体感覚のリプレゼンテーショナルシステムはいくつかの重要な要素に区分されます。肉体からの感覚入力は体性感覚として分類されます。これに含まれるものとしては、温度、接触、痛み等についての外受容感覚(=外部環境の情報伝達にかかわる感覚)、私たちに体の位置、振動、体内の痛み、圧力等についての情報を与えてくれる筋肉、腱、関節からくる自己受容感覚(=消化器官、血管、筋肉内にあって体調を伝達する感覚器官にかかわる感覚)、体内器官からくる痛みと満腹感などの内臓感覚(内臓にかかわる感覚)の3つがあります。

しかし、私たちの言語では、もうひとつの「フィーリング」、つまり、私たちが感情と呼ぶものが確認されています。ある人が「傷ついた」というとき、その言葉は自分の皮膚の圧力または痛みのことを意味しているのかも知れませんし、あるいは感情と呼ばれる、何らかの「内的状態」のことを話しているかも知れません。

実際、それらの2つの意味は非常に類似したものです。感情的に「傷つく」ということは、いくつかの体性感覚の複合体を経験することだからです。例えば、目と顔のまわりの緊張、姿勢の変化、内部筋肉の繊維、腱、関節の緊張が存在するかも知れませんし、さらに圧迫や収縮といった形で内臓からの情報入力をともなっている場合もあります。

この感覚入力が他の思考過程と結合したとき、感情的に「傷ついた」という表現が生まれます。私たちが「感情」と呼ぶこれらのフィーリングは、体性感覚と密接な関係があるので、それらを派生フィーリングと見なすことがあります。記号化は「Kd」で “Kinesthetic derived” の略語です。(「マジック・オブ・NLP〜解明されたNLPの魔法〜」p.47)


Emotions

The kinesthetic representational system includes several important distinctions. Sensory inputs from the body are classed as somatic sensetions. These include the exteroceptive sensations of temperature, touch, and pain; proprioceptive sensations from deeper in our muscles, tendons, and joints which keep us informed as to body position, vibrations, and deep pain and pressure; and visceral sensations of pain and fullness from internal organs.

In our language, however, we have identified another kind of “feelings,” those we call emotions. When someone says, “I was hurt,” he may be talking about pressure or pain on his skin, or he may be talking about some “internal state” called an emotion.

Actually, the two meanings are very similar. To be “hurt” emotionally is a composite of several somatic sensations. For example, there may be a tightening around the eyes and face, changes in posture, stresses on deep muscle tissue, tendons, and joints, and often accompanying input from the viscera in the from of tightening or contractions. This sensory input is combined with other thought processes and is then labeled as emotional “hurt.” Because of this close link with somatic sensations, it is useful to consider that those feelings we call emotions are actually derived feelings, or, in the formal notation: Kd.
('Magic of NLP demystified' p.35-36)

ガーデン















Magic of NLP―解明されたNLPの魔法
バイロン・A. ルイス
フランク・ピューセリック
メディアート出版
2005-07




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2020/06/25