New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

▼サブモダリティ

サブモダリティを応用する

私たちは、日々、さまざまな経験をしています。そして、ポジティブに思える経験もあれば、ネガティブに思える経験もあります。

例えば、「楽しかった海外旅行」について思い出したとします。それは、視覚としては明るくカラーの動画で、聴覚としては音が大きくステレオで、体感覚としては暖かく乾燥した感じだとします。また、「失恋したときのこと」について思い出したとします。それは、視覚としては暗くモノクロの静止画で、聴覚としては音が小さくモノトーンで、体感覚としては冷たく固い感じだとします。この場合、両者のサブモダリティの「差異」を検出し、ネガティブな経験のサブモダリティをポジティブな経験のサブモダリティに変換することによって、その経験の印象や反応が変わります。サブモダリティを変換することによって、辛い経験によるネガティブな印象や反応は緩和され、楽しい経験によるポジティブな印象や反応は強められます。

海







------------------------------------------------
【サブモダリティを応用したモデル】

●サブモダリティでフレームを変える(Submodalities Flame Change)
●サブモダリティで印象を変える(Submodalities Inage Change)
●サブモダリティで記憶を変える(Submodalities Memory Change)
●未来ペーシング(Future Pacing/Bridging)
●フォビア/トラウマ・キュア(Phobia/Trauma Cure)
●その他


虹









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


サブモダリティについて

NLP共同創始者のひとり、リチャード・バンドラーは、人間の脳の機能にホログラフィーの原理を応用するという独自の研究において、ブモダリティ(Submodality)というモデルを考案し、1985年に出版された著書 “Using Your Brain” の中で紹介しました。(Bandler, 1985, p.24)

サブモダリティとは、自分自身の経験をイメージとして思い浮かべたもの、すなわち感覚によるモダリティ(Sensory modality)について、視覚、聴覚、触覚などの知覚レベルで「さらに細分化させた要素」を意味するものであり、日本語では従属要素とも呼ばれています。

たとえば、「昨日の夕食のテーブルについたときのようす」をイメージした場合、その感覚モダリティについて、視覚であれば、色相(カラーか白黒か)、明度(明るいか暗いか)、彩度(鮮明か不鮮明か)など、「さらに細分化させた要素」を具体的に認識することができます。

プレゼント








リチャード・バンドラーが最初にリストアップした14種類のサブモダリティは下記の通りです:
01.色
02.距離
03.深さ
04.持続期間
05.鮮明度
06.コントラスト
07.広さ
08.動き
09.速さ
10.色合い
11.透明度
12.縦横比
13.方向性
14.前景/背景

※「色」に関する「感覚モダリティを細分化させた要素」については、リチャード・バンドラーがサブモダリティ・モデルを発表する以前、1890年に、心理学の先駆的存在ウィリアム・ジェイムズ(William James)が作成したリストにすでに記述されています。

-----------------------------------------------------
【参考文献】
リチャード・バンドラーがサブモダリティについて記述した著書
 Using Your Brain, Bandler, R., 1985

51WT1JNZN7L__SL500_AA300_







-----------------------------------------------------


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの詳細
  • 「ジャグリングで周辺視野を広げる」レッスンのご案内
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの詳細
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース大阪1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース福岡1期のお知らせ
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • NLPワークショップ「タイムマシン・クエスチョン」
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(2)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • 3つのポジションを使ってプレゼンをする(1)
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける究極の質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • NLPワークショップ「本当に望んでいるものを見つける質問テクニック」
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 東京でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 大阪でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 福岡でNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」を開催しました
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • 「今ここ」のステートで表現する最高のプレゼンテーション
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • NLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ