New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

ニューコード・ゲーム

NASAゲーム

本日、敬愛カウンセラー学院で行いましたニューコードNLP上級セミナーのレポートです。

●テーマ:「眼球の動きを使ったトラウマ解消法」
●日時:2011年09月11日(日)14:00〜17:00
●場所:敬愛カウンセラー学院福岡本校
●講師:中島志保

-------------------------------------------------
【NASAゲームの概要】

NASAゲームとは、NASA(アメリカ航空宇宙局)の宇宙飛行士が、無重力空間で意識が朦朧状態になりそうなとき、意識をクリアにするために使っているスキルを採用したニューコードNLPのゲームです。NASAゲームのプレーヤーは、15分間のゲームによって、ノウ・ナッシング・ステート(周辺視野が開き、無意識的な潜在性が100パーセント引き出される状態)を体験したり、マルチ・タスク・プロセッシング(複数のタスクを同時に処理する能力)を養ったりすることができるようになります。

-------------------------------------------------
【受講生による演習のフィードバック】

●視野が広くなり、物の見え方が明るくなりました。

●物の見え方が鮮明になりました。

●物の輪郭がはっきり見えるようになりました。

●今まで見ていなかったものが、いろいろと見えるようになりました。

●周囲のものが、「飛び出す絵本」のように立体的に見えるようになりました。

●まぶたが軽くなりました。

●頭がすっきりしました。

●意識がハイになりました。

●脳が柔らかくなった感じがします。

●ゲームの途中で、意識が完全に集中している瞬間がありました。

●ゲームの途中で、意識が完全に集中しているとき、全身の力が抜けたような感覚と同時に、自分の意識がはっきりしている感覚がありました。まるで魂が肉体から離脱しているようでした。

●ゲームをしていると、意識が覚醒してきて、横からいろいろなクイズを出されても、冷静にサクサク答える自分に驚きました。

●ノウ・ナッシング・ステートになりました。

●すべてのことがどうでもよくなりました。

●ゲームをする前は眠かったのですが、ゲームをしたあとは目が覚めました。

●自分の眼球を、左→右→上→下と、規則的に動かすことができないことに気づきました。

●だんだん眼球を動かす速度が速くなってしまうことに気づきました。

●一定の速度で眼球を動かすことが上手な人がいましたが、私は一定の速度で動かすことができませんでした。これに気づいただけでもすごいことだと思います。普段の生活の中で、少しずつ眼球を動かす練習をしようと思います。

●ゲームが終わったあと、みなさん肌がツヤツヤして若返ったような感じになっていました。

ニューコード・ゲームの創作

NLPマスタープラクティショナーコース福岡1期(第2回)では、午後のプログラムの中で、ニューコード・ゲームを創作する実習が行われました。

------------------------------------------------------------------------------------------
【ニューコード・ゲームの形成妥当な変数の定義】

ニューコードNLP変化フォーマットのステップ3で行われるニューコード・ゲームには、形成妥当な変数として、次のような7つの条件があります。ニューコード・ゲームを創作するには、この7つの条件を満たさなければなりません。

1.ゲームの難易度が、プレーヤーのレベルに合っていること。
2.知覚入力経路(主要表出システムVAK)がすべて関与していること。
3.知覚入力経路(主要表出システムVAK)がすべて活性化されること。
4.同時的並行プロセスが起こっていること。
5.右脳と左脳の両方の大脳半球が活性化されること。
6.プレーヤーがファシリテーターによって注意深く監督されていること。
  あるいはファシリテーターが不要なように、ゲームに構造的な要素があること。
7.リズミカルな活動があること。

------------------------------------------------------------------------------------------
【ニューコード・ゲームの目的】

ニューコードNLPのセッションの中でニューコード・ゲームを行う目的は、クライアントの知覚入力経路(主要表出システムVAK)を完全に開き、活性化させることです。
 
●予測不可能という要素を使って、フレキシビリティ(柔軟性、適応性、融通性)を養成します。
●ゲームの中で体験する「混乱した状態」を使って、意識(パターン化された思考)の中断を起こします。
●ゲームの中で体験する「混乱した状態」を使って、ノウ・ナッシング・ステートに入りやすくします。

------------------------------------------------------------------------------------------
【ニューコード・ゲームの注意点】

プレーヤーは、必ず、ファシリテーターの監督下でゲームを行うようにします。
 
●ファシリテーターは、プレーヤーがポジティブな気持ちでゲームを行うように支援します。
●ファシリテーターは、プレーヤーが勝ち負けでゲームを行わないように監督します。
→勝ち負けの感情やそれにともなう興奮は交感神経を刺激して心身の緊張感を生み出します。

DSC_6522













------------------------------------------------------------------------------------------

グリンダー博士のコメント:
NLPパターニングの適用は、『参加型スポーツ』と同じです。それは、NLPの実際の実践能力を達成するという学習者側のコミットメントと個人的な規律を必要とします。そして、そこで必要となるコミットメントは、無意識の反射的反応になるまで、NLPのパターンとフォーマットを何度も何度も強制的に練習するというものです。

ファシリテーターは、意識的にはこれらのパターンとフォーマットを完全に忘れて、自分の前にいるクライアントの要求に答えることの重要性を認識して下さい。

NLPの適用段階には、自転車に乗ることを学ぶプロセスほど複雑なパターンは存在しないということを忘れないで下さい。自転車に乗るということについて話をしたり、書物を読んだり、あるいは、自転車に乗るための物理的なプロセスについての知識を習得することも、自転車に乗ることを学ぶこと自体とはまったく無関係です。

ですから、テキストを脇に置いて、世界の中で実践して下さい。

-------------------------------------

ジャグリング 心身すっきり

読売新聞にジャグリングの記事がありましたのでご紹介します。

読売新聞(2013年3月10日 西部本社版朝刊)の記事「ジャグリング 心身すっきり」

ジャグリングで頭シャキッ

読売新聞にジャグリングの記事がありましたのでご紹介します。

読売新聞(2010年2月18日 東京本社版夕刊)の記事「ジャグリングで頭シャキッ」

脳とジャグリングの関係

ヘルスアートクリニックくまもとの院長で産婦人科医の中原和彦氏は、ヘルスアート医療(芸術療法)のひとつとして、お手玉やジャグリングを推奨し、女性特有の月経前症候群、産後うつ、月経前症候群、更年期障害、あるいは一般的な不安障害やうつの治療に役立てています。

〔お手玉が活性化させる脳の部分〕

●ボールを持ちかえる際に活性化・・・頭頂葉
●ボールを目で追う際に活性化・・・後頭葉
●ボールを投げたり受ける際に活性化・・・前頭葉
●ボールを落とさないよう注意する際に活性化・・・前頭前野  

 ジャグリング脳

脳とジャグリングの関係

イギリス・オックスフォード大学の Heidi Johansen-Berg 博士らは、2009年12月、ネイチャー・ニューロサイエンスという学術雑誌に、「ジャグリング(3個以上のものを反復して投げ上げて受けとめる技)を練習した成人には、脳の白質の相互連絡能力が強化した」という研究を発表をしました。(Nature Neuroscience 2009; 12)

白質は、脳の各種領域につながる、長い神経線維の束で構成されており、神経細胞間の電気信号を伝達する場所です。成人になると脳は発達を止め、少しずつ退化していくと言われていましたが、大人になっても訓練すればまだまだ脳が活発に活動し、新しいネットワークを構築するようです。


脳の冠状断面
300px-Human_cerebral_cortex濃い灰色の部分・・・大脳皮質(灰白質)
薄い灰色の部分・・・白質







灰白質/白質
svg





〔参考資料〕
Nature Neuroscience
Nature Neuroscienceで発表されたジャグリングと脳に関する研究

ジャグリングの実習

NLPプラクティショナーコース福岡1期(第10回)のプログラムの中で行ったジャグリング実習では、3個のボールを使った「カスケード」という技を練習しました。実習に参加した15名の皆さんは、60分のレッスンで、2個、3個と、いくつものボールを操れるようになりました。

DSC_6580DSC_6586DSC_6588 












写真は、コース参加者の青木栄弥さんです。
練習しているうちに、あっという間に3つのボールを投げたり捕ったりしていました。

ジャグリングの目的

NLPプラクティショナーコース、およびNLPマスタープラクティショナーコースのプログラムに、ジャグリング実習を採用している目的は下記の通りです:

(1)初級と上級の2段階にわたる学習プロセスを体験する。

初級では、ジャグリングの基本パターンが身体感覚に落とし込まれるまで、何度も何度も機械的に練習していきます。上級では、習得した複数の基本パターンを有機的に組み合わせて、より高度な技に到達します。

(2)脳をくまなく使って刺激し、ノウ・ナッシング・ステートを体験する。

脳をくまなく使って刺激するようなスポーツやゲームを行うことにより、知覚入力経路(五感)が完全に開き、すべての入力情報に敏感に反応する、いわゆるノウ・ナッシング・ステートに到達します。ニューコードNLPでは、この状態に到達することによって、あらゆる問題解決につながるとしています。


DSC_6522












写真は、2013年3月3日(日)に天神中央公園で行ったジャグリングの実習風景です。NLPコース受講生が、九州工業大学ジャグリングサークル・ピルエットのメンバーからレッスンを受けています。

ジャグリングの実習

ニューコードNLPスクールでは、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士が推奨しているジャグリング(Juggling)を、プラクティショナーコースのプログラムに取り入れています。

3月3日(日)に開催しましたNLPプラクティショナーコース福岡1期(第10回)では、九州工業大学ジャグリングクラブ「ピルエット」のメンバー4人をお招きし、20分のショーと60分のレッスンを担当していただきました。

20130303bジャグリング123











写真は、九州工業大学ジャグリングサークル・ピルエットのメンバーの方によるジャグリング実演のようすです。4つのボールを使ったカスケードという技を披露していただきました。

九州工業大学ジャグリングサークル・ピルエットのホームページ
テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの詳細
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ