NLPでは、感覚システムは、感覚は受動的な入力メカニズムであるとしている古典的モデルでみなされているよりも、より機能的な重要性を有しています。これらの各システムを通して受け取った感覚情報又は区別は、神経の相互接続を介して、個人の行動のプロセスと出力を開始し及び/又は調節します。それぞれの知覚分類は、特定のクラスの行動に応答可能になる感覚―運動複合体を形成します。これらの感覚―運動複合体をNLPではリプレゼンテーショナル・システムと呼びます。

 

それぞれのリプレゼンテーショナル・システムは、1)入力、2)表現/処理、3)出力の3つの部分ネットワークを形成します。第1段階である入力には、情報を収集し、(内部と外部両方の)環境からのフィードバックを得ることが含まれます。表現/処理には、環境のマッピングと、学習、意思決定、情報の保存といった行動の戦略を確立することが含まれます。出力は、表現のマッピングプロセスのカジュアルな(思いがけない/ざっくばらんな)変換です。

NLPにおける「行動」とは、これらのいずれかの段階において、いずれかのリプレゼンテーショナル・システム複合体の中で起こる活動を指しています。見る、聞く、感じる行為は行動です。「思考(考えるという行為)」もそう(行動)で、それは、構成要素に分解された場合、心の目で見たり、内的対話を聞いたり、何かについて感情を持ったりするような感覚の具体的なプロセスを含んでいます。もちろん、全ての出力は行動であり、それは水平方向の眼球運動、声のトーンの変化、呼吸数といったミクロな行動の出力から、議論、病気、フットボールのキックといったマクロな行動の出力に及んでいます。


次のページ「リプレゼンテーショナルシステム:行動の構成要素(4)」に続く


リビング06












In NLP, sensory systems have much more functional significance than is attributed to them by classical models in which the senses are regarded aspassive input mechanisms. The sensory information or distinctions received through each of these systems initiate and/ or modulate, vianeura linterconnections, an individual's behavioral processes and output. Each perceptual class forms a sensory-motor complex that becomes "response-able" for certain classes of behavior. These sensory-motor complexes are called representational systems in NLP.

Each representational system forms a three part network: 1) input,2)representation/processing and 3) output. The first stage input, involves gathering information and getting feedback from the environment (both internal and external). Representation/processing includes the mapping of the environment and the establishment of behavioral strategies suchaslearning, decisionmaking, information storage, etc. Output is the casual transform of the representational mapping process. 

"Behavior" in neurolinguistic programming refers to activity withinany representational system complex at any of these stages. The acts of seeing, listening or feeling are behavior. So is "thinking," which, if broken down to its constituent parts, would incl sensory specific processes like seeing in the mind's eye, listening to internal dialogue, having feelings about something and so on. All output, of course, is behaviorranging from micro-behavioral outputs such aslateral eye movements, tonal shifts in thevoice and breathing rates to macrobehavioral outputs such as arguing, disease and kicking a football. 


ガーデン03











引用:Neuro-Linguistic Programming: Volume機The Study of the Structure of Subjective Experience
p.19

Amazon:
Neuro-Linguistic Programming

John Grinder
Richard Bandler
Robert Dilts
Judith DeLozier
Meta Publications
1980-06-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク