New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

カリブレーション

カリブレーションのエクササイズを行うとき

日本には3.11という地震と津波の被害がありました。このような場面に遭遇した人のように、とても深いトラウマをもったクライアントにセッションを行う場合、ニューコードNLPのファシリテーターは、クライアントのステートの変化を、自分の身体の中で感知することができます。セッションの途中でクライアントのステートの変化を感知したら、それをよく観察しましょう。そして、そのままセッションを続けるか、中断するか、選択することができます。

by ジョン・グリンダー(2011年5月・東京にて)

John_Grinder














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


カリブレーションと日本人

日本では、ミラーニューロンや共感覚(synesthesia) に由来する自然なラポールが、文化的なトレーニングの中に入っています。ですから、日本人は、他人の気持ちを察することができる民族であり、この感覚を意識化することによって、さまざまな場面で意識的に使うことができるようになります。

by ジョン・グリンダー(2011年5月・東京にて)

John_Grinder













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


カリブレーションには2つのタイプがある

カリブレーションには、次の2つがあります。

(1)自分の目で見たカリブレーション
(2)自分の身体をセンサーのようにして使うカリブレーション


そして、(2)のタイプは、ミラーニューロンや共感覚(synesthesia)と関係しており、フィルタリングを必要とするカリブレーションである。

by ジョン・グリンダー(2011年5月・東京にて)

John_Grinder














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


カリブレーションについて

カリブレーションは、「NLPのすべてのスキルセットの母」と言ってもよいほど大切なスキルです。コミュニケーション相手に対するカリブレーションで検知できるもの、すなわち観察できるものは、表面にもたらせているものであり、内的反応の結果です。

by ジョン・グリンダー(2010年5月・東京にて)

John_Grinder














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


カリブレーションの方法

【カリブレーションの方法】

(1)周辺視野を使う。

(2)相手の外的反応、即ち、身体変化のパターン(差異、反復、リズム)を観察する。

(3)相手の外的反応を観察することだけを行い、その意味を解釈してはならない。

-----------------------------------------------
【カリブレーションで観察する外的反応の例】

〔姿勢〕
身体全体の姿勢、座高(頭の高さ)、胴体の重心、頭の傾き

〔しぐさ〕
身振り、手振り

〔呼吸〕
呼吸の位置(胸式呼吸、腹式呼吸)、呼吸の深さ、速さ、リズム
※呼吸はカリブレーション対象者の肩のラインの上下運動で観察すると良い。

〔顔面〕
皮膚の張り、皮膚の色(顔全体、顔の一部)、シミ、シワ

〔眼球〕
視線、眼球の動き、瞳孔のようす

〔唇〕
唇の大きさ、厚み、形状、縁、色、張り、質感、水分、動き
※唇は、特に下唇を観察する

〔口のまわり〕
筋肉の緊張と弛緩

〔耳たぶ〕
筋肉の緊張と弛緩

〔極微筋肉〕
目のまわり、口もと、あご、その他

〔話し声〕
音量、高さ、速度、抑揚、リズム、話す間合い(長さ、規則性)


海







NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


カリブレーションについて

【「カリブレーション」の一般的な意味】

カリブレーションは、一般的な用語として、(鉄砲などの)口径、口径測定、(計器などを用いた)測定、調査、調整、(計器の)目盛り、などを意味します。


鉄砲






------------------------------------------------------------------------------------------
【NLPの用語としての「カリブレーション」の意味】

●NLPでは、進行中のコミュニケーションにおいて、相手の観察可能な無意識的反応(行動上のシグナル)を検出し、それらを、特定の内的な思考反応および情緒的反応と結びつけることを
「カリブレーション」(calibration)と呼びます。

●NLPでは、進行中のコミュニケーションにおける相手の内的反応について、先入観や思い込みを持つかわりに、無意識的反応(行動上のシグナル)のパターンを示唆する極微的な変化を読み取る能力を養成します。

イメージ







NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの詳細
  • 「ジャグリングで周辺視野を広げる」レッスンのご案内
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの詳細
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ