リビング










症状を信号に変換する

 

患者がふつうに示すような忌避、抵抗、拒否の姿勢でなく、敬意をもって問いかける姿勢で心身の症状に向き合うことが、状態依存記憶・連想にアクセスする第一歩である。そのような記憶・連想は表出し、発展したがっている(個性化したがっている)、人格のさまざまな要素からの合図・信号かもしれない。ふつう私は、一つの症状を患者の内面でより大きく創造的に発展するための信号に変換するという概念を、おおむね次のように話している(Rossi, 1986b, p.20)。

 

あなたは一日中いつでも必要に応じて真にゆったりと休息をとるだけで、自然なかたちの自己催眠を利用できます。ただ目を閉じて、いちばん心地よく感じるからだの部位に心を集中するだけでいいのです。心地よい部位を突き止めたら、ただその心地よさにひたり、それが自然に深まってからだ中に広がるままにしておいてください。その心地よさは言葉以上のもの、単になまけた状態以上のものです。本当の心地よさに深くひたることは、あなたの副交感神経系−あなたに生まれつきそなわったリラックスの反応−をはたらかせることです。これは、あなたのからだの自然なウルトレイディアン・リズムの休息の相がもつ癒しの力を、最大に高める最も簡単な方法です。

 

内なる心地よさを求めながら、あなたが解決したいと思っている症状、障害、問題を、創造的無意識がどうやって解決していくのだろうという、「不思議さを感じて」みてください。あなたの無意識は、あなたのあらゆる生物学的、心的なプロセスに内側からはたらきかけてきます。何かの障害をかかえているとしたら、それはたぶん過去からの何らかの不適切なプログラムが、あなたの無意識の内部の自然な調整プロセスを妨げてきたからなのです。一日を通してのウルトレイディアン・リズムの中で、正常な休息時間を受け入れ、それを楽しむことで、あなたは自分のからだと心の自然な自己調整作用に、問題の解決と癒しをゆだねているのです。

 

このような催眠治療を行う時は、症状と自己に対するあなたの態度が非常に重要です。症状、障害はじつはあなたの友なのです。あなたの症状は、いまの生活に創造的な変化が必要だという信号なのです。ウルトレイディアン・リズムにもとづく自己催眠で心地よさにひたっている間に、自分の人生について、本当は何をのぞんでいるのか、それをどう獲得するかについて静かな洞察を得ることがよくあります。ウルトレイディアン・リズムにもとづく自己催眠を規則的に行うことで、新しい思索、喜び、より大きな気づき、人としての成熟が得られるのです。

 

【症状を信号に変換する】

1.症状を信号に変換するための評価

1から100までのものさしで100が最悪だとしたら、あなたが今経験している症状、痛み、不快感などはいくつぐらいですか」
「その症状の強さは、じつはもう一つの内なるあなたがどれくらいよく認められ、理解されたいと求めているかの信号なのです。そのことに気づいてください」

 

2.症状の意味にアクセスし、問いかける

「あなたの内なる心(創造的無意識その他)が、症状のより深い意味にあなたが気なづくのを助ける用意ができたら、自分が落ち着いて、心地よくなり、やがて目が閉じてくるのを感じてみましょう」(間)「その症状の根源を振り返って、(間)自分に何を語ろうとしているのかをその症状に尋ねてみましょう」(間)「あなたの生活・人生にどんな変化が必要なのか、その症状と話し合ってみませんか」

 

3.新しい意味の重要性と価値を確認する

「あなたの症状が大切な信号だとしたら、それをどのように使いますか」
[新しく出てきた意味がどんなものであれ、患者はその重要性を直観的に認識できる。新しい意味は、つねに感情(涙、高揚、感謝)をともなって現れる。この時点で症状の強さを再評価すると、ふつうは数字が下がったりゼロになったりするので、この内面的な取り組みの価値が確認できる]
(精神生物学」p.350-351)

 

 




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事投稿日:2020/06/15