New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

ビジュアル・スカッシュ

ビジュアル・スカッシュ

ビジュアル・スカッシュ(Visual Squash)の初期バージョンと進化バージョンについて

ロバート・ディルツ氏とジュディス・ディロージャ女史が編纂した NLP University Version(NLP事典) では、ビジュアル・スカッシュの初期バージョンと進化バージョンについて下記のように説明しています。

Visual Squash:
 The Visual Squash is an early NLP technique developed by Richard Bandler and John Grinder(The Structure of Magic Volume , 1976) as a means to sort and integrate conflicting parts or polarities. In the Visual Squash process, mental images(often symbolic) representing different“parts”of a person are imagined as being in one's left and right hands. The hands are then brought together and the images are synthesized to form a new picture representing the combination or‘integration’of the previously distinct parts.
 The Visual Squash procedure can be viewed as a mean of visually collapsing or integrating“anchors.” The images serve as symbols or“anchors”for particular internal states or psychological parts of a person. Bringing the two images together is like“firing”both anchors at the sametime.
 Since its initial formulation, the Visual Squash process has evolved into a number of more sophisticated techniques, involving the negotiation between parts, and the exploration of the positive intention of the different polarities. The Visual Squash is also the inspiration for the Belief Conflicts process, in which conflicting beliefs are identified, reframed and integrated.

ビジュアル・スカッシュ

【ビジュアル・スカッシュ(Visual Squash)の意味】
ビジュアル(Visual)・・・視覚として具現化されるもの(mental images)
スカッシュ(Squash)・・・原型をとどめないほど押し潰すこと。心の問題を鎮圧すること。

----------------------------------------------------------------------
【NLPモデル「ビジュアル・スカッシュ/初期バージョン」の演習手順】
1.対立する2つのパーツを特定する
2.対立する2つのパーツを具現化する(直観的に浮かんだ色や図形をシンボルとして使う)
3.2つのパーツを統合するための同意を得る
4.2つのパーツのアンカーを統合する
5.1つに統合された新しいパーツをVAK表出する

----------------------------------------------------------------------
【NLPモデル「ビジュアル・スカッシュ/進化バージョン」の演習手順】
1.対立する2つのパーツを特定する
2.対立する2つのパーツを具現化する(自分自身のミニチュアをシンボルとして使う)
3.2つのパーツそれぞれとアソシエートする(各パーツの言い分を引き出す)
4.2つのパーツそれぞれをチャンク・アップする(各パーツの肯定的意図を引き出す)
5.2つのパーツそれぞれをチャンク・ダウンする(各パーツの価値ある資質を引き出す)
6.2つのパーツを統合するための同意を得る
7.2つのパーツのアンカーを統合する
8.1つに統合された新しいパーツをVAK表出する

----------------------------------------------------------------------
この演習における「統合」とは、2つの分離したパーツを融合して、全体的に統合された1つの人格を形成することを意味します。
テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • NLPプラクティショナーコース東京2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡5期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡5期のお知らせ
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」東京開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」東京開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」東京開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」大阪開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」大阪開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」大阪開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」福岡開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」福岡開催
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」福岡開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」福岡開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」福岡開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」福岡開催
  • NLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」福岡開催
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • NLPマスタープラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPマスタープラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPマスタープラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPマスタープラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPマスタープラクティショナーコース福岡3期のお知らせ
  • NLPマスタープラクティショナーコース福岡3期のお知らせ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ