自身を飲み込んでしまうので、自分でもそのステートになっていることに気づかない、瞬間的に起こるステート。あるいは、そのステートに入る速さが原因でそれにはまってしまうステート。例えば、カッ!となるような激しい怒り(rage)や、ビクッ!とするような恐怖(fear)などが挙げられます。

 

b)遅い動きのステート:

あまりにもゆっくりと自分自身に(忍び足のように)近寄ってくるために、深くそれを体験するまでは意識的に気づくことがないステート。長い年月をかけて少しずつ変化を起こしているのですが、その変化があまりにも小さいために、知らず知らずのうちに自分自身がその中にすっかり取り込まれていて、そこから抜け出せなくなってしまうステート。例えば、気分の落ち込みや鬱(depression)が挙げられます。

 

このエクササイズを行うことで、過去のトラウマを思い出したりストレスがかかる状況に置かれたときに、自分自身で完全なる安心感と無限のリソースに満ちたサンクチュアリーのステートを選択し、それを維持することができるようになります。
 

イメージ


 









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク