NLP共同創始者のひとり、リチャード・バンドラーは、人間の脳の機能にホログラフィーの原理を応用するという独自の研究において、ブモダリティ(Submodality)というモデルを考案し、1985年に出版された著書 “Using Your Brain” の中で紹介しました。(Bandler, 1985, p.24)

サブモダリティとは、自分自身の経験を印象として思い浮かべたものについて、視覚、聴覚、体感覚等の知覚レベルでさらに細分化させた要素を意味するものです。

例えば、「昨日の夕食のようす」を印象として思い浮かべた場合、そのサブモダリティは、視覚であれば、色(カラーか白黒か)、明度(明るいか暗いか)、彩度(鮮明か不鮮明か)など、その時の印象について、さらに細分化させた要素を具体的に認識することができます。



リチャード・バンドラーが最初にリストアップした14種類のサブモダリティ:
01.色
02.距離
03.深さ
04.持続期間
05.鮮明度
06.コントラスト
07.広さ
08.動き
09.速さ
10.色合い
11.透明度
12.縦横比
13.方向性
14.前景/背景

リチャード・バンドラーがサブモダリティについて記述した著書:
 
Using Your Brain, Bandler, R., 1985

51WT1JNZN7L__SL500_AA300_









色は、すでに1890年に、心理学の先駆的存在ウィリアム・ジェイムズ(William James)が作成したリストにすでに記述されています。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク