Milton_Erickson













ミルトン・エリクソンが行っていた催眠誘導の方法や治療の仕方は、非常に独創的なものであり、それまでの催眠の概念を書き換えるような革命的なものでした。

エリクソンは、従来の催眠療法家が行っていたような形式的な誘導の方法はあまり用いず、むしろ、クライアントと通常の会話をしながら、いつの間にか相手を催眠状態に誘導するという方法を取っていました。

直接暗示による催眠誘導では、クライアントに心理的な抵抗が働いて、うまく催眠状態に入れないことがあります。エリクソンは、クライアントに心理的な抵抗が起こらないように、自然で間接的な誘導の方法を取りました。具体的には、「曖昧な表現」、「物語」、「メタファー」、「間接暗示」などを多用したのです。

このような間接的な方法は、治療者の意図がクライアントに気づかれにくいため、心理的な抵抗を生じさせることなく、自然な変化を引き起こすことができます。


ハーブティ













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク