New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

視点

三段階分離

5月19日(日)に開催しましたNLPマスタープラクティショナーコース福岡1期では、午後のプログラムで、三段階分離(3 Step Dissociation)というモデルの演習を行いました。

三段階分離(3 Step Dissociation)は、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士と、NLP共同開発者ジュディス・ディロージャ女史が、1988年にロンドン市内で開催した「個人的な天才になるための必要条件」というセミナーでデモンストレーションした、知覚ポジション(Perceptual Position)を応用したモデルで、自分自身のクリーンな第3ポジション(客観的な視点)を確立するするという目的で開発されました。

例えば、誰かと会話をしている時や、何かを教えたりプレゼンしたりしている時などに、聞き手の状態に気づくことなく、自分のことだけを意識して話していることがあります。このような時は、聞き手が聞き取りやすい声の大きさや速度で話しているか、あるいは、聞き手が理解しやすいように内容をフレーミングしながら話しているかなど、相手のことを気遣いながら話すことができず、自分が言いたいことをだらだらと話している状態になっています。

また、カウンセリングやセラピーとしている時、相手のことを気遣いすぎて、クライアントさんが話す内容に入り込んでしまい、ネガティブなステートを共有することで、自分自身もネガティブなステートに陥ってしまうこともあります。

NLPでは、他者とコミュニケーションをとる際に、自分の立場を意識して自分の言いたいことを話す「第1ポジション」や、相手の立場に立って相手の言いたいことを共有する「第2ポジション」に加えて、自分の言動を客観的に観察しながら両者の立場に立って話をする「第3ポジション」を養うことを、クオリティの高いコミュニケーションを達成するための基本的な要素としています。

CAAQN0C6






三段階分離の演習では、まず最初に、エクスプローラーが、プレゼン、カウンセリング、普段の会話などのシチュエーションを決めて、特定の人に対して自由に話をすることから始めます。そして、他の参加者による「ストップ」という掛け声により、エクスプローラーは、自分が話をしている中で起きている「ルーチン」の「パターン中断」を行い、『今ここ』に意識を向けるということを2回行います。そして、自分のルーチンのパターン中断を最初に行った極微筋肉運動(micro muscle movement)を検知することが演習の1つめのポイントとなります。

その後、自分が話している様子を、離れた場所で客観的に観察したあと、(一定のポーズによる)第3ポジションのアンカーを行い、元の位置に戻って会話を再開させます。そして、第1ポジションや第2ポジションで会話をしている中で、最初に検知した極微筋肉運動(micro muscle movement)や、次に設定した第3ポジションのアンカーを意識することで、自動的かつ即座に第3ポジション(客観的な視点をもつポジション)に意識がシフトするかどうかを確認することが演習の2つめのポイントとなります。

三段階分離の演習をすることによって、プレゼン、カウンセリング、普段の会話などのシチュエーションで、いつでもどこでも、極微筋肉運動やアンカー起動により、意識を(自動的かつ即座に)客観的な視点にシフトすることができるようになります。また、意識を客観的な視点である第3ポジションに置くことによって、誰かに話をしながら、同時進行的に、相手の言葉や行動を観察したり、自然にラポールを形成したりすることができるようになります。ですから、三段階分離は、ニューコードNLPの実践者は必ず習得すべきモデルのひとつといえます。

アソシエートとディソシエート

アソシエート(associate)は、自分の世界に入ることを意味し、ディソシエート(dissociate)は、自分の世界から出ることを意味します。また、アソシエート(associate)とは、軽いトランス状態を意味します。

by ジョン・グリンダー博士(2010年5月・東京にて)

知覚ポジション(三重描写)

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、三重描写(知覚ポジション)の演習を行う際のポイントを次のように述べています。

『NLPの演習では、三重描写(第1ポジション、第2ポジション、第3ポジション)をシステマティックに適用して下さい。第1ポジションはクリーンで内部的であり、暗黙のうちに自分自身のフィルターを学んでいる時間です。そして、理想としては第3ポジションに移動して、第1ポジションと第3ポジションのシンプルな違いを純粋な好奇心によって眺めてみてください。

Epistemology (エピステモロジー/認識論)という言葉があります。私たちは、真理を求めて、あまりにも多くの時間を浪費してしまいます。しかしNLPには、(モデリングを含む)ひとつひとつの専門があります。それらが真理であるかないか、あるいはそれらがうまくいくかいかないか、NLPは沈黙を守る立場にあります。このような問いに対して唯一の正しい答えはありません。それはとても興味深いものであり複雑なものでもあります。

皆さんは、意識と無意識の関係を密接に保つワークを行って下さい。この点を守っていれば、複数の知覚ポジションを移動しても、常に安全なフレームの中で、自分自身を自由に探求することができます。』(2007年3月20日・東京にて)

知覚ポジション(三重描写)

【知覚ポジションという名称について】

1986年3月、カリフォルニア州サンフランシスコで、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者ジュディス・ディロージャ女史が共同で、「個人的な天才になるための必要条件」という5日間のワークショップを開催しました。このワークショップの中で、三重描写(Triple Description)という言葉が使われました。

三重描写(Triple Description)は、もともと、グレゴリー・ベイトソン(Gregory Bateson) の「特定の現象を2つ以上の知覚ポジションから知覚するのは賢明である」という概念に基づいています。

NLPにおいて、三重描写(Triple Description)というモデルは、多重描写(Multiple Description)、あるいは知覚ポジション(Perceptual Positions)という名称で呼ばれることもあります。

------------------------------------------------------------------------------------------
【知覚ポジションの種類】

●第1ポジション(自分のポジション)・・・外の世界を自分の五感で表出する
●第2ポジション(相手のポジション)・・・外の世界を相手の五感で表出する
●第3ポジション(第三者のポジション)・・・外の世界を第三者の五感で表出する

------------------------------------------------------------------------------------------
〔参考文献〕
ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件
31ZERTWBEKL__SL500_AA300_

結合体験と分離体験

私たちが「何かを経験するとき」あるいは「何かを思い出すとき」、次の2種類の方法のどちらかで行っています。

結合体験(Association)・・・自分の五感を使って主観的に経験する。
分離体験(Dissociation)・・・外から眺めるように客観的に経験する。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、結合体験(アソシエーション)より、分離体験(ディソシエーション)の方が、実際の経験について正確に把握することができるとコメントしています。

テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの詳細
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ