【モデリング】

NLPモデリングの基幹となる単位は、モデリングプロセスの自然な成果物であるパターンです。パターンそれ自体は冗長性(redundancy)であり、グレゴリー・ベイトソンの著作によれば、以下の通りです。

「どのような出来事あるいは物(音素の連続体、絵画、カエル、あるいは文化等)の集合体も、その集合体が「スラッシュマーク(/)」で分割でき、そのマークの片側だけを知覚している観察者が、そのマークのもう方側にあるものを偶然の成功以上の確率で推測できるとき、その集合体の観点から言えば、スラッシュの片側で得られる情報は、間違った推測を制限する(すなわち、間違った推測の確率を減らす)ということになります。」
(グレゴリー・ベイトソン著「精神生態学」p.131)

その結果、NLPモデリングプロジェクトの成果物は、常に(最小限に)パターンです。

一般的な例として、鳥たちが木に止まっている状態から飛び立つのを観察してみてください。彼らの一連の行動は、常に、飛び立つ前に止まっている木の表面を足で押し下げるという点を含んでいます。したがって、この鳥の活動を、止っている状態から始まって空中に飛び立った時点で終わるまで描写するとしたら、この鳥が止まり木を足で押し下げる時点の描写と、飛び立った時点の間にスラッシュマークを置くことができます。

NLPの中で適用パターンがとることができる典型的な形態は、何が操作されるべきかを特定する変数と、それらの変数に対して実行すべき操作を指示する命令とを含む一連の(部分的または全体的に順序立った)声明(大部分が宣言的ではなく命令的な)です。適用の文脈の中では、しばしば「フォーマット」という用語が「パターン」の同義語として使われます。

実際の適用パターンをさらに深く分析すると、そのような適用パターンは、実際的には、クライアントと変化を導き出す人(ファシリテーター)のどちらかあるいは両方の注意をどこでどのように集中させるかということを示す一連の注意点であることが明らかになります。

この議論は、非常に具体的な研究の提案につながります。私たちは、NLPモデリングで提案され、文献や口頭発表のいずれかの分野で発表された全てのパターンが、次の3つの最小要件 (またはそれと同等のもの)を満たすことを要請します。具体的には以下の通りです。


【パターン化の提示】

1.パターンの記述:パターンの要素とその重要な順序づけ (すなわち、これらの要素が適用される順序−歴史的に、NLPでは、フォーマットにおいて実践者が最初にすべきこと、2番目にすべきこと・・・を定義するステップの形式をとってきた)についての感覚に基づく記述。

2.パターンを使用した結果:実践者がパターンを矛盾なく適用することによってどのような結果が予測されるかについての感覚に基づく記述。

3.選択基準:パターンの選択と適用が(モデルの作成者によって当時考えられていたように)適切である状況または文脈の識別−例えば、変化のワークの分野では、1次変化と2次変化に対するパターンの適切性を区別すること。この記述にはいかなる禁忌(パターンが明らかに選択または適用されない条件)も含まれなければならない。

パターン化の提示について上記の形式の提案をする私たちの意図は、モデルの作成者が、彼の業績と、さらなるパターン化によってそれを構築する能力と、それを適用するための明確な基準とを容易に評価できる方法で、彼らが発見したもの(パターン化)を報告することができる標準様式を作成することです。私たちが選択基準を含めていることは、NLPモデリングにおけるパターン化の報告のあまり開発されていない部分を開発し、改良し、促進するために明示的にデザインされているのです。
(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.52-54より)


Pattern

 

The key unit of analysis in NLP modeling is the pattern, the natural work product of a modeling process. A pattern itself is a redundancy or, borrowing from Gregory Bateson's work,

 

any aggregate of events or objects (e.g. asequence of phonemes, a painting, or a frog or a culture) shall be said tocontain a "redundancy" or a “pattern" if the aggregate can bedivided in any way by a "slash mark" such that an observer perceivingonly what is on one side of the slash mark can guess with better than randomsuccess, what is on the other side of the slash mark.... Or, again from thepoint of view of a cybernetic observer, the information available on one sideof the slash will restrain) i.e. reduce the probability of) wrong guessing.

Gregory Bateson, Steps to an Ecology of Mind, page 131

 

The work product of a NLP modeling project then is always (minimally) a pattern.

As a common example, observe birds moving from perching behavior to flight. Their sequence always includes a point in their behavior where they push down on thesurface upon which they are perched prior to achieving flight. Thus, if we were to write out a description of the bird's activities beginning while the bird isperched and terminating when the bird airborne, we would be able to place aslash mark between the portion of the description when the bird pushes down onits perch and its achieving flight.

 

The typical form an application pattern takes in NLP is a sequence (partially ortotally ordered) of statements (for the most part injunctive as opposed to declarative) containing variables that identify what is to be manipulated andinstructions indicating which operations to perform on those variables. In the context of application, the term format is often used synonymously with pattern.

 

A deeper analysis of the actual applicationpatterns reveals that such application patterns are actually a series ofattention points that indicate where and how to fix either the client'sattention, the agent of change's attention or both.

 

This discussion leads us to a very specific research proposal. We urge that all patterns proposed in NLP modeling and presented in the field eitherin the literature or through oral presentation, satisfy the following three minimal requirements (or their equivalents) − sptecifically:


Presentation of Patterning

 

1. Description of the pattern: asensory-grounded description of the elements in the pattern and their critical ordering (that is, the sequence in which those elements are to be applied−historically, in NLP, this has taken the form of steps in a format which definewhat the practitioner is to do first, second...).

 

2. Consequences of the use of the pattern: a sensory-grounded description of whatconsequences the practitioner can anticipate through a congruent application of the pattern.

 

3. Selection criteria: the identification of the conditions or contexts in which the selection and application of this pattern is appropriate (as known at the timeby the modeler)−for example in the field of change work, making the distinction between the pattern's appropriateness for 

1stand 2nd order changes. This description should include any contraindications (conditions under which the pattern is expressly NOT to be selected and applied).

 

Our intention in proposing the above format, Presentation of Patterning, is to create a standard format whereby modelers can report their findings(patterning) in a manner that allows easy evaluation of their work, the abilityto build on it with further patterning and a clear procedure for itsapplication. Our inclusion of selection criteria is expressly designed to develop, refine and promote this less well-developed portion of reporting of patterningin NLP modeling.
('Whispering in the Wind' p.52-54)

John&Carmen


















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク