この文章を読んでいる皆さんは、この白いページに載っている黒いインクの固有のパターンを取り出し、あなた自身のためにそこから意味を作り出す戦略を持っています。これらの文字の配列は、先ほど説明した他の視覚化現象と同様に、それらに適用してきた自分の個人的歴史の感覚体験の外では意味はありません。言葉は、書かれたものも話されたものも、私たちの中で一次感覚表現を引き起こす単なるコードです。これまで見たことも聞いたこともない言葉は、それを適用した感覚的な体験がないので、私たちにとって意味はありません。(二次体験としての言語についてのさらなる議論については、パターン参照)

例えば、あなたがこれらの言葉を読むとき、あなたの目がこの文章の文字によって形成されている視覚的パターンを伝えるにつれて、貴方の頭の中でこの言葉を言っている貴方自身の声を聞くかもしれません。もしかしたら、あなたは、ここに印刷されているのと同じ音の言葉を、誰か他の人があなたに話したことがあるのを思い出すかもしれません。もしかしたら、これらの視覚パターンは、貴方の中で喜びや認識のいくつかの感情にアクセスしているかもしれません。あなたは、あなたが最初に白いスモックを着た若い男の記述を読んだとき、あなたが読んでいるもののイメージを作ったことに気づいたかもしれません−あなたは、私たちが記述したその若い男が使ったのと同じ意味を作るための表現の戦略を使っていたのです。

 

印刷されたシンボルを内部イメージ、聴覚表現、感触、味、あるいは臭いに変換する能力は、私たちが人間としてそれぞれ利用できる、意味を作るための戦略を使用可能にしています。特定の戦略は特定の文脈で意味を創出するために非常に効果的であり、他の戦略は他のタスクに対してより効果的です。あなたがレコードを聴いたり、治療をしたり、サッカーをしたりしているときには、外部の視覚的シンボルを内部の聴覚対話に変換する戦略は適切ではありません。

この本は、私たちがメタ戦略と呼ぶものを提供します。すなわち、戦略に関する戦略です。より具体的には、この本は、私たちが環境の中で、そして環境に対して働きかけることを可能にする戦略を、どのように導き出し、特定し、利用し、設計し、導入するかについて説明します。NLPは、あなたの体験を環境変数のクラスから決定変数のクラスに次元をシフトさせるとともに、必要に応じて他の人がそれを行うことを助けるために設計された明確なメタ戦略です。NLPは、それを用いることによって貴方がコントロールしたいと望んでいる貴方の体験の部分に対するコントロールを得ることができ、あなたが現在もっていない選択肢を作成し、他の人が必要なあるいはほしい選択肢を確保するのを助けるために使用できる明確なメタ戦略です。

 

次のページ「リプレゼンテーショナルシステム:行動の構成要素(6)」に続く


Each of you reading this sentence has a strategy for taking the peculiar patterns of black ink on this white pageand making meaning out of them for yourself. These sequences of letters, likethe other visualization phenomena just described, are meaningless outside of the sensory experiences from your own personal history that you apply to them.Words, both written and spoken, are simply codes that trigger primary sensory representations in word that we have never seen or heard before will have nomean us. A to us because we have no sensory experience to apply to it. (For a further discussion of language as secondary experience see
Patterns.)

As you read these words you may, for example, be hearing your own voice inside your head saying the words as your eye reports the visual patterns formed by lettersin this sentence. Perhaps you are remembering words that someone else hasspoken to you before that sounded similar to those printed here. Perhaps the sevisual patterns have accessed some feelings of delight or recognition within you. You may have noticed, when you first read the description of the young manin the white smock, that you made images of what you were reading−you were using the same representational strategy for making meaning that the young man in our description was using.

The ability to transform printed symbols into internal images, into auditory representations, into feelings, tastes or smells, allows us to use strategies for making meaning that are available to each of us as human beings. Certain strategies are highly effective for creating meaning in certain contexts while others are more effective for other tasks. The strategy oftaking external visual symbols and translating them into internal auditory dialogue would not be appropriate if you were listening to a record, doing therapy or playing football.

This book presents what we call meta-strategies: strategies about strategies. More specifically, this book describes how to elicit, identify, utilize, design and install strategies that allow us to operate within and upon our environment. NLP is an explicit meta strategy designed for you−to shift dimensions of your experience from the class of environmental variables to the class of decision variablesand, when appropriate, to assist others to do so. NLP is an explicitmeta-strategy by means of which you may gain control over portions of your experience which you desire to control, an explicit meta-strategy for you touse to create choices that you presently don't have and to assist others insecuring the choices they need or want.

知覚システム









引用:Neuro-LinguisticProgramming: Volume機The Study of the Structure of Subjective Experience p.21-22

Amazon:
Neuro-Linguistic ProgrammingNeuro-Linguistic Programming [ハードカバー]
John Grinder
Richard Bandler
Robert Dilts
Judith DeLozier







NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク







記事更新日:2020/06/17