ニューコードNLPにおける「モデリングの定義」については、2005年10月に、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史によって発表されたNLP(神経言語プログラミング)の用語定義の提案声明によって明らかにされています。この声明では、NLPにおけるモデリングの概念について、無意識的に行う「NLPモデリング」と、意識的に行う「分析的モデリング」の2つのタイプに分けて考える必要があると述べられています。

----------------------------------------------------------------------
【NLPモデリング】

●NLPモデリングは、無意識的モデリングである。
 ・NLPモデリングは、NLPの真髄である。
 ・NLPモデリングは、グリンダー氏がモデリングとして認める唯一の形態である。
  →その理由は、ファシリテーターがクライアントに押し付ける要素が少ないため。

●NLPモデリングは、全体的モデリング(total modeling)である。
 ・モデラーは、F2(意識的に理解しようとするすべての思考)を一時停止して、モデリング対象者に対する無意識的な同化(unconscious assimilation)を行う。 
● 
●NLPモデリングには、DTI(深い変性意識状態による自己同一化)などがある。


----------------------------------------------------------------------
【分析的モデリング】

●分析的モデリングは、意識的モデリングである。
 ・NLP業界における「モデリング」は、分析的モデリングを指していることが多い。
 ・グリンダー氏は、分析的モデリングをNLPモデリングとして認めていない。
  →ファシリテーターがクライアントに押し付ける要素が多いため。

●分析的モデリングは、部分的モデリング(parts modeling)である。
 ・モデラーは、モデリング対象者の言葉や行動パターンを小さなチャンクに分解し、それらの構成要素をパターン化(公式化)する。

●分析的モデリングには、ストラテジーの引き出しとインストール三重記述などがある。
----------------------------------------------------------------------

7e29928369fa007d58789e4eddfefb55_m