Milton_Erickson












【ミルトン・エリクソンの催眠誘導】

ミルトン・エリクソンの催眠誘導の方法や治療の仕方は非常に独創的であり、ある意味では催眠の概念を書き換えるような革命的なものでした。エリクソンは、従来の催眠療法家が行っていたような形式的な誘導はあまり用いず、通常の会話をしながら、いつのまにか相手をトランス状態に誘導するという方法をとっていました。

従来の直接暗示による催眠誘導では、被催眠者によっては心理的抵抗が働いてしまい、うまく催眠状態に入れないことがあります。エリクソンは、被催眠者に心理的抵抗が起こらないように、自然で間接的な手法を取りました。もちろん、直接暗示を使うこともありましたが、曖昧な表現物語メタファー間接暗示などを多用しました。これらの技法は、治療者の意図がクライアントには気づかれにくいため、心理的抵抗を生じさせずに自然な変化を引き起こすことができたのです。

-----------------------------------------------------
【ユーティライゼーションという概念】

ミルトン・エリクソンは、「そもそも治療に抵抗するクライアントなどいない。柔軟性に欠ける治療者がいるだけだ」という言葉を残しています。そしてエリクソンは、クライアントが好んでいるものや興味を向けているもの、信じているものや行動様式など、クライアントが持っているもの、あるいは外に表現しているものを何でも利用して催眠誘導をしたり、治療ベースに乗せたりしていました。

例えば、不安でじっとイスに座っていられないクライアントに対して、エリクソンは、部屋中を歩き回るように指示し、さらに歩き方を細かく指示しているうちに、クライアントはイスに座って静かに催眠状態に入っていったというケースがあります。このように、クライアントの問題と思えるような行動、あるいは症状さえも、それを解決するための能力やノウハウとして使い、自然かつ安全なトランスに導き、治療を行っていました。このようなアプローチをユーティライゼーション(Utilization)=利用できるものは何でも利用する」と呼ばれています。

ミルトン・エリクソンが行っていた催眠テクニックは、従来の伝統的催眠(古典的催眠)とは区別して、現代催眠あるいはエリクソン催眠と呼ばれています。

51VZ8PBJSYL__SL500_AA300_









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール