New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト:
http://www.nlp-school.jp/

ニューコードNLPスクール日本語研究部:
http://nlp-kotoba.blog.jp/

■ラポール

ガムラン音楽を使ったラポールの体験

ニューコードNLP研究会「ガムラン音楽を使ったラポールの体験」


●日時:2013年05月19日(日)19:00〜21:00
●会場:アクロス福岡(会議室703)
●講師:中島志保(ニューコードNLPトレーナー)

本日のニューコードNLP研究会では、参加者の皆さまにトーンチャイムという楽器を使って外的な聴覚(Auditory-external)を養っていただき、自分自身の内的状態や対人コミュニケーションがどのように変化するかを体験していただきました。

1つ目のエクササイズでは、ペアになっていただき、聞き手と話し手に分かれて3分間、自由な会話をしていただきました。その後、15分間、トーンチャイムを使って、12本のトーンチャイムの中から「相手が鳴らした音と同じ音を探す」というワークをしていただき、その後にまた(同じペアで)会話をするという手順で行いました。エクササイズ後のフィードバックでは、「12本のトーンチャイムを使って、相手が鳴らした音と同じ音を探す」という体験をした後は、ペアで会話をする際、相手とのラポールが感覚的にわかるようになり、ラポールを意識しながらスムーズに会話をすることになったというものや、外的聴覚を養うことによって、会話の相手の話のコンテンツ(内容)ではなく、相手が話している声の質や響き、抑揚や速度など、プロセスの部分を意識するようになったというものがありました。また、そのプロセスの部分には、話のコンテンツ(内容)とは比較できないような普遍的な情報が含まれていることに気づきましたというコメントもありました。

2つ目のエクササイズでは、25本のトーンチャイムを使って、参加者全員でひとつの大きな輪になり、インドネシアの民族音楽ガムランの音階(C,D♭,E♭,D♭,G,A♭,または、C,D♭,E♭,G♭,A♭)を使って、ひとつの音楽を即興的に創作するというエクササイズを行いました。このエクササイズでは、「音楽の始まり、クライマックス、音楽の終息」のひとつの流れが、完全に参加者全員の無意識に委ねられていて、音と音の間の阿吽の呼吸といった空気感や、音と音が重なり合うときのシンクロニシティの感覚、そして、クライマックスから終息に向けて、全員が無意識レベルでひとつにつながり、ひとつの美しい音楽にまとまっていく体験をしていただき、ニューコードNLPにおいては非常に強力で純粋なラポールを構築する体験となりました。

インドネシアのガムラン音楽を奏でる楽器群(イメージ画像)
ガムラン楽器











上記のエクササイズを、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士にプレゼンしましたところ、次のようなフィードバックをいただきましたのでご紹介いたします。

「ガムラン音楽は特殊なリズムを使います。演奏者はひとりひとり皆バラバラで、それぞれ違った方法でトランスに入っていきますが、音楽が進行していく中で、集合体としてひとつのものにまとまっていきます。この演奏を体験したならば、NLPの非常に強いラポールを築く有効な方法となります。なぜならば、ひとりひとり、別々の楽器、別々の音を使って、個人個人で音を奏でていくのだけれども、それぞれが無意識的に影響し合って、次第に強力なラポールを築くというプロセスを経験できるからです。本当に素晴らしいワークとなるでしょう」
(ジョン・グリンダー博士の言葉, 2013年5月2日東京にて)


共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/08/04

ガムラン音楽とラポール

ガムラン楽器











ガムラン音楽は特殊なリズムを使います。演奏者はひとりひとり皆バラバラで、それぞれ違った方法でトランスに入っていきますが、音楽が進行していく中で、集合体としてひとつのものにまとまっていきます。この演奏を体験したならば、NLPの非常に強いラポールを築く有効な方法となります。なぜならば、ひとりひとり、別々の楽器、別々の音を使って、個人個人で音を奏でていくのだけれども、それぞれが無意識的に影響し合って、次第に強力なラポールを築くというプロセスを経験できるからです。本当に素晴らしいワークとなるでしょう。

by ジョン・グリンダー(201352日東京にて)

Grinder
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/08/04

呼吸を合わせること

言葉をつかわなくても呼吸と姿勢だけでラポールが形成できます。ラポールを形成するために最も重要なのは呼吸を合わせることです。

John Grinder
Grinder















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/08/01

ラポールの形成について

NLPでは、ラポールを形成して維持することができる特定のプロセスや手順を認知し、それをモデリングし、コード化してきました。このなかで、最も基本的なラポール形成のプロセスは2つあります。ひとつはミラーリング(Mirroring)、もうひとつは交差ミラーリング(Crossover Mirroring)です。この2つはラポールにおけるもっともシンプルなプロセスです。その他にも極微筋肉ミラーリング(Micro muscle Mirroring)というモデルがあります。

会話










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/08/01

「ラポール」には2つのタイプがあります

ニューコードNLPでは「ラポール」という用語を「無意識的な注意をひきつけて維持すること」と定義しています。

また、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、「ラポール」について次のような例をあげています。

「口喧嘩をしている恋人たち」というよくあるケースを例にとってみましょう。2人の恋人によって示される劇的で情熱的な状況の真っただ中で、2人がお互いに「反応しないではいられない」ということが非常によく分かります。お互いが最終的な言葉を取ることに躍起になっていて、相手の示したジェスチャー、顔の表情、コメントにひとつひとつ反応します。このとき2人は「深いラポール」形成しています。これは2人、あるいは2人の周囲の人々にとって望む種類のラポールではないかも知れませんが、この時点で2人がラポールを形成しているということは明らかです。

Take as a not uncommon example, two lovers who are in the midst of a quarrel. It is quite clear amidst the drama and passion displayed by these two lovers that they cannot NOT respond to one another. Each insists on having the last word; each insists of responding to the last gesture, facial expression, comment by the other. They are deeply in rapport−it may not be the kind of rapport they would prefer(as well as others around them)but it is clear that they are in rapport in the sense that we propose here.(John Grinder)

このグリンダー博士の例から、ラポールにはポジティブなラポール(positive rapport)とネガティブなラポール(negative rapport)の2つのタイプがあることがわかります。


男女










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/31

フランツ・アントン・メスメルの治療方法

ドイツで生まれウィーンで活躍した医師フランツ・アントン・メスメル(Franz Anton Mesmer 1734-1815)は、動物磁気(magnetisme animal)と名づけられたものを提唱し、後に、これによる治療法はメスメリズム(mesmerism)と呼ばれました。

フランツ・アントン・メスメル
フランツ・アントン・メスメル












メスメルは、患者たちを、個別療法と集団療法の両方で治療しました。個別療法では、メスメルは、患者の前に、お互いの膝が触れ合うくらいの距離で座り、両手で患者の両方の親指を押し、患者の目をじっと見ました。そしてメスメルは、患者の肩から腕に沿って手を動かす “passes”(手の動き)をしました。それから患者の季肋部(横隔膜の下あたり)を指で押し、時々は何時間もそこに手を置いたままでいました。多くの患者たちは、奇妙な感覚を覚えたり、治癒されると考えた痙攣を起こしたりしました。そしてメスメルは、治療の最後に、謎の楽器「グラス・アルモニカ」で曲を演奏することもありました。

1780年頃、メスメルは、“baquet”(バケツ)として知られる集団治療法を確立しました。その治療を見たあるイギリス人医師は次のように記述しています。

部屋の中央に、約1フィート半(45cm)の高さの桶が置かれていて、ここではそれを“baquet”(バケツ)」と呼んでいた。まわりに20人くらいの人々が楽に座れるくらいの大きさである。そしてそれを覆う蓋の端近くに、それを囲む人々と同じ数の穴が開けられている。その穴の中に、患者に適用されることになっている身体の部分に応えるために、右側に曲がった、高さの異なる鉄の棒を挿し込む。鉄の棒の他に、バケツと患者の1人を繋ぐロープもあり、その患者から他の患者に次々と手渡されて、ロープは円になる。最も著しい効果は、メスメルが近づいたことで生み出される。メスメルは患者に触れることなく、手または目の決まった動きだけで“du fluide magnetique”(流体)を伝達すると言われる。私はその効果を目撃したという人、手の動きで痙攣が引き起こされ、除去されたという人の何人かと話したことがある。


メスメルの墓
メスメルの墓








【参考文献】
Wikipedia: フランツ・アントン・メスメルより引用


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/31

「ラポール」という言葉について

「ラポール」(Rapport)とは、ドイツで生まれてオーストリアの首都ウィーンで活躍した精神科医フランツ・アントン・メスメル(独:Franz Anton Mesmer,仏Frederic-Antoine Mesmer,1734-1815)が、動物磁気(magnetisme animal,en: Animal magnetism)に感応した患者と自分との間に生じた「関係」を表現するために用いた言葉です。

Franz Anton Mesmer(1734-1815)

フランツ・アントン・メスメル












その後、「ラポール」という言葉は、治療を行う者と患者との間にできる「お互いを信頼し合い、安心して自由に振る舞ったり感情の交流を行うことができる関係が成立している状態」をあらわす言葉として用いられるようになりました。このことから、今日、「ラポール」という言葉は、「信頼関係」を意味する臨床心理学の用語となっています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/31

「ラポール」という言葉について

【一般的な意味】

●人と人の関係における
 「親和関係」、「信頼関係」、「協調関係」、「意思疎通」など。

●対面的な場面における
 「面接者と面接対象者との間に作られる親和的、共感的関係」など。

●気持ちや考えにおける
 「共感、信頼、信用、同調、一致、理解、好ましさ、思いやり」など。


【NLPの用語としてのラポール】

●「無意識的な注意をひきつけて維持すること」


人々












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校

ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/31

rapport の意味と語源

rapport

〔古16c; フランス語 raport/rapporter(戻す、持ち帰る、報告する、回復させる)より〕
 
〔名詞〕
1. (親密な)関係
2. 一致、調和
3. (人との)和、思いやり
4. (意志の)疎通性
5. (交霊会で霊媒による)交信、交霊


〔関連語〕





ハグ












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/31

テーマ
記事検索
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
メンバーリスト
photo garally アメリカ
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • サンタクルーズの海岸を歩く
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • ライブドアブログ