実際に、私たちの限られた視点から言えば、NLP modeling として知られている一般的な分野では、厳密に言えばそのようにラベル化されるべき活動はほとんどありません。実のところ、私たちがこの本を書く動機の一部は、私たちが現在提案している区別が認識されない限り、そしてより重要なことには、モデリングの活動が実際に漠然と NLP と呼ばれるものの重要な活動にならない限り、このような力強いパターン化を作りだしたモデリングの技術が単に消え去ってしまうといことを心配しているからです。例えば、リプレゼンテーショナル・システムや多くの言語パターン化といった NLP のコード化されたパターンに遭遇することなく、アメリカや西欧で高品質のマネジメントセミナーに参加することはほとんど不可能です。したがって、モデリングにおける新たな活動や新しい卓越性のパターンのコード化が NLP の試金石にならない限り、最初にモデル化されコード化された卓越性のパターンは、腐った適用分野に簡単に組み込まれることになってしまいます。ひとたびこのような統合が完了してしまうと、NLP と呼ばれるものは正当化されなるなるでしょう。

したがって、私たちはこの本で、どのように NLP とその様々な活動に言及すれば良いのかという難しい言語上の問題に直面しています。もしも私たちが NLP という用語の一般的な使い方を採用した場合、モデリングに関する重大な点が失われます。もしも私たちが NLP modeling と NLP application の区別を主張するならば、私たちは、使い方の川の上流を泳いでいます。

ですので、力強く泳ぎましょう!

(「風の中のささやき」p.51より抜粋)

モデリング、アプリケーション、デザイン(4)へ続く


森林












Indeed, from our limited point or view, there is little activity in the general field knows as NLP modeling that strictly speaking should be so labeled.

In fact, part of the motivatoin for writing this book is our concern that unless the distinction we are presently proposing is recognized and more importantly, the activity of modeling becomes in fact a significant activity of what is loosely called NLP, the technoolgy of modeling that produced such powerful patterning will simply fade away. It is, for example, almost impossible to attend a high quality management seminar in the USA or Western Europe without encountering any number of NLP coded patterns of excellence such as representational systems or much of the vgerbal patterning. Thus, unless renewed activity in modeling and the coding of new patterning of excellence becomes the touchstone for NLP, then it is quite likely that the patterns of excellence initially mideled and coded will simply be incorporated in the various applications areas. Once such an integration is completed, there will be no justification for anything called NLP.

Thus we are faced in this book with a difficult linguistic issue−how shall we refer to NLP and its various activities. If we adopt the common usage of the term NLP, the critical point concerning modeling is lost. If we insist on the distinction between NLP modeling and NLP application, we are swimming upstream in the river of usage. 

So, may we swim strongly!

 ('Whispering in the Wind' p.51)


Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
風の中のささやき

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク