John&Carmen08





エリクソンのモデリングの句読点


 
1.適切なモデル(エリクソン)の識別

2.私たちが何をしているのかを意識的に理解しようとする試みを積極的に避け、長期にわたる正確な模倣の実践を通してエリクソンが使っていたパターン化と無意識的に同化すること

3.フィードバックを通して進行中の結果を厳密に評価すること

4.基準−すなわち、行動的にエリクソンの典型と同じ時間枠内で同じ質の同様の一連の反応をクライアントから引き出す能力−に達している場合に、行動を以下の2つに分類すること:

 A−同じ反応を引き出すために不可欠な(本質的な)一連の差異
 B−偶発的な又はエリクソンのスタイルに特有の一連の差異

5.それらの差異を関係者に効率的かつ効果的に伝達するための記述にそれらをマッピングし、上記の4で説明した基準と同じ基準を使用して、差異をコード化すること

6.伝達が効率的かつ効果的であると許容されるまで、付随する修正を伴って実際に伝達することにより、モデルをテストすること

 


私たちがここで追求している点は、ステップ4に含まれています。モデリングプロジェクトのステップ2と3は、モデラーが最小限の意識的なフィルタリング(f2フィルターの停止)でモデルの本質的なパターンに同化していることを保証します。ステップ4は、モデラーが、元のモデルまたはパターン化の元となっている人とほぼ同じ有効性で実行していることを保証します。残念ながら、無意識の模倣を使用しているモデラーは、モデルのワークの典型である強力な結果を達成することとは無関係なモデルの行動の一部も典型的に同化してしまいます。モデラーは、無意識のコンピテンス(能力)状態にあると言えるかもしれません。つまり、彼らは効果的にモデルの行動を再現していますが、依然として模倣しており、彼らが何をしているかについて意識的に理解していません(明白なモデルはありません)。彼らは、パターン化の元となる人に由来するパターン化についての暗黙の知識を有するとも言えます。

 

ステップ4は、偶発的な差異から本質的なものを分類することに焦点を当てており、重要な作業です。特に、実際の行動と、様々な行動の背後にある意図に特に注意してコード化されているより大きな一連の差異で機能する方法との間には、ダンスが必要です。ここで一つの例がわかりやすいでしょう。

 

エリクソンは、バンドラーとグリンダーが彼に会ったとき、部分的に麻痺していました。この状態は、彼の身体状態にはっきりと適応した特定の行動を引き起こしていました。例えば、彼は机(通常タイプライターに使っているもの)から引き出した格納棚に小さな枕を置き、右手をカップの形にした左手で受け、両手の重さを支えるために左肘を枕の上にのせて体を前方に傾けるという習慣がありました。

 

その上、とても特別な場合を除いて、彼は欠けている上の歯のための装具をつけていなかったので、大部分の歯がない状態(厳密に歯の意味でしかないが(訳注:toothlessは「権限がない」という意味もある))でした。この状態によって、発声する際に特定のスタイルの発音になりました。

 

制御された無認識の同化段階と一致して、グリンダーとバンドラーはエリクソンの特徴的な姿勢(右手をカップの形にした左手で受ける)と彼の声(欠けた上の歯の結果)の様式の再現を含む模倣的な様式で催眠パターンを行うことに数ヶ月費やしました。十数ヶ月の勤勉な実践の後、二人は同じ速さと同じ質で一貫して同じクラスの反応を引き出すのに十分な熟練を達成したという合意に達しました。したがって、ステップ4の基準に達しました。

 

反盲信プログラム(anti-superstition program)の詳細は、記述できるくらい単純です。グリンダーとバンドラーは、得られる限りに問題の表現とスタイルが近い二人のクライアントを連れてきました。次に、彼らの訓練された実践の一部分として彼らがマスターしたエリクソンのワークの典型的な全ての行動を使って、一人のクライアントにワークをしました。彼らは注意深くそのクライアントの反応をカリブレートしました。次に、彼らは二人目のクライアントに、最初のケースと同じ一連のパターンを行いましたが、意図的に最初のケースに含まれていたいくつかの単一の行動を除外しました。彼らは、二人のクライアントで得られた結果を比べながら、その結果を評価しました。鍵となる質問は以下の通りです。

 

 「二人のクライアントに提供された治療を区別している特定の行動を除外することは、結果に違いを生み出すだろうか?」

 

もしもその答えがイエスであるなら、そこに含まれていた行動は条件的にモデルの本質的な部分として維持されます。もしも違いが現れなければ、その行動は、モデルの有効性を減らすことなく安全に廃棄することのできる明らかに偶発的又は特有の行動です。これまでのところ、とても単純で順調です。

 

この行動の分類は全て、一般的な人々の行動では明白でないいくつかの能力を前提としていることに注意してください。これらのうち、私たちは以下のことを識別することができます。

 

  1. 知覚の形式的又は統語的フレーム−治療的接触に典型的な強い感情的コンテンツに直面したとき、専門家またはそれ以外の大多数の人々が、体験をその要素に分解する知覚的フィルターを適用するという反応をしていないという印象があります。より典型的には、彼らはそのコンテンツに感情的に反応しています。したがって、この形式的、統語的フィルターは、モデリングに不可欠な要素です。

     

  2. 結果をもたらす能力に基づく重大な責任と結果を伴って、貴方自身の行動を非常に熱っぽい感情的文脈に分割することができる自分自身の行動の運用能力。特に、貴方は、どの行動を適用し、どの行動をここに述べられている反盲信プログラムの一部として除外するかを決める能力を維持しています。

 

この特定の例を続けることによって、エリクソンの行動をその構成部分に分解するためのフィルターが与えられれば、二人はその姿勢(右手をカップの形にした左手で受ける)と上の歯が欠けていたことによる特徴的な声質を安全に捨て去ることができたことは確かです。彼らはそれぞれ、直接の体験で彼らの直感をテストしました。つまり、それぞれが「マッチした」クライアントと2回のセッションを実行しました。1回目は姿勢を使って、そして2回目は姿勢を外しました。予想通り、その結果は得られた一連のものに検出可能な差異を示しませんでした。


森林04










Whispering In The Wind p.179-182
Part: The Eye of the Storm
Chapter 1: Contexts of Discovery

A Punctuation of the Modeling of Ericksorn

1. the identification of an appropriate model (Erickson)


2. the assimilation unconsciously of the patterning used by the Erickson through rigorous imitative practice over an extended period oftime positively eschewing any attempt to understand consciously what we weredoing.

3. the evaluation of ongoing results strictly through feedback

4. upon reaching criterion - the ability to behaviorally elicit the same set ofresponses from our patients which were typical of Erickson in the same time frame and with the same quality - the sorting of the behaviors mastered into twosets:

 A - the set of differences essential for eliciting the same responses
 B - the set of differences that was accidental or idiosyncratic to Erickson's style

5. the codification of the differences, mapping them onto a description which allowed an efficient and effective transfer of these differences tointerested parties, using the same criterion as that mentioned in step 4 above.

6. the testing of the model through actual transfer with the attendantmodification until the transfer was acceptably efficient and effective.

The point we are pursuing here is that contained in step four. Steps two and threeof the modeling project ensure that the modelers have assimilated the essentialpatterns of the model with a minimum of conscious filtering (suspension of f2 filters). Step four guarantees that the modelers are performing with approximately the same effectiveness as the original model or source of thepatterning. Unfortunately, the modelers through the use of unconscious imitation have typically also assimilated portions of the model's behavior thatare irrelevant to achieving the powerful results typical of the work of the model. The modelers may be said to be in a state of unconscious competency - that is, they are effectively reproducing the behavior of the model but they arestill imitating and have no conscious understanding (no explicit model) of whatthey are doing. They can be usefully said to have tacit knowledge of the patterning that originated with the source of the patterning.

Step four isfocused on the sorting of essential from accidental differences and is a non-trivial task. In particular, it requires a dance between the actual behavior and the way it functions in the larger set of differences being coded with special attention to the intention behind the various behaviors. An example will servewell here.

Erickson was partially paralyzed at the point in hislife when Bandler and Grinder met him. This condition had given rise to certain behaviors that were clearly adaptations to his physical condition. For example, he had the habit of placing a small pillow on a retractable shelf which waspulled out his desk (the one normally used for a typewriter) and holding his right hand in his cupped left hand, he would lean forward restinghis left elbow on the pillow to support the weight of both arms.

Further, except for very special occasions, he wore no prosthetics for his missing upperteeth and thus was largely toothless (although only in the trictly dentalsense). This last condition resulted in a certain style of articulation whenspeaking.

Consistent with the disciplined non-cognitive assimilation phases (steps two and three in the above outline of modeling), both Grinder and Bandler spent months doing hypnotic patterning in an imitative mode includingthe reproduction of Erickson's characteristic posture (right hand resting intheir cupped left hand) and his style of articulation in voice (the result ofhis missing upper teeth). After some ten or so months of diligent practice bothmen were in agreement that they had achieved a mastery sufficient to consistentlyelicit the same class of responses with the same speed and quality - thusmeeting the criteria for initiating step 4.

The specifics of theanti-superstition program are simple enough to describe. Grinder and Bandler would take two clients as close in problem presentation and style as wereavailable. They would then do a piece of work with one of the clients using allthe behaviors typical of Erickson's work which by now had been mastered by eachof them as part of their disciplined practice. They would carefully calibratethe responses of that client. They would then take the second client and runthe same set of patterns as in the first case with the exception that theywould deliberately leave out some single Ericksonian behavior that they had included in the first case. They would then evaluate the results, comparingthe results they obtained with the two clients. The key question was,

 Did leaving out the particular behavior that distinguishes the treatment offered tothe two clients make a difference in the results?

If the answer is yes, thebehavior involved will be maintained as a conditionally essential part of themodel. If no differences emerge, the behavior is apparently an accidental or idiosyncratic behavior that can be afely discarded without reducing the effectiveness of the model - so far o good, simple enough.


Note all this sorting behavior presupposes severalcompetencies not obvious in the behavior of the general population. Among these, we can identify:

 1. a formal or syntactic frame of perception - it is ourimpression that the vast majority of people, professional or otherwise, whenfaced with the strong emotional content typical of therapeutic encounters donot respond by applying a perceptual filter which decomposes the experience intoits elements. More typically they respond emotionally to the content. Thisformal, syntactic filter, then, is an essential element for modeling.

 2. acommand of behavior within oneself that allows you to segment your own behaviorin a highly charged emotional context with grave responsibilities and consequences resting on your ability to deliver results. More specifically, youmaintain the ability to decide which pieces of behavior to apply and which toleave out as part of the anti-superstition program being here described.

Continuing with this specific example, both of the men were certain that giventheir filter for decomposing Erickson's behavior into its component parts, they could safely discard both the posture (right hand held in the cupped left hand) as well as the characteristic voice quality which resulted from Erickson's lack of upper teeth. Each of them tested these intuitions with direct experience - that is, each of them ran double sessions with "matched" clients, in one case using the posture and in the second in the consequences obtained - so far, so good. 



Whispering In The Wind
John Grinder & Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール