John_Grinder

















ジョン・グリンダー博士
John Grinder Ph.D

NLP共同創始者、米国クォンタムリープ社副社長
Co-creator of NLP and Co-creator of New Code NLP
Executive Vice President of Quantum Leap, Inc.


1940年アメリカ生まれ。言語学者としてノーム・チョムスキーの変形文法理論の研究分野で活躍した後、認知科学の創設者ジョージ・ミラーと共にロックフェラー大学において言語学の調査研究を行う。1970年初頭、カリフォルニア大学サンタクルーズ校に新しく設立された言語学の助教授に就任する。同大学の客員教授であったグレゴリー・ベイトソンの指導のもと、心理学部の学生であったリチャード・バンドラーと共に、効果的な心理セラピーに使用される言語パターンの研究を開始し、この研究をもとに、神経言語プログラミング(Neuro-Linguistic Programming, 略称NLP)の基礎的な理論を確立する。その後、パートナーであるカルメン・ボスティック・サンクレア女史とともに、従来のNLPの欠陥を発見および指摘し、それを修正しただけではなく、チェンジワークのクオリティを飛躍的に進化させたニューコードNLP(New Code NLP, 略称NCNLP)を開発し、米国をはじめ、ヨーロッパ、アジア、南米、オーストラリアなど世界各国でセミナーを開催している。また、カルメン・ボスティック・サンクレア女史が設立した経営コンサルティング会社 Quantum Leap, Inc. (米国クオンタムリープ社)の共同経営者でもあり、さまざまな企業や団体において、NLPを活用したコンサルティングや講演を行っている。日本においては、2005年の初来日以降、プレゼンテーションスキルコース、トレーナー育成コース、コーチ育成コース、モデリングセミナー、催眠セミナーなど、NLPに関連するセミナーや資格コースを毎年開催している。2011年3月に起きた東日本大震災の直後には、被災のトラウマやショックに対応するセミナー「危機パターン・プログラム」を東京で開催し、好評を博す。

《著書》
『個人的な天才になるための必要条件』(2006年)
『風のささやき(Whispering in the Wind)』(カルメン女史との共著 2001年)
その他


木の葉












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール