リフレーミングには、次の2つの種類があります。

-------------------------------------------------------------

【内容リフレーミング】(Content Reframing)

●ある物事が、他の物事を意味するように、変更されることです。
●フレームを変えることによって、物事の意味内容が、肯定的にも否定的にもなります。

(例文)
胃潰瘍で入院することになりました(否定)
→胃潰瘍ですることで、健康の大切さについて考える良い機会になりました(肯定)

財布を落としました(否定)
→最近いろいろと不注意だったので、大きな事故に遭わないための警告になりました(肯定)

-------------------------------------------------------------
【状況リフレーミング(Context Reframing)】

●状況リフレーミングとは、ある経験が、さらに肯定的な意味をもつ他の文脈に移されることです。
●文脈(状況を変えることによって、同じ物事が肯定的にも否定的にもなります。

(例文)
胃潰瘍で入院することになりました(否定)
→その病院の看護師さんと親しくなり結婚することになりました(肯定)

財布を落としました(否定)
→新しい財布を買いに行くと、落としたものより使いやすい財布を見つけました(肯定)

リビング









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール