ミルトン・エリクソンは、クライアントをトランスに誘導するために、「意図的に曖昧な言葉」を使用しました。

Milton_Erickson













(1)セラピストは、クライアントに、「意図的に曖昧な言葉」で語りかける。
   
(2)クライアントは、無意識的に、「自分の内的経験にあてはまる解釈」を始める。
   
(3)クライアントは、セラピストの言葉について、自分の内的経験にあてはまる解釈をしながら、次第に意識が分散されていき、「トランス状態」になる。
   
(4)トランス状態になると、「無意識との交流」が深まっていく。
   
(5)クライアントは、自然に、「自分の中にあるリソース」を見つけはじめる。   

スイレン








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール