2011年5月に東京の渋谷で開催されましたニューコードNLPトレーナーズトレーニングコース(後期課程)において、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、「4タップル」のモデルに Vestibular sensation(略語:Vs) を追加しました。これにより「4タップル」というモデルの名称は「5タップル」に変更されました。

【Vestibular sensationの説明】
Vestibular sensation は「前庭感覚」という意味を持ちます。前庭感覚系(平衡感覚系)は、頭の位置と運動の情報を検知して、体のつり合いと平衡の感覚を伝え、頭と眼球の協調的な運動(前庭眼反射)と体の姿勢の調節とを助けています。前庭系は、重力に対して反応し頭の向きを検出する前庭嚢(卵形嚢、球形嚢)と、頭の回転運動の変化(角加速度)を検出する半規管からなります。前庭系が正常に働くとき、私たちはそれを直接感じることはありません。


前庭感覚








ブランコで揺られることは三半規管の機能強化と平衡感覚の向上に役立ちます。
ブランコ









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク