【カリブレーションに関する質問】

A.コミュニケーション相手の外的行動をカリブレーションしている時、その人の話を聞いていないように思われないでしょうか?

Q.それはありません。
私たちは、NLPのトレーニングによって、コミュニケーション相手の「会話内容」と、その人の姿勢、仕草、呼吸、眼球の動き、極微筋肉の動き、話し声、言葉使いなどの「外的行動」を同時に意識することができるようになります。これをNLPではマルチ・タスク・プロセッシング(複数のタスクを同時に処理すること)と呼んでいます。

マルチ・タスク・プロセッシングの能力は、通常、右脳と左脳を結んでいるブリッジ部分である脳梁という器官が太い場合に高められると言われています。脳梁は、一般的に、男性よりも女性の方が太いので、女性は複数の仕事を同時に遂行できる傾向があります。また、NLPのさまざまな演習を行うことによって、自然に脳梁が太くなり、マルチ・タスク・プロセッシングの能力が高まってきます。

脳梁のイメージ
脳梁