NLPプラクティショナーコース、およびNLPマスタープラクティショナーコースのプログラムに、ジャグリング実習を採用している目的は下記の通りです:

(1)初級と上級の2段階にわたる学習プロセスを体験する。

初級では、ジャグリングの基本パターンが身体感覚に落とし込まれるまで、何度も何度も機械的に練習していきます。上級では、習得した複数の基本パターンを有機的に組み合わせて、より高度な技に到達します。

(2)脳をくまなく使って刺激し、ノウ・ナッシング・ステートを体験する。

脳をくまなく使って刺激するようなスポーツやゲームを行うことにより、知覚入力経路(五感)が完全に開き、すべての入力情報に敏感に反応する、いわゆるノウ・ナッシング・ステートに到達します。ニューコードNLPでは、この状態に到達することによって、あらゆる問題解決につながるとしています。


DSC_6522













写真は、2013年3月3日(日)に天神中央公園で行ったジャグリングの実習風景です。NLPコース受講生が、九州工業大学ジャグリングサークル・ピルエットのメンバーからレッスンを受けています。