New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

Uncategorized

ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容

ニューコードNLP












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPの中級プログラム「ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース」を東京、大阪、福岡で開催します。

NLP創始者が「直接監督」するものとして、「歴史的なコース」になることでしょう


私たちは、「自分の五感で感じたものを、脳で認識した世界」の中で生きています。ですから、ひとりひとり、生きている世界が異なるのです。このような内的世界のことを、NLPでは「内的地図」と呼んでいます。内的地図を拡張させると、自分が生きている物理的空間もそれに合わせて拡張していきます。それを可能にするのがNLPなのです。

NLPの応用分野は多岐にわたります。
・チェンジワーク
・リーダーシップ
・マーケティング
・ビジネス
・セールス
・教育
・芸術
・スポーツ
・トレーニング
・コーチング
・カウンセリング
・セラピー

NLPは、あらゆる分野において、確実に成果を出すことができます。

NLPマスタープラクティショナーコースは、NLPのテクニックを自分自身だけではなく、他者の援助にも使えるようになることを目的とした中級プログラムです。日常生活や仕事、学校における人間関係、目標達成、心身の状態のマネジメントなど、さまざまなテクニックが用意されています。NLPの中級プログラムに興味のある方のご参加をお待ちしています。

------------------------------------------------------------
マスタープラクティショナーコース(全10日間)
------------------------------------------------------------
第1回:ミルトンモデルを習得する(1)
第2回:ミルトンモデルを習得する(2)
第3回:危機パターンプログラム(1)
第4回:危機パターンプログラム(2)
第5回:ニューコードNLP変化フォーマット完全習得
第6回:NLPモデリングを習得する
第7回:「意図と結果」のモデル
第8回:無意識の領域を活用した目標達成法
第9回:ニューコードNLPマスターへの道
第10回:査定

------------------------------------------------------------
【第1回】ミルトンモデルを習得する(1)

ミルトン・エリクソンの言語パターンを習得する
 ・エリクソンの催眠言語「12のパターン」の解説
 ・エリクソンの催眠言語を使った「トランス誘導」
 
ミルトン・エリクソンの言語パターンを活用する
 ・催眠言語を使った「ペーシングとリーディング」
 ・催眠言語を使って非優位脳にアクセスする

------------------------------------------------------------
【第2回】ミルトンモデルを習得する(2)

ミルトンモデルを使った未来志向アプローチ
 ・「タイムマシン・クエスチョン」を使った時間歪曲法
 ・「ユーティライゼーション」を使った内なる資源の利用法

ミルトン・モデルを使った上級コミュニケーション
 ・カウンセリング実習
 ・プレゼンテーション実習

------------------------------------------------------------
【第3回】トラウマ・ケア特別プログラム(1)

※ジョン・グリンダー博士とカルメン女史が日本人のために開発した特別プログラム

トラウマ・ケア特別プログラムの導入と準備
 ・トラウマ・ケアを倫理的かつ安全に行うための方法
 ・トラウマ・ケアの具体的な手段とその選び方 
 
トラウマ・ケア特別プログラム基礎バージョン
 ・変性意識を使った「再アンカーリング」テクニック
 ・トラウマが非常に強い場合の安全な対処法

------------------------------------------------------------
【第4回】トラウマ・ケア特別プログラム(2)
※ジョン・グリンダー博士とカルメン女史が日本人のために開発した特別プログラム

無意識の領域とコネクションを深める
 ・SOSシグナルと「内なるヒーラー」の実習
 ・スタンダードシグナルを使った「トラウマ・フレームの再構築」

トラウマ・ケア特別プログラム応用バージョン
 ・恐怖症とトラウマを取り除く「恐怖症キュア」最新バージョン
 ・脳幹に働きかける「サッカード眼球運動パターン」の実習

------------------------------------------------------------
【第5回】ニューコードNLP変化フォーマットを習得する
※ニューコードNLPの具体的な個人セッションの方法を習得します


ニューコードNLP変化フォーマットのファシリテーション法
 ・カウンセリングやセラピー、各種コンサルテーションとして提供する方法
 ・パフォーマー(舞台俳優や音楽家)、スポーツ選手への提供

ニューコードNLPゲームの創作
 ・ニューコードNLPゲームを創作するための条件
 ・ニューコードNLPゲームの創作と発表
  
------------------------------------------------------------
【第6回】NLPモデリングを習得する

 NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士直伝モデリング法
 ・無意識モデリングを行うための5つのステップ
 ・無意識モデリングの実習
  
NLPモデリングで卓越したパフォーマンスを発揮する
 ・モデリングを使った上級コミュニケーション実習
 ・モデリングを使った上級プレゼンテーション実習
 
------------------------------------------------------------
【第7回】「意図と結果」のモデル

「意図/結果のモデル」概要
 ・思考における論理レベルと論理タイプの整合性
 ・抽象化と高次の意図を探るテクニック
  
「意図と結果のモデル」セッションへの応用
 ・「エンプティ・チェア」(内的対話と交渉する方法)の習得
 ・「ネゴシエーション」(ビジネスや人間関係における交渉術)の習得
 
------------------------------------------------------------
【第8回】無意識の領域を活用した目標達成法

無意識の領域を活用した目標達成法
 ・「優位脳/非優位脳」の特性を利用した目標設定法
 ・マインドを制限している内的地図の書き換え
  
他者の目標達成を援助するファシリテーション法
 ・ゴール設定から目標達成までのステップ
 ・目標達成のためのコンサルテーション実習

------------------------------------------------------------
【第9回】ニューコードNLPマスターへの道

自分で自分を導くことができるクリーンなポジションの確立
 ・構造的フィードバック・ループのエクササイズ
 ・ファシリテーションの高次の意図
  
卓越したニューコードNLPファシリテーターになるために
 ・コンサルタント、カウンセラー、セラピストへの道
 ・NLPファシリテーターとしての倫理綱領

------------------------------------------------------------
【第10回】資格認定のための査定


筆記試験と実技試験

青空








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容

ニューコードNLP












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPの初級プログラム「ニューコードNLPプラクティショナーコース」を東京、大阪、福岡で開催します。

NLP創始者が「直接監督」するものとして、「歴史的なコース」になることでしょう


私たちは、「自分の五感で感じたものを、脳で認識した世界」の中で生きています。ですから、ひとりひとり、生きている世界が異なるのです。このような内的な世界のことを、NLPでは「内的地図」と呼んでいます。この「内的地図」を拡張させると、自分が生きている物理的空間もそれに合わせて拡張していきます。それを可能にするのがNLPなのです。

NLPの応用分野は多岐にわたります。
・チェンジワーク
・リーダーシップ
・マーケティング
・ビジネス
・セールス
・教育
・芸術
・スポーツ
・トレーニング
・コーチング
・カウンセリング
・セラピー
・その他

NLPは、あらゆる分野において、確実に成果を出すことができます。

NLPプラクティショナーコースは、NLPのテクニックを自分自身に使えるようになることを目的とした初級プログラムです。日常生活や仕事、学校における人間関係、目標達成、心身の状態のマネジメントなど、さまざまなテクニックが用意されています。NLPに興味のある方のご参加をお待ちしています。

------------------------------------------------------------
プラクティショナーコース(全10日間)
------------------------------------------------------------
第1回:五感を使って意識を広げる
第2回:心身の状態をマネジメントする
第3回:現実は変えることができる
第4回:周辺視野には無限の可能性がある
第5回:他者との信頼関係を深める
第6回:思考を洗練させる
第7回:会話を洗練させる(1)
第8回:会話を洗練させる(2)
第9回:意識と無意識の交流による自己の変容
第10回:査定

------------------------------------------------------------
【第1回】五感を使って意識を広げる

NLPとは何か?
 ・NLPが誕生した経緯
 ・NLPという名称について 
 ・ニューコードNLPの目的について
 
NLPの認識論(エピステモロジー)

五感を使って意識を広げる
 ・リプレゼンテーショナル・システム(五感)
 ・主要なリプレゼンテーショナル・システム
 ・リプレゼンテーショナル・システムの優先使用
 ・リプレゼンテーショナル・システムと言語の関係 

4タップル
 ・4タップルの概要
 ・4タップルのエクササイズ
 ・4タップルから5タップルへ

アクセシング・キュー
 ・眼球の動きとアクセシング・キュー
 ・アクセシング・キューのエクササイズ
 ・アクセシング・キューのユーティライゼーション

------------------------------------------------------------
【第2回】心身の状態をマネジメントする

アンカーとアンカーリング
 ・アンカーリングと古典的条件づけの比較
 ・五感とアンカーの関係
 ・空間アンカー/含蓄アンカー/明白アンカー
 ・アンカーを確立する方法
 ・アンカーリングのエクササイズ

卓越性の連鎖
 ・ステートを選択する
 ・ハイパフォーマンス状態について
 ・卓越性の連鎖エクササイズ

心身の状態をマネジメントするエクササイズ
 ・ブレス・オブ・ライフ
 ・リズム・オブ・ライフ
 ・サンクチュアリー

自分を守るためのフィルターを設置する方法

------------------------------------------------------------
【第3回】現実は変えることができる

サブモダリティ
 ・意識が現実をつくりだすしくみ
 ・モダリティとサブモダリティ

2種類の視点を使い分ける
 ・アソシエーションとディソシエーション

3種類の視点を使い分ける
 ・三重記述(知覚ポジション)

多角的な視点を持つ
 ・多重記述

------------------------------------------------------------
【第4回】周辺視野には無限の可能性がある

意識と無意識の対比

周辺視野と中心視野
 ・周辺視野と中心視野について
 ・周辺視野を広げるエクササイズ
 ・ニューコードNLPゲーム
 ・内的対話を止める方法

観察眼を鍛える
 ・カリブレーションの方法
 ・カリブレーションの実践

------------------------------------------------------------
【第5回】他者との信頼関係を深める

ミラーニューロンの原理

ラポール
 ・ペーシングとリーディング
 ・ミラーリング
 ・バックトラッキング
 ・VAK叙述語マッチング
 
------------------------------------------------------------
【第6回】思考を洗練させる

「意味」をつくりだすしくみ
 ・フレーミング
 ・リフレーミング(内容フレーミングと状況フレーミング)

ロジカルシンキング
 ・物事の抽象化と具体化
 ・チャンキング(チャンクアップとチャンクダウン)

------------------------------------------------------------
【第7回】会話を洗練させる(1)

曖昧なものを具体的にさせる言語テクニック
 ・メタモデル
 ・バーバル・パッケージ

コミュニケーションの応用
 ・本当に欲しいものを見つける質問テクニック
 ・ビジネス、接客、カウンセリングへの応用

------------------------------------------------------------
【第8回】会話を洗練させる(2)

脳分離理論
 ・右脳言語と左脳言語

意図的に抽象的な表現を使う言語テクニック
 ・ミルトンモデル(エリクソン催眠モデル)
 ・メタファー(比喩)の創作と活用
 
コミュニケーションの応用
 ・相手の無意識に働きかける催眠言語
 ・ビジネス、接客、カウンセリングへの応用

------------------------------------------------------------
【第9回】意識と無意識の交流による自己の変容

無意識シグナルの基礎テクニック
 ・スウェイ・シグナル
 ・スタンダード・シグナル
 ・SOSシグナル

無意識シグナルの応用テクニック
 ・内なるヒーラー
 ・意識と無意識の統合

意図−結果モデル

Nステップ・リフレーミング

------------------------------------------------------------
【第10回】資格認定のための査定


筆記試験と実技試験

青空








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容

ニューコードNLP












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPの初級プログラム「ニューコードNLPプラクティショナーコース」を東京、大阪、福岡で開催します。

NLP創始者が「直接監督」するものとして、「歴史的なコース」になることでしょう


私たちは、「自分の五感で感じたものを、脳で認識した世界」の中で生きています。ですから、ひとりひとり、生きている世界が異なるのです。このような内的な世界のことを、NLPでは「内的地図」と呼んでいます。この「内的地図」を拡張させると、自分が生きている物理的空間もそれに合わせて拡張していきます。それを可能にするのがNLPなのです。

NLPの応用分野は多岐にわたります。
・チェンジワーク
・リーダーシップ
・マーケティング
・ビジネス
・セールス
・教育
・芸術
・スポーツ
・トレーニング
・コーチング
・カウンセリング
・セラピー
・その他

NLPは、あらゆる分野において、確実に成果を出すことができます。

NLPプラクティショナーコースは、NLPのテクニックを自分自身に使えるようになることを目的とした初級プログラムです。日常生活や仕事、学校における人間関係、目標達成、心身の状態のマネジメントなど、さまざまなテクニックが用意されています。NLPに興味のある方のご参加をお待ちしています。

------------------------------------------------------------
プラクティショナーコース(全10日間)
------------------------------------------------------------
第1回:五感を使って意識を広げる
第2回:心身の状態をマネジメントする
第3回:現実は変えることができる
第4回:周辺視野には無限の可能性がある
第5回:他者との信頼関係を深める
第6回:思考を洗練させる
第7回:会話を洗練させる(1)
第8回:会話を洗練させる(2)
第9回:意識と無意識の交流による自己の変容
第10回:査定

------------------------------------------------------------
【第1回】五感を使って意識を広げる

NLPとは何か?
 ・NLPが誕生した経緯
 ・NLPという名称について 
 ・ニューコードNLPの目的について
 
NLPの認識論(エピステモロジー)

五感を使って意識を広げる
 ・リプレゼンテーショナル・システム(五感)
 ・主要なリプレゼンテーショナル・システム
 ・リプレゼンテーショナル・システムの優先使用
 ・リプレゼンテーショナル・システムと言語の関係 

4タップル
 ・4タップルの概要
 ・4タップルのエクササイズ
 ・4タップルから5タップルへ

アクセシング・キュー
 ・眼球の動きとアクセシング・キュー
 ・アクセシング・キューのエクササイズ
 ・アクセシング・キューのユーティライゼーション

------------------------------------------------------------
【第2回】心身の状態をマネジメントする

アンカーとアンカーリング
 ・アンカーリングと古典的条件づけの比較
 ・五感とアンカーの関係
 ・空間アンカー/含蓄アンカー/明白アンカー
 ・アンカーを確立する方法
 ・アンカーリングのエクササイズ

卓越性の連鎖
 ・ステートを選択する
 ・ハイパフォーマンス状態について
 ・卓越性の連鎖エクササイズ

心身の状態をマネジメントするエクササイズ
 ・ブレス・オブ・ライフ
 ・リズム・オブ・ライフ
 ・サンクチュアリー

自分を守るためのフィルターを設置する方法

------------------------------------------------------------
【第3回】現実は変えることができる

サブモダリティ
 ・意識が現実をつくりだすしくみ
 ・モダリティとサブモダリティ

2種類の視点を使い分ける
 ・アソシエーションとディソシエーション

3種類の視点を使い分ける
 ・三重記述(知覚ポジション)

多角的な視点を持つ
 ・多重記述

------------------------------------------------------------
【第4回】周辺視野には無限の可能性がある

意識と無意識の対比

周辺視野と中心視野
 ・周辺視野と中心視野について
 ・周辺視野を広げるエクササイズ
 ・ニューコードNLPゲーム
 ・内的対話を止める方法

観察眼を鍛える
 ・カリブレーションの方法
 ・カリブレーションの実践

------------------------------------------------------------
【第5回】他者との信頼関係を深める

ミラーニューロンの原理

ラポール
 ・ペーシングとリーディング
 ・ミラーリング
 ・バックトラッキング
 ・VAK叙述語マッチング
 
------------------------------------------------------------
【第6回】思考を洗練させる

「意味」をつくりだすしくみ
 ・フレーミング
 ・リフレーミング(内容フレーミングと状況フレーミング)

ロジカルシンキング
 ・物事の抽象化と具体化
 ・チャンキング(チャンクアップとチャンクダウン)

------------------------------------------------------------
【第7回】会話を洗練させる(1)

曖昧なものを具体的にさせる言語テクニック
 ・メタモデル
 ・バーバル・パッケージ

コミュニケーションの応用
 ・本当に欲しいものを見つける質問テクニック
 ・ビジネス、接客、カウンセリングへの応用

------------------------------------------------------------
【第8回】会話を洗練させる(2)

脳分離理論
 ・右脳言語と左脳言語

意図的に抽象的な表現を使う言語テクニック
 ・ミルトンモデル(エリクソン催眠モデル)
 ・メタファー(比喩)の創作と活用
 
コミュニケーションの応用
 ・相手の無意識に働きかける催眠言語
 ・ビジネス、接客、カウンセリングへの応用

------------------------------------------------------------
【第9回】意識と無意識の交流による自己の変容

無意識シグナルの基礎テクニック
 ・スウェイ・シグナル
 ・スタンダード・シグナル
 ・SOSシグナル

無意識シグナルの応用テクニック
 ・内なるヒーラー
 ・意識と無意識の統合

意図−結果モデル

Nステップ・リフレーミング

------------------------------------------------------------
【第10回】資格認定のための査定

筆記試験と実技試験

青空








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPプラクティショナーコース東京2期のお知らせ

ニューコードNLP












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPの初級プログラム「ニューコードNLPプラクティショナーコース」を福岡市内で開催します。

NLP創始者が「直接監督」するものとして、歴史的なコースになることでしょう




スケジュール&募集要項


〔日時〕
第1回 2018年06月16日(土)10:00〜18:00
第2回 2018年06月17日(日)10:00〜18:00
第3回 2018年07月07日(土)10:00〜18:00
第4回 2018年07月08日(日)10:00〜18:00
第5回 2018年07月28日(土)10:00〜18:00
第6回 2018年07月29日(日)10:00〜18:00
第7回 2018年08月25日(土)10:00〜18:00
第8回 2018年08月26日(日)10:00〜18:00
第9回 2018年09月15日(土)10:00〜18:00
  査定 2018年09月16日(日)10:00〜18:00

コースの内容はこちらをご覧下さい

〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕汐留コンファレンスセンター(ホテルヴィラフォンテーヌ汐留・1階)

〔費用〕360,000円(税込¥388,000)テキスト、認定書代込み
早期割引➀:4月21日までにお申込みの方は¥250,000(税込¥270,000)
早期割引◆5月26日までにお申込みの方は¥300,000(税込¥324,000)
※分割払いをご希望の方はお問合せ下さい。

〔主催〕ニューコードNLPスクール

早期割引制度がございます。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
◎NLPプラクティショナーコースの詳細はこちらのページをご覧下さい。

NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPプラクティショナー認定書 New Code NLP Practitioner が授与されます。

Practitioner








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPプラクティショナーコース大阪2期のお知らせ

ニューコードNLP












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPの初級プログラム「ニューコードNLPプラクティショナーコース」を福岡市内で開催します。

NLP創始者が「直接監督」するものとして、歴史的なコースになることでしょう




スケジュール&募集要項


〔日時〕
第1回 2018年06月09日(土)10:00〜18:00
第2回 2018年06月10日(日)10:00〜18:00
第3回 2018年06月30日(土)10:00〜18:00
第4回 2018年07月01日(日)10:00〜18:00
第5回 2018年07月21日(土)10:00〜18:00
第6回 2018年07月22日(日)10:00〜18:00
第7回 2018年08月18日(土)10:00〜18:00
第8回 2018年08月19日(日)10:00〜18:00
第9回 2018年09月08日(土)10:00〜18:00
  査定 2018年09月09日(日)10:00〜18:00

コースの内容はこちらをご覧下さい

〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕リファレンス大阪(大阪駅前第4ビル・23階)

〔費用〕360,000円(税込¥388,000)テキスト、認定書代込み
早期割引➀:4月21日までにお申込みの方は¥250,000(税込¥270,000)
早期割引◆5月26日までにお申込みの方は¥300,000(税込¥324,000)
※分割払いをご希望の方はお問合せ下さい。

〔主催〕ニューコードNLPスクール

早期割引制度がございます。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
◎NLPプラクティショナーコースの詳細はこちらのページをご覧下さい。

NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPプラクティショナー認定書 New Code NLP Practitioner が授与されます。

Practitioner








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPプラクティショナーコース福岡5期のお知らせ

ニューコードNLP












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPの初級プログラム「ニューコードNLPプラクティショナーコース」を福岡市内で開催します。

NLP創始者が「直接監督」するものとして、歴史的なコースになることでしょう




スケジュール&募集要項


〔日時〕
第1回 2018年06月02日(土)10:00〜18:00
第2回 2018年06月03日(日)10:00〜18:00
第3回 2018年06月23日(土)10:00〜18:00
第4回 2018年06月24日(日)10:00〜18:00
第5回 2018年07月14日(土)10:00〜18:00
第6回 2018年07月15日(日)10:00〜18:00
第7回 2018年08月04日(土)10:00〜18:00
第8回 2018年08月05日(日)10:00〜18:00
第9回 2018年09月01日(土)10:00〜18:00
  査定 2018年09月02日(日)10:00〜18:00

コースの内容はこちらをご覧下さい

〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕アクロス福岡

〔費用〕360,000円(税込¥388,000)テキスト、認定書代込み
早期割引➀:4月21日までにお申込みの方は¥250,000(税込¥270,000)
早期割引◆5月26日までにお申込みの方は¥300,000(税込¥324,000)
※分割払いをご希望の方はお問合せ下さい。

〔主催〕ニューコードNLPスクール

早期割引制度がございます。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
◎NLPプラクティショナーコースの詳細はこちらのページをご覧下さい。

NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPプラクティショナー認定書 New Code NLP Practitioner が授与されます。

Practitioner








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPマスタープラクティショナーコース東京1期のお知らせ

ニューコードNLP












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPの中級プログラム「ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース」を大阪市内で開催します。

NLP創始者が「直接監督」するものとして、歴史的なコースになることでしょう




スケジュール&募集要項


〔日時〕
第1回 2017年10月21日(土)10:00〜18:00
第2回 2017年10月22日(日)10:00〜18:00
第3回 2017年11月18日(土)10:00〜18:00
第4回 2017年11月19日(日)10:00〜18:00
第5回 2017年12月16日(土)10:00〜18:00
第6回 2017年12月17日(日)10:00〜18:00
第7回 2018年02月03日(土)10:00〜18:00
第8回 2018年02月04日(日)10:00〜18:00
第9回 2018年02月24日(土)10:00〜18:00
  査定 2018年02月25日(日)10:00〜18:00

コースの内容はこちらをご覧下さい


〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕汐留コンファレンスセンター(ホテルヴィラフォンテーヌ汐留・1階)
〔費用〕360,000円(税込¥388,000)テキスト、認定書代込み
〔主催〕ニューコードNLPスクール

早期割引制度がございます。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
◎NLPプラクティショナーコースの詳細はこちらのページをご覧下さい。

NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPプラクティショナー認定書 New Code NLP Practitioner が授与されます。

Practitioner








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPマスタープラクティショナーコース大阪1期のお知らせ

ニューコードNLP












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPの中級プログラム「ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース」を大阪市内で開催します。

NLP創始者が「直接監督」するものとして、歴史的なコースになることでしょう




スケジュール&募集要項


〔日時〕
第1回 2017年10月14日(土)10:00〜18:00
第2回 2017年10月15日(日)10:00〜18:00
第3回 2017年11月11日(土)10:00〜18:00
第4回 2017年11月12日(日)10:00〜18:00
第5回 2017年12月09日(土)10:00〜18:00
第6回 2017年12月10日(日)10:00〜18:00
第7回 2018年01月20日(土)10:00〜18:00
第8回 2018年01月21日(日)10:00〜18:00
第9回 2018年02月17日(土)10:00〜18:00
  査定 2018年02月18日(日)10:00〜18:00

コースの内容はこちらをご覧下さい

〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕リファレンス大阪(大阪駅前第4ビル・23階)
〔費用〕360,000円(税込¥388,000)テキスト、認定書代込み
〔主催〕ニューコードNLPスクール

早期割引制度がございます。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
◎NLPプラクティショナーコースの詳細はこちらのページをご覧下さい。

NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPプラクティショナー認定書 New Code NLP Practitioner が授与されます。

Practitioner








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPマスタープラクティショナーコース福岡3期のお知らせ

ニューコードNLP












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPの中級プログラム「ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース」を福岡市内で開催します。

NLP創始者が「直接監督」するものとして、歴史的なコースになることでしょう




スケジュール&募集要項


〔日時〕
第1回 2017年10月07日(土)10:00〜18:00
第2回 2017年10月08日(日)10:00〜18:00
第3回 2017年11月04日(土)10:00〜18:00
第4回 2017年11月05日(日)10:00〜18:00
第5回 2017年12月02日(土)10:00〜18:00
第6回 2017年12月03日(日)10:00〜18:00
第7回 2018年01月13日(土)10:00〜18:00
第8回 2018年01月14日(日)10:00〜18:00
第9回 2018年02月10日(土)10:00〜18:00
  査定 2018年02月11日(日)10:00〜18:00

コースの内容はこちらをご覧下さい

〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕アクロス福岡
〔費用〕360,000円(税込¥388,000)テキスト、認定書代込み
〔主催〕ニューコードNLPスクール

早期割引制度がございます。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
◎NLPプラクティショナーコースの詳細はこちらのページをご覧下さい。

NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPプラクティショナー認定書 New Code NLP Practitioner が授与されます。

Practitioner








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ

ニューコードNLP












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPの初級プログラム「ニューコードNLPプラクティショナーコース」を大阪市内で開催します。

NLP創始者が「直接監督」するものとして、歴史的なコースになることでしょう




スケジュール&募集要項


〔日時〕
第1回 2017年05月27日(土)10:00〜18:00
第2回 2017年05月28日(日)10:00〜18:00
第3回 2017年07月15日(土)10:00〜18:00
第4回 2017年07月16日(日)10:00〜18:00
第5回 2017年08月05日(土)10:00〜18:00
第6回 2017年08月06日(日)10:00〜18:00
第7回 2017年09月02日(土)10:00〜18:00
第8回 2017年09月03日(日)10:00〜18:00
第9回 2017年09月23日(土)10:00〜18:00
  査定 2017年09月24日(日)10:00〜18:00

コースの内容はこちらをご覧下さい

〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕汐留コンファレンスセンター(ホテルヴィラフォンテーヌ汐留・1階)
〔費用〕360,000円(税込¥388,000)テキスト、認定書代込み
〔主催〕ニューコードNLPスクール

早期割引制度がございます。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
◎NLPプラクティショナーコースの詳細はこちらのページをご覧下さい。

NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPプラクティショナー認定書 New Code NLP Practitioner が授与されます。

Practitioner








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ

ニューコードNLP












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPの初級プログラム「ニューコードNLPプラクティショナーコース」を大阪市内で開催します。

NLP創始者が「直接監督」するものとして、歴史的なコースになることでしょう



スケジュール&募集要項


〔日時〕
第1回 2017年05月20日(土)10:00〜18:00
第2回 2017年05月21日(日)10:00〜18:00
第3回 2017年07月08日(土)10:00〜18:00
第4回 2017年07月09日(日)10:00〜18:00
第5回 2017年07月29日(土)10:00〜18:00
第6回 2017年07月30日(日)10:00〜18:00
第7回 2017年08月26日(土)10:00〜18:00
第8回 2017年08月27日(日)10:00〜18:00
第9回 2017年09月16日(土)10:00〜18:00
  査定 2017年09月17日(日)10:00〜18:00

コースの内容はこちらをご覧下さい

〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕リファレンス大阪(大阪駅前第4ビル・23階)
〔費用〕360,000円(税込¥388,000)テキスト、認定書代込み
〔主催〕ニューコードNLPスクール

早期割引制度がございます。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
◎NLPプラクティショナーコースの詳細はこちらのページをご覧下さい。

NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPプラクティショナー認定書 New Code NLP Practitioner が授与されます。

Practitioner








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPプラクティショナーコース福岡4期のお知らせ

ニューコードNLP












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPの初級プログラム「ニューコードNLPプラクティショナーコース」を福岡市内で開催します。

NLP創始者が「直接監督」するものとして、歴史的なコースになることでしょう




スケジュール&募集要項


〔日時〕
第1回 2017年05月13日(土)10:00〜18:00
第2回 2017年05月14日(日)10:00〜18:00
第3回 2017年07月01日(土)10:00〜18:00
第4回 2017年07月02日(日)10:00〜18:00
第5回 2017年07月22日(土)10:00〜18:00
第6回 2017年07月23日(日)10:00〜18:00
第7回 2017年08月19日(土)10:00〜18:00
第8回 2017年08月20日(日)10:00〜18:00
第9回 2017年09月09日(土)10:00〜18:00
  査定 2017年09月10日(日)10:00〜18:00

コースの内容はこちらをご覧下さい


〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕アクロス福岡
〔費用〕360,000円(税込¥388,000)テキスト、認定書代込み
〔主催〕ニューコードNLPスクール

早期割引制度がございます。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
◎NLPプラクティショナーコースの詳細はこちらのページをご覧下さい。

NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPプラクティショナー認定書 New Code NLP Practitioner が授与されます。

Practitioner








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPプラクティショナーコース福岡3期のお知らせ

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が開発したニューコードNLPの初級プログラム「ニューコードNLPプラクティショナーコース」を福岡市内で開催します。

森林








スケジュール&募集要項


〔日時〕隔週水曜日・全10回
2015年01月21日(水)10:00〜17:00
2015年01月28日(水)10:00〜17:00
2015年02月18日(水)10:00〜17:00
2015年02月25日(水)10:00〜17:00
2015年03月04日(水)10:00〜17:00
2015年03月11日(水)10:00〜17:00
2015年03月18日(水)10:00〜17:00
2015年03月25日(水)10:00〜17:00
2015年04月08日(水)10:00〜17:00
2015年04月15日(水)10:00〜17:00

〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕アクロス福岡
〔費用〕350,000円(テキスト、認定書、消費税込)
〔主催〕ニューコードNLPスクール

NLPプラクティショナーコースの詳細は、ニューコードNLPスクールのホームページ をご参照下さい。

10日間のプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPプラクティショナー認定書 New Code NLP Practitioner が授与されます。

Trainer_certification








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPマスタープラクティショナーコース福岡2期のお知らせ

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が開発したニューコードNLPの中級プログラム「ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース」を福岡市内で開催します。

森林








スケジュール&募集要項


〔日時〕全10回
2014年05月31日(土)10:00〜17:00
2014年06月15日(日)10:00〜17:00
2014年07月05日(土)10:00〜17:00
2014年07月21日(月)10:00〜17:00
2014年08月06日(水)10:00〜17:00
2014年08月20日(水)10:00〜17:00
2014年09月03日(水)10:00〜17:00
2014年09月17日(水)10:00〜17:00
2014年10月08日(水)10:00〜17:00
2014年10月30日(木)10:00〜17:00

〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕アクロス福岡
〔費用〕380,000円(テキスト、認定書、消費税込)
〔主催〕ニューコードNLPスクール

NLPマスタープラクティショナーコースの詳細は、ニューコードNLPスクールのホームページ をご参照下さい。

10日間のプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPマスタープラクティショナー認定書 New Code NLP Master Practitioner が授与されます。

Trainer_certification








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPプラクティショナーコース福岡2期のお知らせ

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が開発したニューコードNLPの初級プログラム「ニューコードNLPプラクティショナーコース」を福岡市内で開催します。

森林








スケジュール&募集要項


〔日時〕隔週日曜日・全10回
2013年10月27日(日)10:00〜17:00
2013年11月10日(日)10:00〜17:00
2013年11月24日(日)10:00〜17:00
2013年12月08日(日)10:00〜17:00
2013年12月22日(日)10:00〜17:00
2014年01月19日(日)10:00〜17:00
2014年01月26日(日)10:00〜17:00
2014年02月02日(日)10:00〜17:00
2014年03月02日(日)10:00〜17:00
2014年03月09日(日)10:00〜17:00
2014年03月23日(日)10:00〜17:00※査定

〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕アクロス福岡
〔費用〕350,000円(テキスト、認定書、消費税込)
〔主催〕ニューコードNLPスクール

NLPプラクティショナーコースの詳細は、ニューコードNLPスクールのホームページ をご参照下さい。

10日間のプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPプラクティショナー認定書 New Code NLP Practitioner が授与されます。

ニューコードNLPマスタープラクティショナー認定書 New Code NLP Master Practitioner が授与されます。

Trainer_certification








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLPマスタープラクティショナーコース福岡1期のお知らせ

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が開発したニューコードNLPの中級プログラム「ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース」を福岡市内で開催します。

森林








スケジュール&募集要項


〔日時〕隔週日曜日・全10回
2013年05月19日(日)10:00〜17:00
2013年05月26日(日)10:00〜17:00
2013年06月09日(日)10:00〜17:00
2013年06月16日(日)10:00〜17:00
2013年06月30日(日)10:00〜17:00
2013年07月06日(日)10:00〜17:00
2013年07月28日(日)10:00〜17:00
2013年08月04日(日)10:00〜17:00
2013年08月25日(日)10:00〜17:00
2013年09月08日(日)10:00〜17:00

〔講師〕中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
〔会場〕アクロス福岡
〔費用〕380,000円(テキスト、認定書、消費税込)
〔主催〕ニューコードNLPスクール

NLPマスタープラクティショナーコースの詳細は、ニューコードNLPスクールのホームページ をご参照下さい。

10日間のプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する、ニューコードNLPマスタープラクティショナー認定書 New Code NLP Master Practitioner が授与されます。

Trainer_certification








お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


脳とジャグリングの関係

ヘルスアートクリニックくまもとの院長で産婦人科医の中原和彦氏は、ヘルスアート医療(芸術療法)のひとつとして、お手玉やジャグリングを推奨し、女性特有の月経前症候群、産後うつ、月経前症候群、更年期障害、あるいは一般的な不安障害やうつの治療に役立てています。

〔お手玉が活性化させる脳の部分〕

●ボールを持ちかえる際に活性化・・・頭頂葉
●ボールを目で追う際に活性化・・・後頭葉
●ボールを投げたり受ける際に活性化・・・前頭葉
●ボールを落とさないよう注意する際に活性化・・・前頭前野  

 ジャグリング脳

脳とジャグリングの関係

イギリス・オックスフォード大学の Heidi Johansen-Berg 博士らは、2009年12月、ネイチャー・ニューロサイエンスという学術雑誌に、「ジャグリング(3個以上のものを反復して投げ上げて受けとめる技)を練習した成人には、脳の白質の相互連絡能力が強化した」という研究を発表をしました。(Nature Neuroscience 2009; 12)

白質は、脳の各種領域につながる、長い神経線維の束で構成されており、神経細胞間の電気信号を伝達する場所です。成人になると脳は発達を止め、少しずつ退化していくと言われていましたが、大人になっても訓練すればまだまだ脳が活発に活動し、新しいネットワークを構築するようです。


脳の冠状断面
300px-Human_cerebral_cortex濃い灰色の部分・・・大脳皮質(灰白質)
薄い灰色の部分・・・白質







灰白質/白質
svg





〔参考資料〕
Nature Neuroscience
Nature Neuroscienceで発表されたジャグリングと脳に関する研究

ジャグリングの実習

NLPプラクティショナーコース福岡1期(第10回)のプログラムの中で行ったジャグリング実習では、3個のボールを使った「カスケード」という技を練習しました。実習に参加した15名の皆さんは、60分のレッスンで、2個、3個と、いくつものボールを操れるようになりました。

DSC_6580DSC_6586DSC_6588 













写真は、コース参加者の青木栄弥さんです。
練習しているうちに、あっという間に3つのボールを投げたり捕ったりしていました。

ジャグリングの目的

NLPプラクティショナーコース、およびNLPマスタープラクティショナーコースのプログラムに、ジャグリング実習を採用している目的は下記の通りです:

(1)初級と上級の2段階にわたる学習プロセスを体験する。

初級では、ジャグリングの基本パターンが身体感覚に落とし込まれるまで、何度も何度も機械的に練習していきます。上級では、習得した複数の基本パターンを有機的に組み合わせて、より高度な技に到達します。

(2)脳をくまなく使って刺激し、ノウ・ナッシング・ステートを体験する。

脳をくまなく使って刺激するようなスポーツやゲームを行うことにより、知覚入力経路(五感)が完全に開き、すべての入力情報に敏感に反応する、いわゆるノウ・ナッシング・ステートに到達します。ニューコードNLPでは、この状態に到達することによって、あらゆる問題解決につながるとしています。


DSC_6522













写真は、2013年3月3日(日)に天神中央公園で行ったジャグリングの実習風景です。NLPコース受講生が、九州工業大学ジャグリングサークル・ピルエットのメンバーからレッスンを受けています。

ジャグリングの実習

ニューコードNLPスクールでは、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士が推奨しているジャグリング(Juggling)を、プラクティショナーコースのプログラムに取り入れています。

3月3日(日)に開催しましたNLPプラクティショナーコース福岡1期(第10回)では、九州工業大学ジャグリングクラブ「ピルエット」のメンバー4人をお招きし、20分のショーと60分のレッスンを担当していただきました。

20130303bジャグリング123











写真は、九州工業大学ジャグリングサークル・ピルエットのメンバーの方によるジャグリング実演のようすです。4つのボールを使ったカスケードという技を披露していただきました。

九州工業大学ジャグリングサークル・ピルエットのホームページ

ノーナッシングステート

ニューコードNLP主要モデル「ノウ・ナッシング・ステート」(Know-Nothing State)に関するメモ:

【ノウ・ナッシング・ステートの特徴】

●周辺視野が広がる。
●知覚入力経路(五感)が完全に開き、すべての入力情報に敏感に反応する。
●無限のリソースである「無意識」にアクセスできる。
●深い変性意識状態になる。
●アップタイム・トランス
●その他

----------------------------------------------------------------------
【ノウ・ナッシング・ステートと変性意識】

私たちが通常使っている「意識」は非常に限定されています。しかし、ニューコードNLPの演習でノウ・ナッシング・ステートを体験することで、通常は使っていない「変性意識」にアクセスし、限定された意識を拡大することができます。

この場合、ある人の通常意識は別の人にとっては変性意識であり、その反対に、ある人の変性意識は別の人にとっては通常意識であり、通常意識と変性意識には相対的な関係性があります。

ノウ・ナッシング・ステートを体験した場合、通常意識と変性意識の帯域の垣根が取り払われて、意識のすべての帯域が活性化されたブラックボックスのような状態が生み出されます。そしてこの中にある「無限のリソース」にアクセスして、限定された意識によって作られた文脈を、限定されていない(選択肢の多い)文脈に変えることが可能になります。

ミルトンモデルのパターン概要

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とリチャード・バンドラーは、ミルトン・エリクソンが主催するセミナーやプライベート・セッションなどを観察し、彼の言葉と行動のパターンを研究し、「ミルトンモデル」を生み出しました。そして、1975年と1976年にそれぞれ1冊ずつ、「ミルトン・モデル」の内容を完全記述した書籍を出版しました。

Grinder,J.and Bandler,R.“Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H.Erickson,M.D.”Vol..Meta Publications,1975

Grinder,J.and Bandler,R.“Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H.Erickson,M.D.”Vol..Meta Publications,1976

 51KT4CB5PJL__SL500_AA300_51VZ8PBJSYL__SL500_AA300_










上記2冊の日本語版が春秋社より出版されました。

「ミルトン・エリクソンの催眠テクニック」(言語パターン篇)リチャード・バンドラー&ジョン・グリンダー共著/浅田仁子訳(春秋社, 2012.4.25)

「ミルトン・エリクソンの催眠テクニック」(知覚パターン篇)リチャード・バンドラー&ジョン・グリンダー共著/浅田仁子訳(春秋社, 2012.4.25)

ミルトンエリクソン41i4H8IuPPL__SL500_AA300_


------------------------------------------------------

【ミルトンモデル・パターン概要】

■逆のメタモデル・パターン(The Inverse of the Meta-Model Pattern)

〔A〕情報の削除(意図的に情報を削除するパターン)
1.名詞化(Nominalization)
2.不特定動詞(Unspecified Verb)
3.不特定名詞(Unspecified Noun)
4.単純削除(Simple Deletion)

〔B〕意味論的な誤形成(意味に関する3つのパターン)
1.因果関係(Cause and Effect)
2.読心術(Mind Reading)
3.行為者の消失(Lost Performatives)
  =価値判断

〔C〕話し手のモデルの限界(聞き手のモデルを制限するパターン)
1.普遍的数量詞(Universal Quantifier)
2.除法助動詞(Modal Operators)

■ミルトンモデル・パターン(The Formal Milton Model Pattern)

〔A〕前提(presupposition)
1.時間をあらわす従属節(Subordinate Clauses of Time)
2.序数をあらわす言葉(Ordinal Numerals)
3.「または」という言葉の使用(Use of “or”)
4.認識に関する述語(Awareness Predicates)
5.形容詞と副詞(Adjectives and Adverbs)
6.時間の変化をあらわす動詞と副詞(Change of time verbs and adverbs)
7.論評をあらわす形容詞と副詞(Commentary Adjectives and Adverbs)

〔B〕間接的に引き出すパターン(Indirect Elicitation Pattern)
1.埋め込まれた命令(Embedded Commands)
2.埋め込まれた質問(Embedded Questions)
3.否定的な命令(Negative Commands)
4.会話体の仮定(Conversational Postulates)
5.アナログ・マーキング(Analogue Marking)

〔C〕間接的に引き出すパターン・追加モデル(More Indirect Elicitation Pattern)
1.音韻的両義性(Phonological Ambiguity)
2.統語的両義性(Syntactic Ambiguity)
3.範囲の両義性(Scope Ambiguity)
4.句読点の両義性(Punctuation Ambiguity)

〔D〕比喩のパターン(Patterns in Metaphor)
1.選択制限違反(Selectional Restriction Violations)
2.引用(Quotes)

イメージ








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


ミルトン・エリクソンの治療プロセス

ミルトン・エリクソンは、クライアントをトランスに誘導するために、「意図的に曖昧な言葉」を使用しました。

Milton_Erickson













(1)セラピストは、クライアントに、「意図的に曖昧な言葉」で語りかける。
   
(2)クライアントは、無意識的に、「自分の内的経験にあてはまる解釈」を始める。
   
(3)クライアントは、セラピストの言葉について、自分の内的経験にあてはまる解釈をしながら、次第に意識が分散されていき、「トランス状態」になる。
   
(4)トランス状態になると、「無意識との交流」が深まっていく。
   
(5)クライアントは、自然に、「自分の中にあるリソース」を見つけはじめる。   

スイレン








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


ミルトンモデルが誕生した経緯

文化人類学や精神医学の研究者グレゴリー・ベイトソン(Gregory Bateson)は、1972年〜1980年の8年間、カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)の客員教授を務めました。このとき、同大学で言語学の助教授を務めていたジョン・グリンダー博士と大学院生リチャード・バンドラーは、グレゴリー・ベイトソンと師弟関係にあり、親交を深めていました。

グレゴリー・ベイトソン(写真右)
グレゴリー・ベイトソン









ある日、ベイトソンは、グリンダーとバンドラーに、「アリゾナ州フェニックスに、ミルトン・エリクソンという非常に卓越した催眠療法家がいるから、ぜひ彼を訪問して、彼の治療プロセスについて研究してみなさい」という提案をしました。そこで、グリンダーとバンドラーは、ベイトソンの提案に従い、1974年に、当時72歳だったミルトン・エリクソンの元を訪問しました。

ミルトン・エリクソン
Milton_Erickson












ミルトン・エリクソンは、1949年、47歳のときに、アリゾナ州フェニックスのサイプレス(Cypress)という地に精神科のクリニックを開業し、医師として活動していましたが、グリンダーとバンドラーが訪問したときは、すでに診療から退いていました。

グリンダーとバンドラーは、エリクソンが主催するセミナーやプライベートセッションなどを観察し、彼の言葉と行動のパターンを研究し、「ミルトンモデル」を生み出しました。そして、1975年と1976年にそれぞれ1冊ずつ、「ミルトン・モデル」の内容を完全記述した書籍を出版しました。

Grinder,J.and Bandler,R.“Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H.Erickson,M.D.”Vol..Meta Publications,1975

Grinder,J.and Bandler,R.“Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H.Erickson,M.D.”Vol..Meta Publications,1976

 51KT4CB5PJL__SL500_AA300_51VZ8PBJSYL__SL500_AA300_










上記2冊の日本語版が春秋社より出版されました。

「ミルトン・エリクソンの催眠テクニック」(言語パターン篇)リチャード・バンドラー&ジョン・グリンダー共著/浅田仁子訳(春秋社, 2012.4.25)

「ミルトン・エリクソンの催眠テクニック」(知覚パターン篇)リチャード・バンドラー&ジョン・グリンダー共著/浅田仁子訳(春秋社, 2012.4.25)

ミルトンエリクソン41i4H8IuPPL__SL500_AA300_

木









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール



右脳と左脳のはたらき

●右脳のはたらき(Right Hemisphere)
 ・アナログ
 ・非言語の情報処理(図形や音楽など)
 ・感覚的、総合的
 ・時空間超越的
 ・左半身の感覚と運動

●左脳のはたらき(Left Hemisphere)
 ・デジタル
 ・言語の情報処理(文字や記号など)
 ・論理的、分析的
 ・時間的連鎖
 ・右半身の感覚と運動

脳









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール



脳分離理論(Split-Brain Theory)

「脳の情報交換」に関する大きな発見は、1950〜60年代、アメリカの神経心理学者ロジャー・スペリー(Roger Sperry)ロナルド・メイヤーズ(Ronald Meyers)によって始まりました。

彼らは、ネコの右脳と左脳をつなぐ神経接続(脳梁)を切断する実験を行い、右脳と左脳が独立して機能していることを発見しました。また、人間の場合、脳梁を切断することによって精神活動が損なわれることはないと判断し、重症のてんかん患者に対して、一方の脳だけにあるてんかんの原因がもう一方の脳に広がるのを防止する目的で、脳梁を切断する手術である
脳梁離断術(corpus callosotomy)を施すことを試みました。その結果、この手術は、てんかんを軽減する治療として成功をおさめました。このような、脳にある2つの大脳半球を接続している脳梁が切断された状態を、分離脳(Split-brain)と呼びます。

分離脳(Sprit-brain)となった患者は、その患者の左視野(つまり両目の視野の左半分)に画像を呈示された際、それが何の画像なのかを答えることができません。その理由は、多くの人々において、言語優位性半球は左半球なのですが、左視野にある画像は、脳の右半球のみに伝えられるためと考えられています。2つの大脳半球の連絡が切断されているために、患者は右半球が見ているものを答えることができません。しかし、患者は、左視野にある物体を左手でつかんだり認識したりすることはできます。これは、左半球が右大脳半球によってコントロールされているためです。

脳分離理論












初期の分離脳の研究はロジャー・スペリーによって行われましたが、その後は、アメリカの心理学者
マイケル・ガッツァニーガ(Michael Gazzaniga)によって続けられました。マイケル・ガッツァニーガは、てんかんを治療する手術で脳を分割された患者を調べ、右脳と左脳では、「情報の変換」あるいは「情報の処理」のされ方に本質的な違いがあるということを発見しました。たとえば、左脳は、「論理性」すなわち言葉を発する際の言語的変換や分析的思考などを担当し、右脳は、「全体性、類推性」すなわち情動やイマジネーションを担当しているというものです

脳








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


バーバル・パッケージの例文

コミュニケーションの間柄:
Aさん:NLPプラクティショナーコースの受講生
Bさん:NLPトレーナー

--------------------------------------


Aさん「私、混乱しています」

■フレーミング
Bさん「Aさんが混乱していることについて、いくつか質問してもよろしいでしょうか?」
Aさん「はい」

■特定質問(名詞の特定)
Bさん「具体的に何について混乱しているのですか?」
Aさん「いま習ったバーバル・パッケージについて混乱しています」
Bさん「具体的にバーバル・パッケージのどの部分について混乱しているのですか?」
Aさん「パラフレーズについてです」

■特定質問(動詞の特定)
Bさん「具体的にどのようにパラフレーズについて混乱しているのですか?」
Aさん「パラフレーズをしようとすると、バックトラッキングになってしまうのです」

■パラフレーズ
Bさん「わかりました。Aさんは、パラフレーズとバックトラッキングの違いを明らかにしたいのですね。それではこれから詳しく説明いたします」
Aさん「ありがとうございます」


Aさん「ありがとうございます」


ここに投稿内容に合った写真を添付する










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


バーバル・パッケージの構成要素

バーバル・パッケージ(Verbal Package)は、3つの構成要素から成り立っています。

■フレーミング(Framing):枠組みを作る
 ・言語的に文脈を特定する(Frame)
 ・意図を表明する(Intention)

■特定質問(Specifier Questions):具体化させる
 ➀名詞を特定する(noun)…意識への志向性(What, Which) 
 動詞を特定する(verb)…無意識への志向性(How)


■パラフレーズ(Paraphrase):言い換える
 ・結果を確認する
 ・内的地図の整合性を確認する

▲妥当性チェック(Relevancy Challenge)
 ・フレーミングのあと、どこで行ってもよい。

ニューコードNLPスクールのプラクティショナーコースでは、バーバル・パッケージの構成要素とその解説について、詳しい説明のあと、習得に向けたエクササイズを行います。

 
John_GrinderCarmen_Bostic




















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


バーバル・パッケージの成り立ち

バーバル・パッケージ(Verbal Package)は、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士と、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史により、特にビジネスの状況で使用することを目的として開発されました。

●メタモデル(Meta Model)
 ・1975年にNLP共同創始者ジョン・グリンダー博士と
リチャード・バンドラーが開発。
 ・心理療法家フリッツ・パールズとヴァージニア・サティアの言葉をモデリング。
    ↓
    ↓後継モデル
    ↓
●明確モデル(Precision Model)
 ・1980年にNLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とマイク・マックマスターが開発。
    ↓
    ↓後継モデル
    ↓
●バーバル・パッケージ(Verbal Package)
 ・
ジョン・グリンダー博士と、カルメン・ボスティック・サンクレア女史が開発。
 ・オリジナルのメタモデルを単純化した、完全なる言語モデル。
 ・特にビジネスの状況で使用することを目的として開発された。



John_GrinderCarmen_Bostic






















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


メタモデルの基礎的な理論

1975年に出版されたグリンダーとバンドラーの共著「魔法の構造」第1巻の中で、「メタモデル」というモデリングプロセスの特徴について、次のような用語を使って説明されています。

Universal Modeling Process
普遍的モデリングプロセス


Deep structure
深層構造

Surface structure
表層構造

Generalisation
一般化

Distortion
歪曲

Deletion
削除







ニューコードNLPスクールのプラクティショナーコースでは、これらの用語をひとつひとつ解説したあと、このモデルのパターンを応用したエクササイズを行うことにより、自分自身の制約されている内的地図を拡張し、先入観や固定観念を解除していきます。

John_Grinder





















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


メタモデルの理論的な背景

アメリカ合衆国の哲学者、言語哲学者、言語学者、認知科学者、論理学者エイヴラム・ノーム・チョムスキー(Avram Noam Chomsky, 1928-)は、彼自身が提唱した言語学の理論「生成文法」(Generative Grammar)において、私たちが自分自身の経験を言葉にする際に、「深層構造」(Deep Structure)と「表層構造」(Surface Structure)という2つの文法構造が存在すると仮定しました。

エイヴラム・ノーム・チョムスキー(Avram Noam Chomsky, 1928-)
Noam_Chomsky












NLP共同創始者ジョン・グリンダーは、カリフォルニア大学サンタクルーズ校で言語学の助教授を務めていた時期に、ノーム・チョムスキーの「変形生成文法」(transformational grammer)を研究し、後に、その理論の中で説明されている「深層構造」と「表層構造」という2つの文法構造の概念を取り入れて、メタモデル(Meta Model)というモデルを生みだしました。

ジョン・グリンダー博士
John_Grinder




















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


メタモデルが誕生した経緯

NLP共同創始者ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーは、当時、アメリカで活躍をしていた2人の卓越したセラピスト、フリッツ・パールズとヴァージニア・サティアが、セラピーで行っていた「クライアントから情報を聞き出す際の効果的効果な質問方法」を分析し、言語学の知識を適用して体系化し、それをモデル化しました。これをNLPでは、メタモデル(Meta model)と呼びます。メタモデルは、1975年に出版されたグリンダーとバンドラーの共著「魔法「魔法の構造」第鬼において完全記述されました。

 ・
The Structure of Magic, Vols., Bandler, R. & Grinder, J., 1975.
 ・The Structure of Magic, Vols., Bandler, R. & Grinder, J., 1976.


The Structure of Magic: A Book About Language and Therapy





上記2冊の日本語版が亀田ブックサービスより出版されました。
(2冊が1冊にまとめられています)


魔術の構造
リチャード・バンドラー
亀田ブックサービス
2000-08



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール



チャンキングのルールについて

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、この世界にあるものを「概念化」する方法として、次のような2つのチャンキングのルールがあると示唆しています。

〔チャンキングのルール機
「論理的包含」チャンキング(logical-inclusion)…「論理レベル」と関連している
「部分/全体」チャンキング(part/whole hierarchies)…「論理タイプ」と関連している

〔チャンキングのルール供
内包的チャンキング(intensive-chunking)
外延的チャンキング(extensive-chunking)

上記のようなチャンキングのルールに基づき、概念化を客観的に認識することによって、物事を考えたり、コミュニケーションを行ったりする上で、言葉の整合性が生まれます。

チャンキングに関してはNLPプラクティショナーコースおよびマスタープラクティショナーコースの中で、さまざまな演習を通じて習得していきます。

クローバー








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


チャンクについて

【チャンクという言葉について】(一般的な意味)

●チャンク(chunk)の直訳は、「塊(かたまり)」です。
●チャンクは、コンピューター用語で「物事を情報の基本単位に分割すること」を意味します。

----------------------------------------------------------------
【チャンクという言葉について】(NLPの用語)

NLPの用語としての「チャンク」とは、「人間のバイオコンピューターが、完全なグループとして処理することができる、情報の最小単位」を意味します。

脳のイメージ









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


リフレーミングの例「人間万事塞翁が馬」

「人間万事塞翁が馬」

塞翁が馬の「塞翁」、北方の国境の近くにあった塞(砦・とりで)に住んでいた翁(老人)のことであり、出典は中国前漢時代の思想書『淮南子(えなんじ)』にあります「人間訓」という故事より。

---------------------------------------------------------------------------------
昔、中国の北方の塞(砦・とりで)に占いの得意な翁(老人)が住んでいました。その老人は、自分の馬を何よりも大切に飼っていました。その馬は、周りからも評判が立つほどの駿馬(優れてよく走る馬)でしたが、ある日突然、その馬は蜂に刺された拍子に飛び出して逃げてしまいます。馬は一向に帰る気配がなく、人々は老人に同情して慰めにいきましたが、老人は「これがきっかけで何かいいことが起こるかも知れない」と言いました。

数ヵ月後、逃げた馬は、別の馬を連れて帰ってきました。しかも、連れてきた馬は、逃げた馬も負けず劣らずの駿馬で、周りの人々は何と幸運なことかと口々に囃し立てましたが、老人は「これがきっかけで何か悪いことが起こるかも知れない」と言いました。

その後、老人の息子が帰ってきた馬に乗って遊んでいたら、落馬して、足の骨を折ってしまいました。周りの人々が老人の息子のもとへお見舞いに行くと、老人は「これがきっかけで何かいいことが起こるかも知れない」と言いました。

その後、隣国との戦争が勃発し、若い男性は全員、戦争に借りだされ、次々と戦死しました。しかし老人の息子は足を骨折していたため、徴兵されず、命拾いをしました。そして戦争は終わり、老人は馬と息子と一緒に末永く暮らしました。
---------------------------------------------------------------------------------

この故事は、幸福と思えることが、状況によって不幸になることもあり、不幸と思えることが、状況によって幸福になることもあり、表面的なことで「幸福」や「不幸」を判断してはならないということを意味しています。人間のあらゆること(人間の禍福)を意味する「人間万事」を加えて、人間万事塞翁が馬と呼ばれることもあります。

馬









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


リフレーミングの意味

【リフレーミングという言葉】(一般的な意味)

リフレーミング(re-framing)の直訳は「再枠組み」です。

-------------------------------------------------------------------------
【リフレーミングという言葉】(NLPの用語)

コミュニケーションの中で、物事の「意味」を変えるために、フレームを、言語レベルで操作(manipulate)することを、「リフレーミング」(Re-framing)と呼びます。

リフレーミングには、次の2つの種類があります。

(1)内容リフレーミング(Content Reframing)
(2)状況リフレーミング(Context Reframing)

NLPには、「ある出来事には、固有の意味はなく、私たちがそれに与える意味しか存在しない」という基本理念があり、リフレーミングは、NLPのほぼすべてのテクニックに関して、前提的な基盤としての機能を果たしています。

ひまわり









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール



「アズ・イフ」フレーム

人間の脳には、外部の情報をアナログで処理する部分(脳神経組織)があります。この部分は、現実と想像を識別することができません。従って、私たちが、『あたかも・・・であるかのように』とか、『もし・・・であるとしたら』などと想像しながら振る舞うことによって、脳は、実際にそれらを経験しているかのように反応します。

私たちは、自分の中に、『あたかも・・・であるかのように』とか、『もし・・・であるとしたら』などといったイマジネーションのフレームを持つことによって、外界に対する固定的な視点を外し、無限の選択肢があるクリエイティブな視点を持つことができます。このようなフレームを、「アズ・イフ・フレーム」(‘as if’ frame)と呼んでいます。

-----------------------------------------------------------------------------
次の「アズ・イフ」フレームを使って自由に想像してみましょう

「もし、明日一日、好きなことをするとしたら、何をしますか?」

「もし、1ヶ月間、好きなことをするとしたら、何をしますか?」

「もし、自分が本当にやりたいことをするとしたら、1年後は何をしていますか?」

未来








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


オープン・フレーム

NLPにおける「フレーミング」(framing)の概念は、コミュニケーションの中で、会話の文脈(context)を言語的に操作することを意味します。フレーミングを行うことによって、会話を、特定のテーマや方向にフォーカスすることができます。

一方、特定の枠組みに縛られず、自由に話し合いをすることを、NLPでは、「オープン・フレーム」(open frame)と呼びます。例えば、会議などで特定のテーマや方向性を定めずに参加者が自由に発言したり、あるいは、カフェで友だち同士が気ままにおしゃべりをしたりすることなどが挙げられます。

この “open” という言葉には、次のような意味合いがあります:
I am open to suggestions. ご提案があればなんなりと伺いましょう。
open discussion 本音の話し合い

会話の目的に合わせて、「フレーミング」と「オープン・フレーム」を使い分けることで、相手のアイデアや考えを、確実に入手することができます。

手帳









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


フレーミングの概要

【フレーミングの意味】(一般的な意味)

フレーム frame という言葉は、12世紀よりも前に使われていた古期英語 framian が語源です。これは、「役に立つ、ためになる、利する」という意味があります。この言葉から派生したものが、中期英語 framen です。これは、「(材木を)用意する」という意味があります。さらにこの言葉からさらに派生して、「推進する、建設する」という意味になり、現在使われている frame という言葉は、「枠、枠組み、骨組み」という意味に変遷しています。frame と forward(前進する)は同じ語源です。


---------------------------------------------------
【フレーミングの意味】(NLPの用語)

NLPにおける「フレーミング」(framing)の概念は、コミュニケーションの中で、会話の文脈(context)を言語的に操作することを意味します。フレーミングを行うことによって、会話を、特定のテーマや方向にフォーカスすることができます。

会話








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


ラポールを構築する2つの方法

NLPでは、ラポールを形成して維持することができる特定のプロセスを認知し、数々のモデリングを経て、それらをコード化してきました。もっとも基本的なラポール構築法は2つあります。それは、ミラーリング(Mirroring)と交差ミラーリング(Crossover Mirroring)です。この2つはラポールにおけるもっともシンプルなプロセスとされています。

会話








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ラポールという言葉について(1)

【一般的な意味としての「ラポール」という言葉】

・人と人との関係における親和関係、信頼関係、協調関係、意思疎通。
・対面的な場面における面接者と面接対象者との間に作られる親和的、共感的関係。
・気持ちや考えにおける共感、信頼、信用、同調、一致、理解、好ましさ、思いやり。

---------------------------------------------------
【NLP用語としての「ラポール」という言葉】

無意識的注意を引きつけて維持する能力。(グリンダー博士によるラポールの定義)
・ひとりの人間ともうひとりの人間の無意識がつながっていること。
・ひとりの人間ともうひとりの人間の波長が合っていること。(馬が合う、気が合う)


---------------------------------------------------
【ラポールのタイプ】

・肯定的ラポール(positive rapport)
・否定的ラポール(negative rapport)・・・夫婦喧嘩など


花








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


マルチタスクプロセッシング

【カリブレーションに関する質問】

A. コミュニケーションをしながら、同時にカリブレーションを行うと、相手の話を聞いてないように思われませんか?相手の話に集中できないような気がします。

Q. それはありません。
私たちは、NLPのトレーニングを行うことによって、コミュニケーション相手の「会話内容」と、その人の姿勢、しぐさ、呼吸、眼球の動き、極微筋肉の動き、話し声、言葉使いなどの「外的行動」を同時に意識することができるようになります。これをNLPではマルチ・タスク・プロセッシング(複数のタスクを同時に処理すること)と呼んでいます。

マルチ・タスク・プロセッシングの能力は、通常、右脳と左脳を結んでいるブリッジ部分である脳梁という器官が太いほど高められると考えられています。脳梁は、一般的に、男性よりも女性の方が太いので、女性は複数の仕事を同時に遂行できる傾向があります。また、NLPのさまざまなエクササイズを行うことによって、自然に脳梁が太くなり、マルチ・タスク・プロセッシングの能力が高まっていきます。

脳梁のイメージ
脳梁


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


カリブレーションの方法

【カリブレーションの方法】

(1)周辺視野を使う。

(2)相手の外的反応、即ち、身体変化のパターン(差異、反復、リズム)を観察する。

(3)相手の外的反応を観察することだけを行い、その意味を解釈してはならない。

-----------------------------------------------
【カリブレーションで観察する外的反応の例】

〔姿勢〕
身体全体の姿勢、座高(頭の高さ)、胴体の重心、頭の傾き

〔しぐさ〕
身振り、手振り

〔呼吸〕
呼吸の位置(胸式呼吸、腹式呼吸)、呼吸の深さ、速さ、リズム
※呼吸はカリブレーション対象者の肩のラインの上下運動で観察すると良い。

〔顔面〕
皮膚の張り、皮膚の色(顔全体、顔の一部)、シミ、シワ

〔眼球〕
視線、眼球の動き、瞳孔のようす

〔唇〕
唇の大きさ、厚み、形状、縁、色、張り、質感、水分、動き
※唇は、特に下唇を観察する

〔口のまわり〕
筋肉の緊張と弛緩

〔耳たぶ〕
筋肉の緊張と弛緩

〔極微筋肉〕
目のまわり、口もと、あご、その他

〔話し声〕
音量、高さ、速度、抑揚、リズム、話す間合い(長さ、規則性)


海







NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


カリブレーションについて

【「カリブレーション」の一般的な意味】

カリブレーションは、一般的な用語として、(鉄砲などの)口径、口径測定、(計器などを用いた)測定、調査、調整、(計器の)目盛り、などを意味します。


鉄砲






------------------------------------------------------------------------------------------
【NLPの用語としての「カリブレーション」の意味】

●NLPでは、進行中のコミュニケーションにおいて、相手の観察可能な無意識的反応(行動上のシグナル)を検出し、それらを、特定の内的な思考反応および情緒的反応と結びつけることを
「カリブレーション」(calibration)と呼びます。

●NLPでは、進行中のコミュニケーションにおける相手の内的反応について、先入観や思い込みを持つかわりに、無意識的反応(行動上のシグナル)のパターンを示唆する極微的な変化を読み取る能力を養成します。

イメージ







NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


中心視野と周辺視野

私たちは、中心視野が働いているときと、周辺視野が働いているときは、それぞれ心身の状態が異なります。中心視野が働いているときは、交感神経が活発になることによって心身が緊張した状態になります。周辺視野が働いているときは、副交感神経が活発になることによって心身がリラックスした状態になります。

【中心視野】(Foveal vision)
●周辺視野が働いているときより情報量が少ない。(1/100)
Fight(戦い、争い、競争、喧嘩、奮闘、努力)
Anxiety(心配、不安、気がかり、気づかい、切望、熱望)

【周辺視野】(Peripheral vision)
●中心視野が働いているときより情報量が多い。(99/100)
Dream(夢、夢心地、望み、願い、理想、想像、非現実)
Relaxation(休憩、休息、休養、心身のリラックス、筋肉の弛緩、くつろぎ)
Creativity(創造性、創造力、独創性、独創力)

d697099129490bc74ba9bba191f88225_m









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


中心視野と周辺視野

人間の眼は、大きく分けて、中心視野周辺視野という2つの視野を持っています。

【中心視野】Foveal vision
●視線を中心にした約20度の範囲をいう。
●この視野は、物の形を細部にわたって判別したり、色を認識したりすることができる。

【周辺視野】Peripheral vision
●中心視野から外れた上下130度左右180度の範囲をいう。
●この視野は、見えてはいるが、物の形はぼんやりしており、色もほとんど認識できない。
動いているもの点滅しているものなど、時間的に変化する物に対して察知する能力がある。


眼球









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


知覚ポジション(三重描写)

【知覚ポジションの誕生】

1986年3月に、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコで、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士と、NLP共同開発者ジュディス・ディロージャ女史が共同で、“Turtles All The Way Down: Prerequisites to Personal Genius”(『どんどん下に重なっていく無数の亀:個人的な天才になるための必要条件』)という5日間のワークショップを開催しました。そしてこのワークショップの全記録は、のちに一冊の本となって出版されました。



このワークショップの中で、“Triple Description”(三重描写)という言葉が使われています

Triple Description”(三重描写)というのは、もともと、文化人類学と精神医学の研究者であるグレゴリー・ベイトソン(Gregory Bateson) が『精神生態学』という著作の中で記述していた、「特定の現象を2つ以上の知覚ポジションから経験することは賢明なことである」という言葉に基づいています。

NLPにおける「三重描写」というモデルは、次のような言葉でも表現されています。
・Perceptual Positions”(知覚ポジション)
・Mu
ltiple Description”(多重記述)

--------------------------------------------------------
【知覚ポジションの意味】

NLPにおける「三重記述」とは、自分と他人の関係(communication loop)において、自分が立つことのできる基本的な視点を意味します。また、「多重記述」とは、特定の状況に対して、異なった視点で見ることを意味します。

●第1ポジション(自分のポジション)・・・自分の五感のフィルターを通した状況
●第2ポジション(相手のポジション)・・・相手の五感のフィルターを通した状況
●第3ポジション(第三者のポジション)・・・自分でも相手でもない第三者の五感のフィルターを通した状況

------------------------------------------------------------------------------------------
〔参考文献〕
ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件
31ZERTWBEKL__SL500_AA300_

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


スイッシュ・パターン

NLP共同創始者リチャード・バンドラーは、サブモダリティを応用して、内的状態を短時間で変化させることを目的としたスイッシュ・パターン(Swish Pattern)というモデルを生み出し、
1985年に出版された著書 “Using Your Brain” の中で紹介しました。


Using Your Brain--For a Change
Richard Bandler
Real People Pr
1985-05


スイッシュ(Swish)とは、直訳すると、「ヒュッという音」、「(鞭などを)音をたてて振る」などを意味します。

スイッシュ・パターンは、過食や喫煙など、自分が問題だと思っている行動について、イメージを使って即効的に改善させるテクニックです。

--------------------------------------
【演習の手順】

まず最初に、問題行動のトリガー(問題を誘引するポイント)を見つけて、視覚、聴覚、触覚などの感覚モダリティとそれらを細分化したサブモダリティを認識したあと、その状況をあらわす「色」を直観的に選びます。次に、問題行動を改善した場合に得られる状況について、視覚、聴覚、触覚などの感覚モダリティとそれらを細分化したサブモダリティを認識したあと、その状況をあらわす「色」を直観的に選びます。そして最後に、自分が発声しやすい掛け声(擬音)とともに、問題のイメージを、改善された後の新しいイメージに塗り替えていきます。4回で塗り替えるのが効果的です。

スイッシュ・パターンの演習を成功させるポイントは、問題行動のトリガー(問題を誘引するポイント)を見つけることにあります。演習後も問題の行動が改善されない場合は、別のトリガーを見つけて再度試してみる必要があります。

シャボン玉










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール



サブモダリティを応用する

私たちは、日々、さまざまな経験をしています。そして、ポジティブに思える経験もあれば、ネガティブに思える経験もあります。

例えば、「楽しかった海外旅行」について思い出したとします。それは、視覚としては明るくカラーの動画で、聴覚としては音が大きくステレオで、体感覚としては暖かく乾燥した感じだとします。また、「失恋したときのこと」について思い出したとします。それは、視覚としては暗くモノクロの静止画で、聴覚としては音が小さくモノトーンで、体感覚としては冷たく固い感じだとします。この場合、両者のサブモダリティの「差異」を検出し、ネガティブな経験のサブモダリティをポジティブな経験のサブモダリティに変換することによって、その経験の印象や反応が変わります。サブモダリティを変換することによって、辛い経験によるネガティブな印象や反応は緩和され、楽しい経験によるポジティブな印象や反応は強められます。

海







------------------------------------------------
【サブモダリティを応用したモデル】

●サブモダリティでフレームを変える(Submodalities Flame Change)
●サブモダリティで印象を変える(Submodalities Inage Change)
●サブモダリティで記憶を変える(Submodalities Memory Change)
●未来ペーシング(Future Pacing/Bridging)
●フォビア/トラウマ・キュア(Phobia/Trauma Cure)
●その他


虹









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • 心による免疫系の調整「痛みとの対話」
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」福岡開催
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの概要
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの概要
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの概要
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの概要
  • NLPプラクティショナーコース東京2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡5期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡5期のお知らせ
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」福岡開催
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ