NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とリチャード・バンドラーは、ミルトン・エリクソンが主催するセミナーやプライベート・セッションなどを観察し、彼の言葉と行動のパターンを研究し、「ミルトンモデル」を生み出しました。そして、1975年と1976年にそれぞれ1冊ずつ、「ミルトン・モデル」の内容を完全記述した書籍を出版しました。

Grinder,J.and Bandler,R.“Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H.Erickson,M.D.”Vol..Meta Publications,1975

Grinder,J.and Bandler,R.“Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H.Erickson,M.D.”Vol..Meta Publications,1976

 51KT4CB5PJL__SL500_AA300_51VZ8PBJSYL__SL500_AA300_










上記2冊の日本語版が春秋社より出版されました。

「ミルトン・エリクソンの催眠テクニック」(言語パターン篇)リチャード・バンドラー&ジョン・グリンダー共著/浅田仁子訳(春秋社, 2012.4.25)

「ミルトン・エリクソンの催眠テクニック」(知覚パターン篇)リチャード・バンドラー&ジョン・グリンダー共著/浅田仁子訳(春秋社, 2012.4.25)

ミルトンエリクソン41i4H8IuPPL__SL500_AA300_


------------------------------------------------------

【ミルトンモデル・パターン概要】

■逆のメタモデル・パターン(The Inverse of the Meta-Model Pattern)

〔A〕情報の削除(意図的に情報を削除するパターン)
1.名詞化(Nominalization)
2.不特定動詞(Unspecified Verb)
3.不特定名詞(Unspecified Noun)
4.単純削除(Simple Deletion)

〔B〕意味論的な誤形成(意味に関する3つのパターン)
1.因果関係(Cause and Effect)
2.読心術(Mind Reading)
3.行為者の消失(Lost Performatives)
  =価値判断

〔C〕話し手のモデルの限界(聞き手のモデルを制限するパターン)
1.普遍的数量詞(Universal Quantifier)
2.除法助動詞(Modal Operators)

■ミルトンモデル・パターン(The Formal Milton Model Pattern)

〔A〕前提(presupposition)
1.時間をあらわす従属節(Subordinate Clauses of Time)
2.序数をあらわす言葉(Ordinal Numerals)
3.「または」という言葉の使用(Use of “or”)
4.認識に関する述語(Awareness Predicates)
5.形容詞と副詞(Adjectives and Adverbs)
6.時間の変化をあらわす動詞と副詞(Change of time verbs and adverbs)
7.論評をあらわす形容詞と副詞(Commentary Adjectives and Adverbs)

〔B〕間接的に引き出すパターン(Indirect Elicitation Pattern)
1.埋め込まれた命令(Embedded Commands)
2.埋め込まれた質問(Embedded Questions)
3.否定的な命令(Negative Commands)
4.会話体の仮定(Conversational Postulates)
5.アナログ・マーキング(Analogue Marking)

〔C〕間接的に引き出すパターン・追加モデル(More Indirect Elicitation Pattern)
1.音韻的両義性(Phonological Ambiguity)
2.統語的両義性(Syntactic Ambiguity)
3.範囲の両義性(Scope Ambiguity)
4.句読点の両義性(Punctuation Ambiguity)

〔D〕比喩のパターン(Patterns in Metaphor)
1.選択制限違反(Selectional Restriction Violations)
2.引用(Quotes)

イメージ








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール