NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、パフォーマンスの高い状態を作り出す方法として、自分自身のステートを管理するためのいくつかのモデルを生み出しました。

ここで注意をしなければならないことは、自分が望むステートを得るための方法として、ステート・コントロール(State Control)という言葉を使用すると、自分の内部(無意識の領域)にあるパーツ同士が対立を起こし、結果としてモチベーションが下がったり、心身の不調を招いたりする可能性があるということです。ステートの大半は、無意識の領域が関与しているので、実際にはコントロールすることはできないのです。

そこで、グリンダー博士は、ステート・チョイス(Choice of State)という言葉を使うことを推奨しています。これは、その場その場によって、いくつかのステートを自由に選択するということを意味します。また最近では、ステート・シフト(State shift)という言葉も推奨しています。

--------------------------------------------------------
【高いパフォーマンス状態を作り出す方法】

グリンダー博士は、自分が望むステートを自由に選択することができ、かつ、パフォーマンスの高い状態を作り出す方法として、次の2点を挙げています。

1. 卓越性の連鎖を活用する(Chain of Excellence)
2. ノウ・ナッシング・ステートをアンカーリングする(Know-Nothing State)

ステートが最適な状態とは、外に向けて開いている状態です。ここに挙げた「卓越性の連鎖」と「ノウ・ナッシング・ステート」は、ニューコードNLPのもっとも重要なコンセプトです。


虹









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール