次にここで詳しく説明するために、NLP をモデリングから適用、訓練までの幅広い活動を指す包括的なラベルとして使用します。この本の中でのどんな使用においても、私たちはコアの NLP −すなわち、NLP modeling と上述したもの−について言及しているのか、何か NLP の適用−NLP application −について言及しているのかについて明確にします。私たちの意見としては、そこにはとても重要な違いがあります。時には、私たちは NLP traning という言葉を使うことによってトレーニング(訓練)と適用をさらに区別します。意図している区別が文脈(著者の意図を適切に指定してる周囲の文章)から明らかである場合には、私たちはプレゼンテーションにそれを明記しないことによって、記述されたプレゼンテーションのために選択してきた人工的な手段を避けるでしょう。私たちは、この区別が、読者の一部の関心を活性化し、卓越性のモデリング−すなわち NLP modeling −に熟達して積極的になることに全力を傾けるよう彼らを鼓舞するほど明確で説得力があるものになることを望んでいます。(「風の中のささやき」p.52より抜粋)

For purposes of the exposition here then, we will use NLP as a generic label referring to the entire range of activities from modeling through applivations to training. In any usage in this book, where in our opinion it makes an important difference, we will specity whether we are referring to core NLP−that is, as presented above, NLP modeling −or to some application of NLP−therefore, NLP application. At times we will further distinguish application from training with the use of NLP training. In some cases, the intended distinction is clear from context (the surrounding text specifies the intention of the writers adequately) and we will avoid the artifical device we have selected for a written presentation by leaving the specification out of the presentation. Our hope is that the distinction will be clear and cogent enough to activate interest on the part of some of the readers and inspire them to commit to becoming proficient and active in

             NLP modeling.


('Whispering in the Wind' p.52)


Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
風の中のささやき

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク