味覚(taste)とは、五感のひとつであり、食する物質に応じて認識される感覚である。

生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味、旨味の5つが基本味に位置づけられる。基本味の受容器は、ヒトの場合、おもに舌にある。基本味が他の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張された知覚心理学的な感覚としての味は、風味(flavour)と呼ばれることが多い。また、認識の過程を、「味わう」と言う。

味覚は、物質の受容に基づく感覚の1つである。往々にしてそれは摂食時であり、対象は食料であり、匂いとともにそれが飲食可能であるかを判断する。また、味覚は、摂食時の楽しみの1つである。ヒトの場合、それは舌にあり、嘗めることで味を確かめる場合もある。哺乳類一般にこれはあると考えられる。他方、それ以外の動物では必ずしもこれに限らない。昆虫ではチョウやハエなどで前肢の先端に物質受容器があり、食料を触ることで味見しているとされる。


味覚の受容体:
味蕾
味蕾







〔引用〕
Wikipedia, the free encyclopedia:味覚


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール