New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

NLPモデリング

私は、誰にでもなれる。

私が、自分の人生で、仕事の面でも個人的な面でも、これはチャレンジだな、大変な状況だなということが起こった時、自分で自分に質問します。 

『私がこれまで直接一緒に過ごすことができた素晴らしい人たち、あるいは、直接会ったことはないけれど歴史的に知っている素晴らしい人たちの中で、この困難な状況に一番いい対処の仕方を知っているのは誰だろうか』
 

そしてこの困難な状況に対処することができる「その人」になります。まず最初に自分の身体の状態が変わります。そして自分の声の質も変わります。そして完全に「その人」になります。この変化は一見、多重人格者のように見えるかも知れませんが、その時々で意図的に選択することができていれば問題ありません。

このように、自分自身がたくさんの選択肢を持っていて、自分に起こったその時々の状況に対して、『この状況に対処するには、この人になろう』というように意図的に選択することができるようになれば、あなたは万能になります。
 

私は告白することがあります。ミルトン・エリクソンは亡くなりました。グレゴリー・ベイトソンも亡くなりました。私の人生に影響を与えた多くの人がこの世を去ってしまいました。でも彼らは死んでないんです、実は、ここにまだ生きています。私はエリクソンになれます。私はベイトソンにもなれます。みなさんもNLPを規律正しく実践し、頑張って練習をしていれば、あなたは好きな歴史上の人物でも誰にでもなれるのです。
 

2013年4月25日(東京)ジョン・グリンダー博士特別講演会「天才のモデリング」にて

41eb2b1f5851e0a31d4c78242025e76e_m




NLPモデリングの5つの段階

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士が提唱する「NLPモデリング」のプロセスは下記の通りです。

------------------------------------------------------------------------------------------
【NLPモデリングにおける5つの段階】

Step 1. fine genius.
     適切なモデル、すなわち、天才(パフォーマンスが常に高度な人)を特定する。

Step 2. assimilate the patterning unconsciously.
     ノウ・ナッシング・ステートにおいて、天才のパターンを無意識に吸収する。

Step 3. practice in a parallel context.
     ノウ・ナッシング・ステートを保ちながら、同じような状況で練習する。

Step 4. code the patterns.
     パターンをコード化する。(言葉や図表などへのマッピングを行う)

Step 5. test the coded model.
     コード化したモデルをテストする。

------------------------------------------------------------------------------------------
【NLPモデリングを行う際に必要なこと】

●無意識のプロセスとコミュニケーションを図るための自発的な不随意シグナルの確立。
●ノウ・ナッシング・ステートに入り、それを維持する能力。
●クリーンで強力な第3ポジションの確立。
●内的対話を鎮めること。内的対話を起こさないという選択を持つこと。
●自分の身体のステートをマネジメントすること。
●どのような特定のステートも再活性化できる能力。
●極微筋肉運動およびモデルが出す音を、どのようなものであれ、内側でこだまのように繰り返すこと。

------------------------------------------------------------------------------------------
【NLPモデリングを行う際に理解しておくこと】

●モデラーが自らモデリングを行うさまざまなアクティビティが、純粋にコンテント(内容)であること。
●アクティビティのマスターよりも、必要に応じて、ノウ・ナッシング・ステートに入って保持する能力。


モデルが見せるさまざまなアクティビティは、モデルが、ノウ・ナッシング・ステートの状態でどのようなパターンに対応できる能力があるか、その目安を示しているに過ぎません。そして、モデラーがそうしたパターンをどのくらい吸収できる能力があるのかがポイントとなります。モデリングの演習を行うときは、初歩的な場合、モデラーがそうしたパターンをどのくらい吸収できたかについてフィードバックしやすいように、ダンサーやパフォーマーなど、身体的要素が強いアクティビティを選択するのが良いでしょう。覚えておいて欲しいのは、いつものように、アクティビティの内容はたいして重要ではないということです。重要なのは、常に、それに関わるプロセスにあります。

by ジョン・グリンダー博士&カルメン・ボスティック・サンクレア女史
2013年4月30日(火)東京にて

IMG_1678

テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの詳細
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ