リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素

人間の行動のパターンが形成される基本的な要素は知覚システムであり、これを通して人類(the members of species)は環境に働きかけています。知覚システムとは、視覚(視力)、聴覚(聴力)、運動感覚(体感覚)そして、嗅覚/味覚(匂い/味)です。NLPのモデルは、私たちの(内部と外部の)環境と行動に関して私たち人間が行うことのできる全ての区別は、このシステムの単位で表現されることを前提としています。これらの知覚の種類は、人間の知識(human knowledge)の構造的パラメーターを構成しています。

私たちは、全ての進行中の体験は、これらの感覚の種類のいくつかの組み合わせからなるものとして有益にコードされると仮定しています。私たちの以前の研究(パターン参照)では、進行中の感覚体験の表現を4タップルと略して表現することを選択してきました。4タップルは次のように視覚的に表されます。

  < Ae,i,Ve,i,Ke,i,Oe,i

ここでは、大文字は、私たちの世界のモデルを作るために使っている主要な感覚の種類またはリプレゼンテーショナルシステムの略語です。

  A=聴覚
  V=視覚
  K=運動感覚/体感覚
  O=嗅覚/味覚−匂い/味

上付き文字の「e」と「i」は、私たちが何か私たちの外側にあるものを見て、聞いて、感じて、匂いを嗅いで、味わっているときに、その表現(representations)が外側「e」のソースから来ているのか、あるいは私たちが何か画像、音、感触、匂い、味を思い出したりイメージしたりしている時のように内側「i」から起こっているかを示しています。私たちは4タップルを象徴(アイコン)的にこのように示すこともできます。

五感02











次のパタ抜粋は、者が4タップルをさらに理解することを助けてくれるでしょう。

あなたがこの時点でかな場所に心地よく座って一人でんでいる者であると仮定すると、4タップルはあなたの現在のこの世界の経験を次のように表現することに使えます。

この本の印刷された文字、
この部屋の照明のパタ
ン...

この椅子の感
この部屋の度...

(空集合)

この部屋のにおい、
の新鮮さ... i

者の体を表現している特定の4タップルは、i 者の指示指標(referential index)であり、空白 はそのモドについての体がないことを示しています。

次のページ「リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(2)」に続く



リビング06













Representational Systems: The Building Blocks of Behavior

The basic elements from which the patterns of human behavior are formed are the perceptual systems through which the members of the species operate on their environment: vision (sight), audition (hearing), kinesthesis (body sensations) and olfaction/gustation(smell/taste). The neurolinguistic programming model presupposes that all of the distinctions we are human beings are able to make concerning our environment (internal and external) and our behavior can be usefully represented in terms of these systems. These perceptual classes constitute the structural parameters of human knowledge. 

We postulate that all of our ongoing experience can usefully be coded as consisting of some combination of these sensory classes. In our previous work (see Patterns II) we have chosen to represent andabbreviate the expression of our ongoing sensory experience as a 4-tuple. The 4-tuple is shown visually as:

  < Ae,i,Ve,i,Ke,i,Oe,i


Here, the capital letters are abbreviations forthe major sensory classes or representational systems that we use to make ourmodels of the world:

  A Auditory/Hearing
  V
 Visual/Sight
  K
Kinesthetic/Body Sensations
  O 
Olfactory/GustatorySmell/Taste


The superscripts "e" and "i" indicate whether the representations are coming from sources external, "e", to us, as when we are looking at, listening to, feeling, smelling or tasting somethingthat is outside of us, or whether they are internally generated, "i" as when we are remembering or imagining some image, sound, feeling, smell ortaste. We can also show the 4-tuple iconically as:

五感02








The following except from Patterns will further assist the reader in understanding the 4-tuple:

"Assuming that you are a reader who at this point in time is sitting comfortably in a quiet place and that you are reading alone, the 4-tuple canbeused to represent your present experience of the world as follows:

the printed words of thebook,
the lighting pattern of the room...

the feeling of the chair,
the temperature of the room...



the smell of the room,
the freshness of the air... i


The specific 4-tuple which represents the reader's experience where i is thereferntial index of the reader and the blankspace
indicates no experience in that mode.



ガーデン01










引用:Neuro-Linguistic Programming: Volume機The Study of the Structure of Subjective Experience
p.17-18

Amazon:
Neuro-Linguistic Programming

John Grinder
Richard Bandler
Robert Dilts
Judith DeLozier
Meta Publications
1980-06-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール