シャボン玉













Synesthesia

 

The existence of the ordered sequences of representation that we call strategies presupposes interconnected networks of activity at the neurological level. Crossover connections between representational systemcomplexes, such that the activity in one representational system initiates activity in another system called synesthesia in NLP.

Hearing a harsh tone ofvoice and feeling uncomfortable is an example of auditory-kinesthetic synesthesia. Seeing blood and feeling nauseous would be a visual-kinesthetic synesthesia. Feeling angry and blaming someone verbally inside your head wouldbe a kinesthetic-auditory synesthesia. Hearing music and imagining a beautifulscene would constitute an auditory-visual synesthesia.

Synesthesia patterns constitute a large portion of the human meaning making process. Correlations between representational system activities are at the root of such complex processes as knowledge, choice and communication. The skills and abilities thathumans develop in all areas, fields and disciplines are the direct result ofthe establishment of crossover connections between neural representational complexes. The major differences among individuals possessing different skills, talents and abilities are derived from the synesthesia correlations within their particular domains of experience.

By making these correlative patterns explicit, neurolinguistics programming provides aworking model, an applied technology for the strategic utilization of correlative patterns to secure any behavioral outcome. By identifying synesthetic sequences that lead to specific outcomes and by making them available to those who desireto achieve those outcomes we can, in essence, replicate any behavior−whether that of a businessman, scientist, healer, athlete, musician or anyone that does something well. With the tools provided by NLP, we believe anyone can betransformed into a modern "renaissance" person.

 

 

シナスタジア/共感覚

 

私たちがストラテジーと呼んでいる、リプレゼンテーションの規則正しい順序の存在は、神経レベルにおける活動の相互接続した回路網(networks)があることを前提としています。ひとつのリプレゼンテーショナルシステムが、もうひとつ別のリプレゼンテーショナルシステムにおける活動を起動させるという、リプレゼンテーショナルシステムの複合体間のクロスオーバーコネクション(交差した連結)を、NLPではシナスタジアと呼んでいます。

耳障りなトーンの声を聞いて居心地が悪くなるのは、聴覚―体感覚シナスタジアの例です。血を見て吐き気を催すというのは、視覚―体感覚シナスタジアであろう。腹が立って、自分の頭の中で言葉にして誰かを非難するのは、体感覚―聴覚シナスタジアであろう。音楽が聴こえてきて美しい場面を想像するのは、聴覚―視覚シナスタジアとなります。

シナスタジアのパターンは人間の意味形成プロセスの構成要素の大部分を占める。知識(knowledge)、選択(choice)、コミュニケーションのような、複雑なプロセスの根底には、リプレゼンテーショナルシステムの活動間の相互関係がある。人間が、すべての領域(areas)、分野(fields)、学問(disciplines)において開発する、技術(skills)や能力(abilities)は、神経の表出複合体間のクロスオーバーコネクション(交差した連結)が確立されたことによる必然的な結果なのである。異なる技術(skills)や、才能(talents)や、能力(abilities)をもつ、個人間の主な違いは、彼らの固有の経験領域(domain)の中でのシナスタジアの相互関係から派生している。

これらの相互関係のパターンを明確にすることによって、神経言語プログラミングは、実用的なモデル、つまり、どのような行動の結果でも手に入れることのできる相関的なパターンの戦略的な利用のための、応用技術を提供できるようになります。明確な結果を導く共感覚の順序を特定することによって、そして、それらの結果を達成したいと願う人達がその順序を利用できるようにすることによって、我々は本質的に、どのような行動も―それがビジネスマン、化学者、ヒーラー、アスリート、音楽家、もしくは何かを上手く成す事が出来る人のものであれ再現することができというわけである。NLPによって提供される方法があれば、誰でも現代のルネッサンス人に変容されうると、私たちは信じていいます。 


---------------------------------------------------


引用:Neuro-Linguistic Programming Volume
p.23-24





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール