New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

情報へのアクセス

≪F1−FA−F2≫の図式

私たちは、外界の情報を、独自のフィルターを通して入手しています。そしてその入手した情報は、自分の内側で変形していきます。このプロセスを、ジョン・グリンダー博士とカルメン・ボスティック・サンクレア女史は、著書 “Whispering in the Wind”「風のささやき」の中で、≪F1−FA−F2≫という図式で紹介しています。

---------------------------------------------------------------------------------------------
≪F1−FA−F2≫の図式

    外界の情報
      ↓
   ●F1(Filter one)
      ↓
      ↓Transforms(変形) 
      ↓
   ●FA(First Access)
      ↓
      ↓Transforms(変形)
      

   ●F2(Filter twoLinguistic Representations

---------------------------------------------------------------------------------------------
F1(Filter one)
外界の情報について、自分の知覚神経(五感)を使って、直接的または意識的に経験する以前の「現実の領域」を意味します。

FA(First Access)
外界の情報について、自分の知覚神経(五感)を使って、直接的または意識的に経験する「アナログの領域」を意味します。

F2(Filter two)
外界の情報について、自分の知覚神経(五感)を使って、直接的または意識的に経験したものを、さらに言語などにコード化する「デジタルの領域」を意味します。

------------------------------------------------------------------------------------------
〔参考文献〕
Grinder John & Carmen Bostic St Clair “Whispering in the Wind.” (2001)

31eWTfUF5RL__SL500_AA300_

NLP-Whispering in the Wind(John Grinder & Carmen Bostic St Clair).pdf - Windows Internet Explorer

リード・システム(誘導体系)

私たちは、何かを考えているとき、無意識的に「優先的な表出システム」(representational preference/五感)を使います。これと同じように、ある記憶を思い出すときも、無意識的に「優先的な表出システム」を使います。NLPでは、ある記憶を思い出すときに優先的に使う表出システムのことを、リード・システム(Lead System/誘導体系)と呼んでいます。

私たちの記憶には、ある経験をしたときの視覚的な情報(風景や画像など)、聴覚的な情報(音や声など)、体感覚的な情報(感覚や感情など)が含まれています。そして、そのうちの1つの感覚だけを優先して思い出すことによって、他の感覚を引き出しています。

ある記憶を思い出すとき、最初に風景や画像が浮かんできたらリード・システムは視覚です。音や声が聞こえたらリード・システムは聴覚です。感覚や感情が出てきたらリード・システムは触覚です。

それでは、1つ、実習してみましょう。

「昨日の夕食を、どこで食べたか、思い出してみましょう」

昨日の夕食をどこで食べたのかを思い出すとき、まず最初に、空間、人物、食べ物などの画像が出てきた場合、リード・システムは「視覚」です。声、物音、テレビ、音楽などの音が出てきた場合、リード・システムは「聴覚」です。場の雰囲気、皮膚感覚、匂い、味、感情などが出てきた場合は、リード・システムは「触覚」です。

皿









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの詳細
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ