視覚(vision)は、五感のひとつであり、眼を受容器とする感覚のことである。

視覚とは、光のエネルギーが網膜上の感覚細胞に対する刺激となって生じる感覚のことである。「視覚」という言葉は、形態覚、運動覚、色覚、明暗覚などの総称として用いられている。

視覚によって、外界にある物体の色、形、運動、テクスチャー、奥行きなどについての情報、物体のカテゴリーについての情報、物体の位置関係のような外界の空間的な情報などが得られる。

脊椎動物の神経系では、可視光は網膜において符号化され、外側膝状体(LGN)を経て大脳皮質において処理される。脊椎動物(ヒトを含む)、節足動物(昆虫、甲殻類)、軟体動物(タコ、イカ)など、多くの動物が視覚を持つ。

なお、視覚を用いて認識するこいとを「見る」といい、転じて、「読む」「会う」「試す」などの意味もある。遠くから大局を眺める、というニュアンスや、あるいは、深い認識の過程(いわゆる「心の目」)のほうを積極的に使う、といったニュアンスを含む場合は「観る」とも書く。


視覚神経科学:
緑は背側皮質視覚路、紫は腹側皮質神経路を示している。
視覚








〔引用〕
Wikipedia, the free encyclopedia: 視覚


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール