John&Carmen08




























方法論的解説

 

エリクソンのパターン化の一部をとらえたモデル−いわゆるミルトンモデル−は、除外的なプロセスを経て完成しました。このプロセスは複雑なシステムのモデリングに不可欠であるため、少なくとも最初に説明するのに値します。

 

私たちは、モデリングの無意識の取り込み段階でエリクソンを無批判に同化し、自分自身とお互いと何も知らない私たちのクライアントに、私たちが彼の催眠のパターン化の特定の部分を習得したことを模倣を通じて示しました。自分自身を解読するというプロセスは、フィードバックによってもたらされた経験を好んで私たちがしていたことを意識的に理解するという信念と要求の両方を中断することによって、私たちが一時的に受け入れた盲信に挑戦するという形式を取りました。私たちは、エリクソンの行動を忠実に再現するための規律ある日々の実践に身をゆだねてきました。私たちの目標は、エリクソンが彼のクライアントに対して達成しているのを私たちが目撃したのと同じカテゴリーの反応を、ほぼ同じ時間枠で、ほぼ同じ質で、私たちのクライアントから引き出す信頼できる一貫した能力を開発することでした。この基準は、エリクソン自身の行動と機能的に同等である表現を私たちが(私たち自身の神経学において)行動的に手に入れたということを確実にしたでしょう。今や私たちが直面していた課題は、エリクソンがそれによって有名であった意識の変性状態を誘導し利用するという活動にとって、どの行動(と対応する内在している回路)が不可欠であるか、そして、どの行動が単に文体的あるいは純粋に特異的であるかを分類することでした。

 

ここで問題になっているのは、パターンとそのパターンが埋め込まれているノイズとの違いを判断する能力です。この問題は重要な方法論的ポイントを含んでいます。

 

例えば、医学的、薬理学的または心理学的実験の標準的な設計では、実験者は、ある治療法または化学物質がある特定の集団に対して特定の効果を及ぼす可能性について探求したいと考えます。実験者は、興味のある集団から抽出された適切な代表群を集めるでしょう。この集団のメンバーを無作為に割り当てることによって、または実験者が重要であると考える変数に関して2つの群のバランスがとれるように設計された割り当てを通して、彼女は実験群と対照群を作成します。次に彼女は、実験群に処置または化学物質を投与し、明示的に対照群には投与しません。薬理学的研究の場合は、対照群はプラセボ(いわゆる不活性物質)が与えられ、心理的研究においては、実験群が提供されている接触時間と同等の量の専門家との接触時間が与えられるでしょう。研究の終わりに、研究者は、統計学的に2つの群が不規則変動から予測されるよりも大きく異なっているかどうかを決定するために、いくつかの測定系を使用するでしょう。そのような違いが発見された場合には、その治療または薬物は集団の特定の割合に対して有効であると宣言されます。

 

この標準的な実験デザインを追加的(additive)と呼ぶことにしましょう。実験者は、何らかの条件(治療法、薬物等)の「追加」が、他の点では同等の集団として認められているもの(実験群と対照群)に違いを生むかどうかをテストしています。

 

エリクソンの優れたパフォーマンスを平均的な内科や精神科の催眠の実践者と区別する一連の差異のコード化に適用されたバンドラーとグリンダーの方法論は、この標準的なデザインをひっくり返すものとして有用に説明できます−それは除外的(subtractive)戦略です。エリクソンのモデリング(及びNLPの分野を生み出した他の天才の研究)を説明する一連の出来事は、以下の通りです。

次のページ「エリクソンのモデルの句読点」に続く


森林03










Whispering In The Wind p.178-179
Part: The Eye of the Storm
Chapter 1: Contexts of Discovery

Methodological Commentary
  

The model that captures some of the patterning of Erickson - the so-called Milton Model - was arrived at through a subtractive process. This process is so essential to the modeling of any complex system that it deservesat east an initial description.

We had assimilated Erickson uncritically duringthe unconscious uptake phase of modeling and demonstrated to ourselves, oneanother and our unwitting clients through imitation that we had masteredcertain portions his hypnotic patterning. The process of decoding ourselves took the form of challenging the superstitions we had temporarily accepted by suspending both belief and the requirement to understand consciously what we were doing in favor of experience driven by feedback. We had committed ourselves to a disciplined daily practice of reproducing Erickson's behavior with high fidelity. Our mark was to develop a reliable consistent ability toelicit the same category of responses from our own clients that we had witnessed Erickson achieving with his clients in roughly the same time frameand with roughly the same quality. This criterion would ensure that we hadcaptured behaviorally (in our own neurology) representations that were functionally equivalent to Erickson's own behavior. The challenge that now confronted us was to sort out which behaviors (and the corresponding underlying circuits) were essential to the enterprise of inducing and utilizing the altered states of consciousness for which Erickson was so well known; and which behaviors were simply stylistic or purely idiosyncratic.

What is at stake here is the ability of determining the difference between a pattern and thenoise in which the pattern is embedded. This issue contains an important methodological point.

In the standard design of medical, pharmacological or psychological experimentations, for example, the experimenter wishes to explorethe possibility that the some treatment regimen or chemical substance has acertain effect on some identified population. The experimenter will assemble anappropriate representative group drawn from the population that is of interest. Either through random assignment of members of this population or through anassignment designed to balance the two groups with respect to the variables the experimenter suspects are of importance she creates an experimental group and acontrol group. She then administers the treatment or chemical substance to the experimental group and expressly not to the control group. The control group inthe case of a pharmacological study will receive a placebo (an alleged inertsubstance) or in a psychological study an amount of contact time with aprofessional equivalent to the contact time the experimental group is beingoffered. At the termination of the study, the researcher will use some measurement system to determine whether statistically the two groups differgreater than can be anticipated through random variations. If such a differenceis discovered, the treatment or drug is declared effective for a specified percentage of the population.

Let us refer to this standard experimental designas additive. The experimenter is testing whether the addition of some condition (treatment regimen, drug...) produces a difference in what is accepted asotherwise equivalent population (the experimental and the control groups).

The methodology Bandler and Grinder applied in the coding of the set of renceswhich distinguished Erickson's superb performance from average practitioners of medical and psychiatric hypnosis can usefully be described as turning thisstandard design on its head - it is a subtractive strategy. The sequence ofevents that describe the modeling of Erickson (and the other studies of geniusthat created the field of NLP), was:


Whispering In The Wind
John Grinder & Carmen Bostic
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール