【ミラーニューロンの発見】

ミラーニューロン(Mirror neuron)は、イタリアにあるパルマ大学の人間生理学教授で神経科学科長ジャコモ・リッツォラッティ(Giacomo Rizzolatti)の指揮のもと、同大学の研究チームによって、1996年に発見されました。

リッツォラッティらは、手の運動、例えば、対象物をつかんだり操作したりする行動に特化した神経細胞を研究するために、サルの下前頭皮質に電極を設置し、この実験において、サルがエサを取ろうとする際の特定の動きに関わる神経細胞の活動を記録しました。そして、実験者がエサを拾い上げた時に、サル自身がエサを取るときと同様の活動を示すニューロンを発見しました。

その後、さらなる実験によって、サルの下前頭皮質と下頭頂皮質の約10%のニューロンが、この「鏡の能力」を持ち、自身の手の動きと観察した動きの両方で同様の反応を示すことが判明しました。この研究が論文として発表され、さらに追試による検証が行われ、ミラーニューロンは、脳における下前頭皮質と下頭頂皮質の両方に存在することが判明しました。

サルの新生児が相手の表情を真似ているようす
サル









【ミラーニューロンについて】


ミラーニューロンは、霊長類などの高等動物の脳内で、自ら行動するときと、他の個体が行動するようすを見ている状態の、両方で活動電位を発生させる神経細胞です。他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように鏡のような反応」をすることから「ミラーニューロン」と名づけられました。この現象は、他人のことをまるで自分自身のことのように感じる他人がしていることを見て、それが自分自身のことのように感じる共感能力(empathy/エンパシー)と関連していると考えられています。

このように、ミラーューロンは、まず最初にサルの実験によって観察され、その後、人間やいくつかの鳥類において、その存在が確認されています。人間では、前運動野と下頭頂葉において、ミラーニューロンと推測される脳の活動が観測されています。

ミラーニューロンは、他人の行動を理解したり、模倣によって新たな技能を習得する際に重要であると言えるかも知れません。この鏡のようなシステムによって観察した行動をシミュレートすることが、私たち人間の持つ心の理論の能力に寄与していると考える研究者も存在しています。

【参考文献】
Wikipedia: ミラーニューロン
Wikipedia: Mirror neuron


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/08/01