New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

▼アンカー応用情報

アンカーリングのタイミングについて

NLPプラクティショナーコースにおいて、参加者同士がペアになり、ファシリテーター役の人がエクスプローラー役の人にリソース・アンカー(ポジティブな内的状態のアンカー)をインストールするという演習を行う場合、エクスプローラーのリソース(ポジティブな内的状態)の再体験がピークに達する少し前にインスロールを開始し、ピークに達したその時点でインストールを終了するというタイミングが必要となります。

なぜなら、リソースの再体験が弱い状態でアンカーのインストールを開始してしまうと、「リソースが弱い状態」がアンカーされてしまいます。また、リソースの再体験がピークを過ぎて減少しはじめている状態でもアンカーのインストールを続けていると、「リソースが減少する状態」がアンカーされてしまいます。

もし、プラクティショナーコースに、マスタープラクティショナーコースを修了した再受講の方が参加される場合は、次のように、演習のレベルを2段階に分けてアンカーリングを行うと良いでしょう。

(1)プラクティショナーコースを受講中の方がファシリテーター役を行う場合:
エクスプローラー役は、自分のリソースの再体験がピークに達する少し前になったら、軽くうなずくなどの合図を送り、それに合わせてファシリテーターがアンカーのインストールを開始するようにします。そして、リソースの再体験がピークに達した時点で再び合図を送り、それに合わせてアンカーのインストールを終了するようにします。

(2)マスタープラクティショナーコースを修了し、プラクティショナーコースを再受講している方がファシリテーター役を行う場合:
エクスプローラー役が再体験しているリソースがピークに達する少し前とピークに達した時点をカリブレーションで検出して、アンカーのインストールを開始したり終了したりします。

河川


















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール



アンカーリングについて

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコメント

「アンカーについて」

Anchoring is a specific set of operational skills by which a facilitator identifies and marks a special state in the client. The re-accessing of the state is achieved through the triggering of the anchor. The setting of the anchor involves two essential variables:

●the timing of the anchor
●the purity of the state being anchored

アンカーリングは、ファシリテーターが、クライアントの(普通とは違う)特別な状態を判定し、そしてマーキングを行うことによるオペレーショナル・スキルの明確な一式です。該当の状態への再アクセスは、アンカーを起動することによって達成されます。アンカーのセッティングには、以下のような2つの最も重要な変数が関与しています:

●アンカーのタイミング
●アンカーリングされる状態の純粋性

Anchoring presupposes a fundamental competency in calibration and particular, the anchoring of any particular state will require that the facilitator has adequate sensory acuity to detect when the state isn fully expressed in the client physiologically in order to set the anchor at that precise point.

アンカーリングは、基本的なカリブレーション能力を前提にしています。そして特に、どんな特別な状態のアンカーリングに関しても、正確なポイント(時点)でアンカーを確立するためには、それが該当する状態が、いつ、クライアントの身体的特徴に十分に表現されているかを検出するために、ファシリテーターは、知覚の鋭敏性を備えていることが必要となります。

The facilitator cannot wait for a conscious report from the client as to their experience of when the state is most expressed as there is an unavoidable lag time between the full physiological expression of the state and the awareness consciously by the client that it is fully expressed. Thus, excellent skill at anchoring is an inherently honest activity to be developed by all NLP trainres.

ファシリテーターは、該当の状態が表現された時の経験について、クライアントからの意識的な報告を待つわけにはいきません。これは、該当の状態が、身体的特徴に十分に表現されていることと、クライアントが十分に表現されていることを意識的に認識することとの間に、時間のずれが生じることが避けられないからです。従って、アンカーリングに関する卓越したスキルは、すべてのNLPトレーナーが開発して身につけるべきものであり、切っても切り話せない、本質的に規律を必要とする活動です。

The mastery of this portion of the technology − anchoring − allows the  facilitator to capture for later use, any state of interest displayed by the client WITHOUT any necessity for “understanding” what the state the client is displaying means. Yet, a well-timed anchor allows the facilitator to re-trigger such state when useful in the future. With extended practice, the excellent  facilitator will discover that natural anchor (a very special class of anchors − typically iconic in nature) are more effective than artifical ones and further, discrete anchoring is a step toward recognition that the  facilitator is an anchor for excellence for the client by his or her presence.

アンカーリングというNLPのテクノロジーの一部を習熟することによって、ファシリテーターは、クライアントが示している状態が、何を意味しているかについて、“理解”する必要性がないまま、クライアントが示す興味深い状態を、後で活用する目的で取っておくことができるようになります。また、タイミングが適切に取れたアンカーによって、ファシリテーターは、将来、有用な時に、この状態を再起動することができます。練習を積むことにより、卓越したファシリテーターは、自然のアンカー(典型的にはアイコン的な性質の、非常に特殊な種類のアンカー)が、人工的なアンカーよりも効果的であることを発見することでしょう。さらに、トレーナーは、その存在だけで、クライアントにとって卓越性のためのアンカーになるという認識に向かって一歩踏み出すことも、独立したアンカーリングです。

John_Grinder












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの詳細
  • 「ジャグリングで周辺視野を広げる」レッスンのご案内
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • 2018年春、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士のコースを開催します
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの詳細
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ