私たちは、何かを考えるとき、無意識に優先的なリプレゼンテーショナル・システム(Representational System preference)を使います。同様に、ある記憶を思い出すときも、無意識に優先的なリプレゼンテーションナル・システムを使います。

NLPでは、脳の中に記憶として保存された情報を引き出すときに優先的に使うリプレゼンテーショナル・システムを、リード・システム(Lead System/誘導体系)と呼んでいます。

私たちの記憶には、それを体験したときの視覚的な情報(風景や画像など)、聴覚的な情報(音や声など)、体感覚的な情報(触感、香りや味、感情など)が含まれています。そして、その記憶の中にあるある「1つの感覚」だけを優先して思い出すことによって、そこから他の感覚も引き出していきます。

例えば、ある記憶を思い出すとき、まず最初に風景や画像が浮かんできたらリード・システムは視覚です。音や声が聞こえたらリード・システムは聴覚です。触感、香りや味、感情が出てきたらリード・システムは体感覚です。

それでは、基礎的な実習してみましょう。

「昨日、夕食をどこで食べたか、思い出してみましょう」

昨日の夕食をどこで食べたのかを思い出すとき、まず最初に、夕食をとった場所、一緒にいた人、食べ物などの画像が浮かんできたらリード・システムは視覚です。物音や人の声、テレビやラジオの音、BGMなど、音が聞こえてきたらリード・システムは聴覚です。夕食をとったところの雰囲気、室温などの皮膚感覚、食べ物の匂いや味、そのときの気持ちなどが出てきたらリード・システムは体感覚です。

実習の結果はどうでしたか…?

皿












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール