脳波(electroencephalogram:EEG)とは、ヒト・動物の脳から自発的に発生する電気活動を、頭皮上などに置いた電極で記録したものです。脳波は、精神活動(覚醒度)、年齢、薬物等の感覚刺激、意識標準によって変化します。脳波の基礎律動は、周波数帯域ごとに以下のように名前が付けられており、それぞれ異なった生理学的な意義を有しています。(ギリシャ文字が周波数順になっていない点に留意が必要です)

----------------------------------------------------------------------

【脳波活動:β波(ベータ波)】

●周波数帯域:14〜30Hz
●トランスのレベル:覚醒した状態

〔日常の状態〕
●通常の活動をしている状態
●時間と空間の枠内で生きている感覚
 ・思考をする(判断、批評、計算など)
 ・感情が高まる(喜び、悲しみ、怒りなど)
 ・緊張感がある

〔催眠の状態〕
●催眠誘導を行うときの初期の段階
 ・能動的催眠
 ・感情を誘引する暗示を与えたときなどに見られる

----------------------------------------------------------------------
【脳波活動:α波(アルファ波)】

●周波数帯域:8〜13Hz
●トランスのレベル:軽いトランス状態

〔日常の状態〕
●リラックスしている状態
 ・精神的な安定感
 ・集中力が高まる
 ・想像力が高まる
 ・知覚が鋭敏になる

〔催眠の状態〕
●催眠誘導が進んで、リラックスする状態
 ・選別的思考(1つのことに意識を集中できる)

----------------------------------------------------------------------
【脳波活動:Θ波(シータ波)】

●周波数帯域:4〜7Hz
●トランスのレベル:中度のトランス状態

〔日常の状態〕
●浅い睡眠の状態(覚醒時と睡眠時の境目)
 ・1日に2回(朝と夜)はシータ波を通過する
 ・心拍数、血圧、筋肉の活動は制御される
 ・夢見心地の状態
 ・インスピレーション、ひらめきや発見が起こる

〔催眠の状態〕
●トランスが深化して、深くリラックスする状態
 ・受動的催眠
 ・催眠性睡眠に移行する状態

----------------------------------------------------------------------
【脳波活動:δ波(デルタ波)】

●周波数帯域:0.5〜3Hz
●トランスのレベル:中度のトランス状態

〔日常の状態〕
●深い睡眠の状態(夢を見ている)
 ・脳内の活動が休息している
 ・体内の新しい細胞が生産される

〔催眠の状態〕
●深い催眠状態
 ・催眠性睡眠に移行した状態

Forest