私たちは、外界の情報を、独自のフィルターを通して入手しています。そしてその入手した情報は、自分の内側で変形していきます。このプロセスを、ジョン・グリンダー博士とカルメン・ボスティック・サンクレア女史は、著書 “Whispering in the Wind”「風のささやき」の中で、≪F1−FA−F2≫という図式で紹介しています。

---------------------------------------------------------------------------------------------
≪F1−FA−F2≫の図式

    外界の情報
      ↓
   ●F1(Filter one)
      ↓
      ↓Transforms(変形) 
      ↓
   ●FA(First Access)
      ↓
      ↓Transforms(変形)
      

   ●F2(Filter twoLinguistic Representations

---------------------------------------------------------------------------------------------
F1(Filter one)
外界の情報について、自分の知覚神経(五感)を使って、直接的または意識的に経験する以前の「現実の領域」を意味します。

FA(First Access)
外界の情報について、自分の知覚神経(五感)を使って、直接的または意識的に経験する「アナログの領域」を意味します。

F2(Filter two)
外界の情報について、自分の知覚神経(五感)を使って、直接的または意識的に経験したものを、さらに言語などにコード化する「デジタルの領域」を意味します。

------------------------------------------------------------------------------------------
〔参考文献〕
Grinder John & Carmen Bostic St Clair “Whispering in the Wind.” (2001)

31eWTfUF5RL__SL500_AA300_

NLP-Whispering in the Wind(John Grinder & Carmen Bostic St Clair).pdf - Windows Internet Explorer